ツーリングキャンプ入門。

スポンサーリンク。

今シーズンから始めるツーリングキャンプ!

どうも、改めましてミナヅキです。
このページでは記事のほうでこまごまと書いてきたツーリングキャンプにおけるあれこれをまとめながら、入門者の参考になるようにまとめてみたいと思います。

最初に断っておきますが、割と変わった切り口で進む事が多いため、数ある入門系文章の中でも「まぁこういうのもあるんだな」くらいのつもりで読み進めていただければ幸いです(笑

まずはじめに。

バイクでツーリングをするようになると、徐々に距離が伸びてきて、日帰りでは満足出来なくなったり、まだ見ぬ新天地を求めるようになるのはある種ライダーのサガと言えるでしょう。
その結果として宿泊を伴うツーリングを計画するようになるわけですが、そこでキャンプという宿泊方法を検討しだすと思います。

しかしながら、年に1度や2度くらいの宿泊ツーリングという限りではキャンプ道具をそろえる投資額、イニシャルコストよりも1泊あたり5000円のビジネスホテルや民宿、スーパー銭湯や深夜パック1500円などのプランがあるネットカフェを宿泊場所としたほうが遙かに安価であるという部分を覚えておくべきでしょう。

また夏の北海道ツーリングのように連泊を要する長期ツーリングともなるとキャンプ場を移るたびに設営と撤収を繰り返すことになるので徐々にその手間に嫌気がさしてくる場合もあります。
正直ロマンもへったくれもありません(笑

無論こういった部分に対する感じ方は個人差が存在するわけですが、それを知った上でキャンプという宿泊方法を選択するというのは、やはりそこにある種のロマンがあるからだと思います。

バイクのすぐそばでテントを構えて夜を過ごす…
旅の風情が非常に強く感じられるイメージなのではないでしょうか。

現代では先に挙げたように安価で便利な宿泊出来る施設はたくさん存在し、わざわざ野営を行う理由も弱くなってきてはいますが、それでもキャンプを伴ったツーリングをしてみたい!というその欲求は正当なものであり、バイク乗りとしては必然だとも言えるのかもしれません。

明確なイメージを持とう。

ツーリングキャンプとざっくり言ってみても、案外そのスタイルや裾野は広かったりします。
そこで必要になるのが「自分はこういうツーリングキャンプをしたい」というイメージの確立です。
イメージの確立という言葉を使いましたが、このイメージが徐々にスタイルを決めて行くことになります。

当記事にたどり着いた方であれば他にも似たようなブログ記事や画像などをたくさん検索して、読んだり見たりしているはずなので、多様なツーリングキャンプのスタイルが存在するのは知っている事かと思います。
まず最初の一歩は、自分が目標とするスタイルや憧れるイメージを明確にする事から始めて行くといいでしょう。

ちなみに。

ミナヅキの場合は「軽量コンパクトシンプル」なスタイルがテーマです。
道具や装備は小さく少なくしていくという方針でそろえてあります。

ツーリングキャンプ3年目のライダーが今年のパッキングを考えてみたという記事。
穏やかな天候のまま1月が終わろうとしております。 ミナヅキです、いかがおすごしでしょうか。 毎年これくらいの時期にツーリングキャンプに持ち出す道具を並べて記事にしているのですが、今回は2019年版をやってみたいと思います。 今年のテーマは半野宿です(笑

っていうかモノが増えすぎて出したり入れたりするのが面倒なだけだっていう噂も

様々なスタイル。

ひとくちにツーリングキャンプといっても、持ち出す道具や装備の組み合わせやバリエーションは本当に千差万別です。
またその道具や装備を決めるのはほかでもない、ツーリングとキャンピングのバランス次第という事も出来ます。

どういう事かというと、

A・キャンプをするための移動がツーリングを兼ねている
B・ツーリング先での宿泊のためにキャンプを行う

このキャンプ道具をバイクに積載して走るという点でみれば同じではありますが、その主従関係が大きく違うという部分に対して自分のツーリングキャンプはどちらであるか?という部分を意識してみると考えやすくなるかもしれません。

当然Aのケースではキャンプが目的であるためその比率は大きくなるわけで、持ち出すアウトドア用品などもキャンプ場での利便性や快適性を重視する傾向になり、規模も大きくなっていきます。

しかしBのケースではあくまでもツーリングを目的としているので、持ち出すアウトドア用品は必要最低限度になり、バイクの機動性を重視した積載量、設営や撤営に必要な時間の短縮などを重視した装備になります。
無論、キャンプそのものが目的では無いために予算や天候次第ではホテル泊等への切り替えに対する心情的な抵抗も小さかったりします。

で、このAのケースBのケースはそれぞれ両極の端っこを示したものなので、当然それぞれの比率やバランスを自身の適当なところで設定する事になってきます。

キャンプが目的ではあれど、ブッシュクラフト的なサバイバル装備のみで宿営をしてもいいわけですし、ツーリングを重視しつつも快適性を犠牲にしない宿営を工夫してみるのも楽しみ方のうちでしょう。

あなたにとってのキャンピングとはなんだろう?

ここからは初心者に向けて必要最低限なキャンピング装備を提示して「案ずるより産むが易し、とりあえず近場で1泊してみよう」と書いていきたいところではあるのですが、極端なをしてしまうと野営における最低限なキャンピング装備ってとことん突き詰めた場合「寝袋だけあればどこでも寝れるよ」というエクストリームな話になりかねません。さすがにそれでは話が続かなくなります。

冒頭で書いたとおり、ツーリングキャンプの本質を突き詰めていくと複数日をまたいで行うツーリングに伴う宿泊のための野営という事になるので、その究極の形が野宿なんじゃないかと感じていたりはします。

しかし、ここではツーリングキャンプの入門を掲げているので野宿はいくらなんでも敷居が高すぎますし、もっと安心感を持ってキャンプをするためにはやはりシンプルなテントを1張り用意するのが絶対的な条件なんじゃないかと思います。

ウルトラライトハイキングとキャンプツーリング。
水無月生まれのミナヅキです、どうも。 どうやら台風2号が発生しているようですね。 平日の仕事のときばかり晴れやがりまして週末は雨だとか曇りだとかで遊びにくいったらありゃしない…! さてそんな6月ですが、キャンプツーリングに向けてついにテントの調達をしました。 アレです。 でもまぁ待ってください。 アレをソレするのはどういうスタイルなのか、気になって調べてみたところ、最近目にする「ウルトラライト」というものが近いようです。 ULとキャンプツーリング、果たして相性はどうなのか!?

前提。

今シーズンからツーリングキャンプを始めて行きたい初心者の方を対象としますので、季節は初夏から夏までと限定します。
これは夏場の本州であれば安価な装備などでもキャンピング出来る気温であり暑さこそあれど寒いと言うことは標高の高い場所にでもいかなければそうそうないためです。

暑さは服装の調整を行い水分補給等に気をつける事で対処出来ますが、寒さに関しては不十分な装備では命を危険にさらす可能性も十分に考えられるため、装備や知識が整わないうちは寒い時期のキャンプは絶対的に避けるべきです。

冬キャンは寒いということを再確認しよう!というお話。
すっかり6月ですね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 今年も半分終わってしまうところですねぇ。 アウトドアやキャンプはこれからがシーズンとなるわけですが、そんな中で冬キャンの話をしたく思います(笑

そして、そんな環境の中で
・テントの設営
・宿泊
たった二点が遂行出来ればキャンプが出来たとみなすという前提で説明をしていきたいと思います。

たき火だとかバーベキューだとかキャンプ飯だとかははっきり言って宿泊に伴う余暇の過ごし方のバリエーションと言えるので、実はキャンピングそのものとは切り離して考えても大丈夫だと思います。
食事や調理の事がくっついてくるからイメージや道具が複雑になるんですよね。
この辺の気づきって実は大切なんじゃないかと思っています。

ミナヅキはもっとシンプルに【キャンプとは野外で寝泊まりすること】と定義して考えています。

再度書きますが「宿泊と食事は切り分けて考える」のがキャンピング入門のシンプルな思考法であり学び方だと言えます。

アイテム別記事。

必須アイテム。

テント選び。
ここ1年くらいであれば、テントといえばパップテントが人気だったり、ワンポールテントが見直されていたりしますが、どちらもツーリングに持ち出すには仕舞い寸法や重量的な面で少し敷居が高いもののように思えます。 また、初心者のうちでは道の駅や道路脇の駐車帯などで予想外に宿泊をするとなった場合にも設営しやすいテントがおすすめであろうと感じる部分もあります。 このような条件で見ていった場合には自立式のドーム型テントが初心者の方にはおすすめなんじゃないかと思います。 そして出来る限り安価なものを選ぶと良いでしょう。 安価なものを選ぶ理由としては ・習熟不足に由来する取り扱いミスによる破損や汚損 ・テントの買い換え時に心理的な手放し易さ が挙げられます。 特にある程度ツーリングキャンプに慣れてくると、自分の好みに合わせたテントを用意したりしたくなったり、スタイルによってはタープ泊が性に合っているとか、コンパクトさを追求して登山用のウルトラ...
寝具選び。
一般的に寝具への投資はライフスタイルへの投資とも言われるほど重要なものだったりします。 睡眠の質を高める事によって心身の休息を確保し、日中の充実を期待します。 これはキャンピングにおけるアウトドア用品であっても同じ事が言えます。 初心者のうちは慣れない野外環境での就寝は緊張感や寝具への不慣れからなかなか寝付けなかったりするものです。 こういったものは多くの場合は場数や経験で慣れていくしか無かったりもしますが、寝具への投資で就寝環境を整える事によってずいぶんとショートカット出来る場合もあります。 テントでの就寝が出来たらキャンプ出来たといっても過言ではありませんが、やはり寝具は必要不可欠と考えるべきでしょう。 シュラフ。 前提の項目に示しましたが、初夏から夏の本州で夜間に20℃を下回らなければ実は寝袋自体は必要なかったりはします。 体質にも依るとは思いますが、衣類での調整や薄い羽織るモノを身体にかけるだけでも十分眠れ...

最小構成

極論としてたった屋根と寝具、つまりテントとシュラフとパッドがあればいいと思います。
あと特に選び方とか書きませんがLEDランタンとかは必須アイテムに入れてもいいと思います。
夏なら虫除けスプレーと蚊取り線香もあると快適でしょう。

ということでささっと最小構成を作ってみました。
これでキャンプ場で寝泊まりすればキャンプ成功と言えます。

— 以下執筆中 —