【ゆるキャン△】高ボッチ高原はキャンプ禁止です【自然公園法】

スポンサーリンク。
ゆるキャン△2巻 48ページ (C)あfろ・芳文社
この記事は 1044 くらいで読めます。

今年ももう終わりますね、ミナヅキです。
いかがお過ごしでしょうか。

さて今回はゆるキャン△ネタですが、タイトル強気だなおい…。

ちょっと今更な話題をするような記事だったりもします。
というのはちょくちょくゆるキャン△ネタを扱っている弊サイトへのアクセスで
「高ボッチ キャンプ場」
「高ボッチ キャンプ禁止」
というキーワードでいらっしゃる方が居ます。

どういうことかと言いますと…?

高ボッチ高原ではキャンプは出来ません。

でもゆるキャン△ではキャンプしてる。

ゆるキャン△はもともと2015年から連載されているマンガで、アウトドアを趣味とする方やキャンピングが好きな方などの間でじわじわと広がっている印象の作品でした。
しかし今年の1月のアニメ化でその勢いを大きく増すことになりました。

『ゆるキャン△』のアニメが始まりましたね!という記事。
見習いツーリングキャンパーのミナヅキです。 みなさまいかがお過ごしでしょうか。 年があけてからまだ6日程度しか経ってないことにも驚くのですが、そんな中でようやく、ようやくですよ、ミナヅキとしては基本的に新作アニメをガチ待ちするという事はないのですが、こればっかりはもう、第一報を目にしてから今か今かと待ち続けていました。 そうです。 「ゆるキャン△」のアニメがついにスタートしました。

しかし、そのテレビシリーズが3月で終わり、問題は夏頃から聞こえるようになりました。
その辺は他のブログ記事のほうを参照してもらうとしまして…(おい

【ブームへの警鐘】守ってほしい、キャンプ場の9つのマナー
こんにちは。アウトドアライターaimiと申します。 2018年、ほんとうに「キャンプブーム」がキテいるな、と感じることが多くなりました。 なぜかというと、 雑誌の「キャンプ特集」が増えた 山の雑誌ですら「テント泊特集」に力を入れている 災害王国ニッポン。「人に頼ることなく自己完結できる」キャンプ道具をそろえる人が増えて...

偶然、ゆるキャン△のアニメ化とここ最近盛り上がりを見せるキャンピングブーム一致しただけなのか、はたまたゆるキャン△アニメがキャンピングブームの火付けになったのか、そこは本当に知るよしのない部分ではありますが、いずれにしてもキャンパーの急激な増加とキャンプ場でのマナーの悪化などが多く指摘されたという出来事があったのは事実といえるわけです。

そしてその原因や要因の一つとして名指しで挙げられているのが「ゆるキャン△」という作品だったりもします。
これは作品のファンとしては悲しい事ですので、真摯に受け止めたいところです。
もちろん、ゆるキャン△だけが原因だと思っているわけではありませんが、要因の中に数えられる程の影響があったという事を考える余地はあるわけですし…。

作者的にどうなのか?

当然、キャンプ禁止の場所を舞台として選定し、それを描いたという事実はそこに間違いなくあるわけですが、そのことに対する自覚はあったのだろうか?という部分で疑問が残るわけです。

【ゆるキャン△】しまりんのキャンプツーリングを追いかけてみるという記事【高ボッチ高原編】
東北にも桜の報せが届くようになりました、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 ツイッターなどを眺めていると、早い人はすでに今シーズンのキャンプツーリングを初めているようで、早速テントとバイクが並んだ画像などが届いています。 ということで今回は【ゆるキャン△】で描かれているしまりんのキャンプツーリングをマップなどと照らし合わせながら追いかけてみようと思います。

作者であるあfろ氏本人もキャンパーだというのは作品を追っている人にはある程度有名なことかとは思いますが、そこから考えるに当然自身のキャンピング体験や経験、記憶が作品のベースになっているということは間違いないと言えそうですよね。

極端な話をしてしまえば、あfろ氏も高ボッチ高原で宿営を行ったことがありそうだという仮説を持ってくることも容易なわけです。

高ボッチ高原ではキャンプ出来ました(過去形)

野営場がありました。

このへんの話題は「高ボッチ高原 キャンプ禁止」で検索すると割とすぐ出てくる話題だったりはするのですが、キャンプ禁止のお触れが出ている現状ですが過去にはきちんと野営場が整備されており、地図やツーリングマップル等にもしっかりとキャンプ場としての記載がなされていたという記事が出てきます。

https://stat.ameba.jp/user_images/20180825/15/troylee-2755/61/f5/j/o3024403214254110950.jpg

『高ボッチ高原』
 高ボッチ高原 標高1665mの高ボッチ山に広がる景勝地として知られる高原。日本アルプスの山々の他、諏訪湖越しに富士山を一望できる。 夏休み前の7月27日、長…

記事によるとこの画像は2012年版のツーリングマップルだそうです。

で、このツーリングマップルの記載によると高ボッチ山荘という場所で野営場を管理しているようなので、検索してみました。

高ボッチ山荘。

高ボッチ山荘で検索するとこういう記事が出てきます。

高ボッチ山荘跡地
【原作第8話(単行本2巻収録)・TVアニメ第5話】

ゆるキャン△2巻 48ページ (C)あfろ・芳文社

イーストウッドキャンプ場からの夜景を送ってきたなでしこに対してしまりんが同じように高ボッチ展望台から夜景を返信する際のシーンです。

上の記事で指摘されているこのコマの背後に描かれている建物、これが今回のキーになる建物でしてこれこそが高ボッチ山荘であろうという話になっています。

高ボッチ高原の野営場はこの高ボッチ山荘の全焼をきっかけとして廃止される運びになったわけですが、ゆるキャン△の世界ではまだ現存していると見ることが出来ます。
つまりしまりんが今回宿営地としているのはかつて存在した高ボッチ山荘の野営場だと言えそうです。

ゆるキャン△2巻 21ページ (C)あfろ・芳文社

説の補強には少し弱いですがこちらのコマでは「キャンプ場」という言い回しになっています。
野営場所とか宿営地とかキャンプをする場所を指した言い回しはいろいろありますが、キャンプ場ではない場所をキャンプ場と呼んでしまうほどしまりんはざっくりとした性格ではないような印象もありますし、普段読書趣味ということでそのへんの微妙な言葉のニュアンスの違いには敏感なんじゃないかと感じるところもあったりはします。
(というかミナヅキがそういうタイプなんですよね…。キャンプ場以外だと野営場所とか宿営地という言い回しをしたいというか…。赤と朱、青と蒼のニュアンスにこだわるオタク的細かさといいますかw

季節の話題(長野県内の市町村) 【塩尻・高ボッチ山荘全焼】
管理人の思いつくまま、気の向くまま、長野県内の町や村の話題を取り上げています。

こちらの記事によれば高ボッチ山荘の全焼が2009年12月5日だそうです。

高ボッチ山荘の外観などはこちらですね。

http://kattyan.dyndns.org/hatihuseyama/2.jpg

鉢伏山荘コース

こちら2008年7月の記事だそうです。

http://www.kenvfr.com/japan/pic/sep1/DSC00611.JPG

2005/9/12分日本一周日記、高ボッチ山荘

こちらは更に古く2005年9月。
キャンプ場申し込み所の看板が大きく写っています。
(いい資料になりますね…。

http://www.geocities.co.jp/MotorCity/5867/3807takapoti.jpg

99/04/29

こちらもっと古く1999年5月だそうです。
(2000年以前の記事ってある意味ではインターネット考古学的なページになるわけですが、こんな古いデータが出てくると調べ物しててびっくりするんですよね…。ジオシティーズだし。

場所。

ストリートビューで確認すると焼失した高ボッチ山荘はちょうどこの土がえぐれている場所にあったことがわかります。
手前左側の立木の位置も一致します。

そこからしまりんがテントから這い出してくるコマを確認してみると…。

おおよそこういう角度になりますので、おそらくしまりんはこの旧野営場の展望台よりに設営していたということが想像出来るわけです。

角度を変えてみるとこの辺。

いくら他に人がいないとしても広い野営場の真ん中に設営するのはそわそわしそうですものね…。
砂利を避けて少し柔らかそうな、草があるような感じの地面を探すとこの野営場だと端っこのほうになりそうです。

要するに。

ゆるキャン△時空だった。

作品の年代考証そのものっておそらくしっかりなされてなくて、現代劇だと無意識のうちに受け取って読んでいたとは思うのですが、ゆるキャン△の作品の世界では高ボッチ山荘は現存しており、そのまま野営場もあるという設定だとするか、もしくは2009年以前の話で、実はもうしまりんやなでしこは2018年現在では「野クル10年後」をリアルタイムでやっている可能性があるわけです。
(そんなバカな

ちなみにこの高ボッチ山荘が2009年までと考えると矛盾が出てくるのがスマートフォン及びLINEの画面になってくるわけですが、こちらを調べてみると2009年というのはちょうどdocomoから国内初のAndroidスマートフォンであるHT-03A(HTC magic)がリリースされた時期だったりしますので、だいぶ無理がありますね(苦笑

私とAndroid - その1 『HT-03A』
どうも、デジタルガジェットとそれなりに付き合いが長いミナヅキです。 この記事を起こそうと思ったときに「私とスマートフォン」や「私とPDA」というくくりにしようかなとも一瞬思ったのですが、あまりにもマニアックすぎる上に長くなりそうだなと思ったので、とりあえずAndroidで止めておきました。 過渡期のAndroid端末はシンプルなiOS端末と違ってそれはもう『沼』と言っても差し支えないような状況でした。

現実的な解釈をすると、あfろ氏が高ボッチ高原でキャンプをした経験が高ボッチ山荘が焼失する前で、正規の野営場が存在していた時期の事、マンガ本編ではそのときの経験が下地になっており現状と一部齟齬が発生した…と見るのが正しいのかもしれませんね。

しまりんは悪くない。
(結局それが言いたいだけの記事かよw

余談。

記事書きにあたっていろいろ検索していたところこういう記述の記事を見つけました。

で、今さらながら...「高ボッチ山荘キャンプ場」というキャンプ場は無い。「高ボッチ山荘」も無い。去年、高ボッチ山荘が火事で焼けてしまってキャンプ場も使われなくなって自然消滅してしまったということを横浜の彼が自然保護センターの人から聞いた。
センターの人の話では、この駐車場でテントを設営しても構わないということだったので、立派なトイレがある自然保護センターの駐車場がキャンプに使われるということらしい。ただし、飲み水はない。トイレに水は有るが飲用禁止になっている。

高ボッチ高原キャンプ - bonbonniere

この記事が2010年7月のものですので、高ボッチ山荘焼失の翌年のものということになります。
当初は利用されなくなった野営場の利用者をある程度吸収するような形で、曖昧ではあるけれども黙認というか、そういうふんわりした対応だったようですね。
それが今日に至って今年明確に禁止という流れになったようですが、おそらく当時いた自然保護センターの職員の方はもう居ないという可能性のほうが高そうですし、なんともぼんやりとした相互の認識のまま今日に至ってしまったという印象が拭えないですよね。

もっと早い段階で野営禁止を明示しておくか、しっかりとした受け入れ設備を整備しておけば昨今のマナー問題やゴミ問題には発展しなかったのではないか?ということも言えなくもないのですが、結果論でもあるんですよね。
駐車場があれば車中泊というグレーな手段を行使することも出来てしまうので、結局人がいるところではゴミの問題もマナーの問題も解決出来なかったります。

設備的もしくは物理的に人の立ち入りが出来ないように駐車場を年単位で閉鎖もしくは立入禁止として展望台なども利用出来ないようにし、一度人の流れをリセットするしかないような気がします。
駐車場がある以上は車でやってくる人は確実にありますからねぇ…。

グレーゾーンを設けて、お互いに関知しませんという責任の所在を曖昧なまま放置するのは、お互いのためにならないというケースだったりするのですよね。
やんわりした親切というか優しさのようにも見えるのですが、結局責任問題になったときにはかなりオオゴトになってしまったりして。

善意や良識に期待した管理というものには結局限度があり、限度を超えたときには手遅れだったりするのですよね。
高ボッチ高原では路上駐車禁止の告知もしてあるようですが、花火大会などでは全然守られてないという話題もありますし、キャンプ禁止や焚き火禁止とされていてもそれを守らない人は絶えないようです。

こうなってくると最終的には周辺の施設は利用出来なくなるという結末が待っていたりするわけです。

似たような話ですと今年は道の駅での車中泊の禁止の明示化という話題もありましたね。

車中泊ブームに火をつけた「道の駅」が次々と宿泊禁止に キャンプ場と勘違いする利用者増加?
道の駅や高速道路のSA/PAの駐車場などで車中泊をしながらドライブ旅行を楽しむ人々が増えています。しかし道の駅での車中泊を禁止するところが増えているといいます。
車中泊歓迎の道の駅に行ってきた!
近年、車中泊のマナー悪化で「車中泊禁止」とする道の駅が増えている。一方で、日本全国の道の駅の中には、「車中泊歓迎」を掲げ、車中泊に対応する設備が整った道の駅も存在する。 今回は、車中泊可能な道の駅の中から、「道の駅阿蘇」(熊本県阿蘇市)と、「道の駅あゆの里矢田川」(兵庫県香美町)の2つを紹介する。

すべての道の駅ではありませんが、車中泊を禁じる道の駅が増えてきているというものです。
キャンプツーリングライダーとしてはこれまた他人事ではない話題でしたので、動向が気になっています。

聖地巡礼に関して。

このゆるキャン△の聖地巡礼は作品の性質上、そこで野営行為、つまりキャンピングを伴う巡礼が傾向として非常に強く、当然それは仕方ないよなとは思うんですよね。
聖地巡礼ってそういう熱に基づいて行われるものでしょうし。

でもしかしながらこういう禁止が明示されている場所ではやはり諦めるべきだろうと思うわけです、ミナヅキ個人としては。
なんならミナヅキ個人はあんまり聖地巡礼に強く興味がある人間じゃないので、キャンプ出来てその面白さがわかればそれだけでもちゃんとゆるキャン△という作品への敬意へ結びつくんじゃないかなと思うわけですよねぇ…。
なにも作品に登場している野営場やキャンプ場でキャンピングするだけが作品への愛情表現ではないんですよね。

それに更に超個人的な好みの話をしてしまえば利用者が多いキャンプ場って落ち着かないんで聖地巡礼ポイントの野営場ってまっさきに外しかねない気がします…^^;

誰も居ないキャンプ場って慣れれば本当に誰にも気を遣わなくていいのでリラックス出来るんですよね…。

まぁいずれにしても自身の欲求に基づいて行動した結果、他者に迷惑や被害が及ぶことのないようにスマートに振る舞えるようにするべきだろうな…と一人ひとりが思えればこんな自体には発展してなさそうなものなんですけれどもね。
難しい話です。