お花見再考 ~あれって実はデイキャンプなんじゃね?~的な話。

スポンサーリンク。
この記事は 521 くらいで読めます。

無事4月を迎える事が出来ました(?)、ミナヅキです。
いかがお過ごしでしょうか。

西日本のほうではすでに桜の花が散り始めているという話も聞こえてきますが、北東北はまだまだこれからがお花見シーズンです。
しかしまぁ、ミナヅキ、あんまり花見って興味無かったりしたのですが
「あれってデイキャンプなんじゃね?」
と気づいてからは全然アリなんだな!と思うようになりました(おい

ということで今回はお花見デイキャンプを組み立ててみたいと思います。

去年の記事ですが。

キャンプツーリングの練習のためにデイキャンプという手順を踏むのは防災訓練にもなるよね多分という話。
4月になりましたね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 早いところではもうお花見などを楽しんでいる方もいらっしゃるかとは思いますが、まだまだ肌寒い日が続きます。 青森県ではお花見といえば4月末、おおよそゴールデンウィークに入ってからの行楽なのですよね。 ところで、お花見の様子をテレビなどで見ていてふと 「あれ、花見で焼肉するのかぁ」 と気付いたのでこういう事を思いつきました。

この記事の中でも

ところで、お花見の様子をテレビなどで見ていてふと
「あれ、花見で焼肉するのかぁ」
と気付いたのでこういう事を思いつきました。

という話題を出しながらデイキャンプの話をしていましたが、去年の今頃はまだキャンプの実戦経験がないままだったのでどこかぼんやりとしたイメージをまとめるような記事になっていたように思います。

しかし、昨シーズンの夏から秋にかけて数度のキャンプを経験し、今あらためてデイキャンプを考えてみようと思ったわけです。

お花見バーベキュー。

おそらく宿泊するでもないデイキャンプというのは主なアクティビティとして食事、つまりバーベキューだとかが中心になってくるのだろうなと思います。

他には釣りだったりとかカヌー・カヤックなんかのアクティビティなどもあるとは思いますが、ファミリーキャンプでそれらを行うというのは極一握りかもしれません。

ということで、お花見デイキャンプのメインにはバーベキューを据えて組み立ててみましょう。

バーベキューをするには。

用品を追っていく事になりますが、手っ取り早くやるには炭火なんでしょうねぇ…。
ということで焼き網が使えるタイプの焚き火台をピックアップしてみましょう。

B6君。

ゆるキャン△とコラボした限定バージョンがものの数秒で完売したという話題があった定番アイテムですね。
1~2人程度のバーベキューならよさそうです。

笑'sB-6君『リンちゃんのYAKINIKUセット』300個製作決定!7月下旬出荷予定 - 工場直売のアウトドア用品  笑’s-sho's- ONLINE SHOP
Ⓒあfろ・芳文社/野外活動サークルⓇPAT. (有)昭和プレスゆるキャン△でリンちゃんが使ってくれているB-6君。祝アニメ登場!ということで。。。特別仕様、作っちゃいましたヾ(〃^∇^)ノリンちゃ

ファイアグリル。

1辺43cm四方のサイズで4人前後までであれば対応出来そうなサイズですね。
ただしちょっと仕舞寸法が大きいかも…

とはいっても、普通のバーベキューコンロを用意するよりはずっと小さいですが。

ミナヅキの欲しいものリストから。

ここの記事ではちょくちょく出てくるアイテムですが、小さくたためるバーベキューコンロです。
1辺約18cm四方なので、いいところ2人用ですかね。

タープ!

デイキャンプなのでテントまでは必要ありませんが、日よけとしてタープが欲しいですね。
もっとも、キャンプ場やテントサイトではない一般的な花見会場ではタープの設営は無理かもしれませんが…。

ミナヅキの持ち物。

ということで手元にあるタープがこちらですね。
シンプルなやつです。

ナチュラルタープ。

最近のDODのナチュラル系のアイテムは見栄えが良いですよねぇ。
ファミリーキャンプならこれくらいのサイズは欲しいかもしれません。

あとこれらに厚手のレジャーシートがあればいいかと思います。

…こんなもんでしょうか。

デイキャンプって思ったより荷物が少ないようで、単純にバーベキューするだけであればバーベキューセットが用意出来れば成立してしまうんですよね、おそらく。

ただまぁ、細かいところを見ると火起こしを楽にしてくれるであろうチャコールスターターだとか白いごはんが食べたいなら炊飯しやすいという事で評判なメスティン飯盒だとか食材の鮮度を保つためのクーラーボックスだとか、あれば便利で楽しいアイテムというものは挙げていけば暇がないほどなのですが…。

食事した後に少しくつろぎたいのならば、ハンモックなんかもいいんじゃないかなと思ったりもします。

Amazonあたりをみていると、スタンド無しのパラシュートハンモックは意外と安価で流通している印象があります。
問題はキャンプ場に立木があるかどうかという点なんですけれどもね。

単純にゲリラ昼寝を楽しみたいというだけであればDODのバッグインベッドあたりがおすすめです。

ミナヅキはこれのベージュを愛用しております。

しかしまぁ、青森県のお花見シーズンってあんまり暖かかった試しがないので、防寒対策を考えたほうが実践的だったりするかもしれませんね(笑

もしかしたらバーベキューよりもユニセラを使っておでんを作ってたほうが美味しいかもしれませんね…

本体高めですが、オプションパーツが充実しているので、一度買っちゃうと楽しいユニセラワールドが広がっているという卓上バーベキューコンロですね。
予算がある方はこちらを検討してみてもいいかもしれません。

(熱燗あぶり台…!


ということで、青森県の遅い春を楽しむ、そんなデイキャンプを組み立ててみる記事でした。
あんまり細かいアイテムまで列挙しちゃうとくどくなるかと思ったのでさらっとまとめてみたら意外と中身なかったね!みたいな事になったような気がします(おい

あぁ、でも桜の花びらがひらひらしているところでハンモック昼寝は気持ちよさそうですねぇ…。