青森険道28号線走破計画など。

スポンサーリンク。
昭文社 ツーリングマップル東北 2018 Kindle版 より
この記事は 63 くらいで読めます。

2月と言えば次は3月、ミナヅキです。
いかがお過ごしでしょうか。

いや、なんか昨晩くらいから降ってる雪が湿り気のある重い雪なんですよね。
春に向けていよいよ積もる雪が降ってきたなと感じております。

さて、今回は昨年からちょっとだけ気に留めている県道28号線を走破したいなぁというお話です。

青森県道28号線とは。

青森県道28号岩崎西目屋弘前線(あおもりけんどう28ごう いわさきにしめやひろさきせん)は、青森県西津軽郡深浦町から中津軽郡西目屋村を経て弘前市に至る県道(主要地方道)である。愛称は白神ラインである。
(中略)
日本海側の岩崎地区から12 kmと、中津軽郡西目屋村の暗門大橋から弘前市までは舗装道路となっているが、約3分の2は未舗装の砂利道となっている。

ということで、知る人ぞしる険道のほうの県道ということになります。
まぁ未舗装路といっても一応バス路線が存在していたり普通乗用車でも通用可能な程度のもので、どちらかというと飽きるほど長いフラットダート路線というのが正しいのかもしれません。

なぜ青森県道28号線?

こちらの記事を参照していただければ。

道の駅津軽白神ツーリング。
猛暑日が続きますね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 ついに8月ですねぇ。 北東北、青森では暑い暑いと言ってられるのもあと僅かなのかなと思ってみたりもします。 さて今回は急遽半日休となったので、昨年11月に新たに道の駅として登録されたと話題になっていた道の駅に行ってきました。 あつぅい!

まぁ要するにあれです、東北最長未舗装路との話ですね。
タイトル画像のとおり、ツーリングマップルではダート42.2kmと案内されています。

実情は?

冬季閉鎖。

まず季節規制で見ていくと前年11月15日から翌5月30日までは冬季閉鎖通行止めが毎年実施されます。
よって予定通り冬季閉鎖通行止めが解除されても通行できるのが6月くらいからという路線です。

工事閉鎖。

そして、予定通り冬季通行止めが解除されたとしてもすぐに梅雨時期に入ります。
ここで運悪く大雨などで脆弱な法面が崩れたりするとまたしばらく復旧工事のために通行止めになったりします。
状況が悪ければそのまま冬季閉鎖に突入してしまったりします。

また奇跡的にも梅雨時期の土砂崩れを免れることが出来ても次は秋口の台風シーズンに土砂崩れで通行止めになる可能性が高いです。

実際昨年の例では5月30日から8月31日まで法面工事のために通行止めになっていました。
5月30日からということは冬季通行止めから開通せずにそのまま通行止めが継続されていたということになります。

通行できる期間がほとんどないのでは?

というように、冬季閉鎖通行止めの期間が長ければ、残りの通行可能シーズン中の状況次第では通年通行止めになる可能性も否めないというなんとも近いようで遠い道路となります。

各地の林道なんかも舗装林道に整備されたりしている昨今、実は走行可能なフラットダートの路線は徐々に減ってきているといっても過言ではありません。

実際、林道走破行を精力的に行っている賀曽利さんも通行止めなどで年々ダート率が落ちているように見受けられます・・・。

https://news.webike.net/2018/10/11/142757/

ということで、思い立った時期に、走れるうちに走っておくべきなんだろうと思わざるを得ない状況になっているわけですよね、県道28号線はっ!(力説

西目屋村の観光資源が津軽ダムや暗門の滝などを中心としており、県道というのも手伝ってそんな簡単に廃止される路線ではないとは思いますが、毎年のように土砂崩れ工事での全面通行止めが発生しているので通年通行止めという可能性も拭いきれないのが実情なのではないかと思います。

ルーティングしてみよう!

じゃぁ実際自宅からどの程度の距離で通り抜けることが出来、またその後のツーリングのルートをどうするかも併せて考えてみたいと思います。

こんな感じで。

GoogleMapでこのようにルーティングをしてみると11時間少々、456kmという数字になっていて少し物足りないようにも思いますが、未舗装路区間もありますし、道中いくつか観光できそうな場所も点在するのでゆっくりと走るといいでしょう。

CP1

自宅から出発してまず最初のチェックポイントとしてアクアグリーンビレッジANMONを設定してみました。
およそ150km、3時間少々。
この手前で道の駅津軽白神、この少し先で津軽ダムを見てきてもいいと思います。

ANMON | 施設のご紹介 | 白神公社 - 世界遺産と水源の里 青森県西目屋村 - 津軽の源流 白神山地
世界遺産・白神山地のおひざもと、青森県西目屋村。森と水に囲まれた雄大な自然に触れながら、温泉やキャンプが思いっきり楽しめます。

CP2

県道28号を抜けたら秋田県に入ってとりあえず道の駅はちもりあたりを目標として走るように設定してみました。
アクアグリーンビレッジANMONから道の駅はちもりまで約2時間、73kmほどの数字になっています。
途中に十二湖があるので青池をみていくのもいいんじゃないでしょうか。

白神山地トレッキングツアーの白神なび|白神山地を知ろう|オススメの白神「十二湖」の楽しみ方|白神山地ツアー・トレッキング・旅行・ホテル・宿泊など世界遺産白神山地の観光ナビサイト
白神山地のオススメの場所である十二湖について紹介しております。十二湖の楽しみ方や見どころ、世界遺産白神山地ツアー・トレッキングの注意点、山歩き難易度などがご確認いただけます。

CP3

復路では再度秋田県道317号西目屋二ツ井線の短いながらもダート6.2kmを抜け再度青森県道28号に抜けるためにCP3としてくるみ台キャンプ場を宿営地としてみました。

よって、道の駅はちもりからルート通り走ると1時間40分ほど、約70kmでキャンプ場に到着します。

これで1日目は7時間ほどの走行で293kmほどの移動になります。

藤里で遊ぶ? - 自然体験 -

このくるみ台キャンプ場、利用料無料で無人のチェックインチェックアウトフリーという旅人にはうれしい条件が整っています。
まぁアクセスはすこぶる悪いので今回のような特殊なルートを計画しているでもなければなかなか利用する機会はなさそうではありますが…。

モデルケース。

朝8時くらいに出発してきてCP1のアクアグリーンビレッジにお昼くらいに到着、そこで観光と休憩をし、午後は青池をみつつCP2を通過、買い物なども済ませ17時過ぎ頃にはCP3のキャンプ場へチェックインするくらいの走り方でちょうどいいかもしれません。

ちなみに能代市の日没時間をみてみると夏至で19時過ぎとなっていますが、山奥のキャンプ場なので暗くなるのはもう少し早いでしょう。

秋田県 能代市 - 日の出日の入り(日没)時刻サイト
秋田県 能代市の日の出日の入 - 日本全国各地域における、今日から一週間までの「日の出と日の入(日没)」の時刻と方角を、スホマ・タブレットで見やすくまとめています。

二日目はキャンプ場から県道28号に抜け自宅を目指します。
おおよそ4時間少々で160kmほどの道のりとなります。
二日目は早めに帰宅してキャンプ道具や未舗装路を走ったバイクのお手入れをして終えるのが理想的でしょう。

ちなみに藤里町には温泉郷があるので、キャンプ場で設営出来たらちょっとだけ足を伸ばして温泉に入ってきてもいいかもしれませんね。
ゆとりあ藤里というホテルの日帰り入浴は夜21時までやっているようです。

ホテルゆとりあ藤里
世界遺産白神山地の麓、秋田県藤里町にある宿泊ホテルゆとりあ藤里の公式ホームページ。白神山地トレッキングパックもあります。

平日素泊まり6630円からだそうです。

という感じで。

ざっくりですがルーティングとプランニングまで出来ました。
これでいつ開通してもすぐにツーリングに向かうことが出来るというわけです。

そこまでして走りにいく道路か?

今日、ツイッターのほうで指摘していた方がいたのですが、県道28号はダート距離こそ長いものの、景観がいいわけでもなくただダラダラとフラットダートが続くだけなので飽きる道路だ…と。
しかし、その42.2kmのフラットダートがそこにあり、それが通行可能であるならば理由は案外それだけでいいんじゃないか?という感じすらあります。

上で書いたとおり、未舗装路は減る一方ですし、景観がよくなくても走れるというだけで贅沢だというものかもしれません。

いつまでも あるとおもうな フラットダート

多分なくなってから惜しく感じたりする類いのやつなんだと思います。
走れるうちに走っておこうフラットダート。

林道ツーリングガイドブック 2017~2018 (ブルーガイド・グラフィック) | 実業之日本社 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで実業之日本社の林道ツーリングガイドブック 2017~2018 (ブルーガイド・グラフィック)。アマゾンならポイント還元本が多数。実業之日本社作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また林道ツーリングガイドブック 2017~2018 (ブルーガイド・グラフィック)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。