【レビュー】MOTOMO / ペンタタープ

スポンサーリンク。
この記事は 622 くらいで読めます。

MOTOMOのペンタタープを1シーズン使ってみた感想の記事です。
ブログ内の記事として断片化している情報をまとめてみようと思います。

公式情報。

…と行きたいのですが、メーカーの公式サイトのようなものは存在しないようなのですよね。
モノの流通自体は日本国内ではAmazonや楽天市場あたりで普通に存在するので、なんとも不思議なイマドキの販売方式ではありますよね。

ちなみにAmazonにおける出品者プロフィールのページを見ると上海の企業のようです。

Amazon.co.jp出品者プロフィール:Motomo

Amazon商品ページ

Amazon | Motomo 超軽量 タープ"ペンタ"シールド (オレンジ) | Motomo | タープ
Motomo 超軽量 タープ"ペンタ"シールド (オレンジ)がタープストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31rPyizOvYL.jpg

こういうタープ。

ペンタタープというのは五角形型タープの通称で、主にはコンパクトなワンポール設営出来るソロ用のタープなどが多いジャンルです。

このMOTOMOのペンタタープも例に漏れずソロ、もしくは頑張ってペアでの利用がいいところではないでしょうか。
その分、仕舞寸法も小さく軽量なため携帯性は高いように感じられます。

タープが欲しいので調べてみたという記事。
もうそろそろ雪はいいんじゃないかと思います、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 今月はなんだかこまごまとした仕事が多くてまとまった時間が作れずに気づくともう後半になってしまっています。 今月まだ2記事しか書いてないんですよね…。 でもスキマ時間でAmazonを眺めながらあれこれ考えてたりしました。 タープが欲しいというお話です。

寸法

長辺 : 426cm
奥行 : 255cm

収納サイズ 30 x 12 cm

重量 : 700g

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81YFjBQh7eL._SL1000_.jpg

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61UqDyd9i6L._SL1000_.jpg

耐水圧

210Tポリエステルを使ってますので、 雨や日照の時も使えます。(水や雨が溜ってると浸み込んでくる)

商品ページより

耐水圧に関する具体的な数値の記載は見られませんが、軽防水との表記は存在します。
軽量さを優先した生地なのでそのへんはある程度というスペックで妥協してあるようです。
必要であれば撥水スプレーなどで対応出来るかと思います。

感想。

ということでこの派手なタープですが、時期によってはグレーの選択も出来たり出来なかったりするので在庫次第のようです。
ポールは含まれないので適当にタープポールを用意する必要があります。
ミナヅキはスノーピークのペンタシールド対応150cmを使っています。
仕舞寸法も小さいですし。

Amazon | スノーピーク(snow peak) タープ ライトタープポール150 TP-160 | スノーピーク(snow peak) | ポール
スノーピーク(snow peak) タープ ライトタープポール150 TP-160がポールストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ポールのほうがタープより高い…

で、ペグなどは付属品として入っていますが、一応使いやすさなどを考えて予備を用意しました。

予備品のほうからロープ2本でポールを固定し、タープの裾を直接地面に固定するとこのようなスタイルになります。
シェルターっぽいですよね。

横から見るとこんな感じです。

ローコットや蚊帳と併せてこじんまりとタープ泊するにはこれでも十分ではないかと感じます。
風の抜けは悪くなるので、気温が高い季節ですとおそらく蒸します。
あと風が強いときには適さないでしょう。

こちらは幕体の前端から1本ずつロープを出して間口を広めにとった設営です。
中にビビィテントを組み込んでもまだ一人分の居住スペースがありますね。
小狭いですがこのようにタープの裾をどれくらい浮かせるかで有効スペースの調整が出来ます。

テントとはまた違った開放感がタープの醍醐味ではないでしょうか。

 

こちらはうってかわって、ロープを最大限に伸ばして150cmポールで作れる最大の広さで設営してみました。
本当は木などに対して固定すれば幕体も水平になるんですがそれはそれとして。

必要な設営面積はロープの長さだけ広くなりますが、通気性は文句なしです。

また蚊帳などを用意すると寝苦しいような暑さからは開放されるでしょう。
(このときはすでに寒かったくらいなんですけどね…

ちなみにポールからタープの裾の一番長いところにロープを出してやって地面に固定してあげると蚊帳やLEDランタンなどが吊るせるようになります。

同じようにロープを長く出して設営したタープにビビィテントの組み合わせです。
正直ソロであれば余るくらいの広さです。

こっちはあいだの二箇所をロープで張り、端っこを直接ペグダウンして空気抜けの調整を図った設営です。

短い芝の上にシートを適当に敷いてちょっと食事して昼寝するには最適な設営じゃないかと感じるところです。

総評。

こんなに安くて大丈夫なの?
お値段2500円前後!

ということで、状況に応じて間口の広さや有効スペースの広さを調節しやすい、簡単設営のタープなのですがそのお値段といえば据え置き2500円前後です。

世の中ブッシュクラフト向けのループがたくさんついたタープやタープなのかビニールシートなのか怪しいものもありますが、変わったことをしようとしなければこれで十分なんじゃないか?とすら思うようなアイテムです。

Amazon | ORIGAMI TARP オリガミタープ 4.5m×3mブラックステッチ | Bush Craft ブッシュクラフト | タープ
ORIGAMI TARP オリガミタープ 4.5m×3mブラックステッチがタープストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

(おりがみタープいいですよね…

Amazonでのレビューをみているとこれを小川張りのようにしてテントの前室にした設営なども見られますし、発想力次第で見た目以上にアレンジや使い回しの利くタープなのではないかと思います。

蚊帳などに関して言ってしまえば、スノーピークのペンタシールドとそれに併せたペンタイーズなんかのセットアイテムもあったりしますが、あれはセットアイテムでのフィット感という部分で言えば文句がないかもしれませんが、応用や展開性を考えるとちょっと広がりがないようにも見えるんですよね、実際のところはどうだかわかりませんが…。

Amazon | スノーピーク(snow peak) タープ/R ライトタープ"ペンタ" シールド STP-381 [1人用] | スノーピーク(snow peak) | タープ
スノーピーク(snow peak) タープ/R ライトタープ"ペンタ" シールド STP-381 がタープストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | スノーピーク(snow peak) ペンタイーズ SDI-001R | スノーピーク(snow peak) | テント本体
スノーピーク(snow peak) ペンタイーズ SDI-001Rがテント本体ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

あれはあれで完全にその2つで使っていこうとするのであればいいのかもしれませんが、やはりケースバイケースで複数のアイテムの使い回しを考えたときには、こういったシンプルでザックリしたもののほうが遊べるんじゃないかと感じたりもします。

あとこのアイテム、非常に軽いです。

収納寸法も小さいのでバイクのシート幅にほぼほぼ収まりますし、スクーターのシートにくくったりトップケースの上にくくりつけたりしても開閉操作にまったく支障がありません。
荷物を増やしたくない人、重くしたくない人にはこの恩恵は結構大きいんじゃないかと思います。

この仕舞寸法なのでちょっと頑張ればシートバッグにシュラフとタープだけ押し込んで半野宿旅みたいな超軽装キャンプツーリングなんてイメージもちょっとおもしろいかもしれません。

設営はポールを2本使うタープよりは圧倒的に簡単なので、ソロキャンプ、一人設営には適していると思います。
ポールを2本で設営するタープってコツを把握してないとこっちのポールを建ててる間に向こうのポールが倒れたりとてんやわんやになりがちな物だったりしますし…(^^;

Amazonの商品レビューを見ると、付属のロープが細くて心もとないとの声もあったりしますが、タープってそんなにテンションかけるものでもないでしょうし、ロープを太くすると今度は荷物になるんですよね案外…。
なのでこのタープには付属のロープは最適解なんじゃないかと思います。
(とかいいながらミナヅキはGEERTOPのタープについてきた太めのロープをメインに使っていますが

とりあえず、安価にソロ向けのペンタタープを試してみたいという方、このタープから初めてみてはいかがでしょうか?

Amazon | 超軽量 タープ ペンタシールド テント天幕 日よけ サンシェード 翼タイプ キャンプタープ シェルター 防水タープ ペグ 収納バック付(オレンジ) | Naturehike | タープ
超軽量 タープ ペンタシールド テント天幕 日よけ サンシェード 翼タイプ キャンプタープ シェルター 防水タープ ペグ 収納バック付(オレンジ)がタープストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

(類似品もあります…Nature Hikeも有名所ですよね。