ウッドストーブでサンマを味わってみようじゃないか!という記事。

スポンサーリンク
この記事は 251 くらいで読めます。

すっかり寒くなってきましたね、ミナヅキです。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

中秋の名月も綺麗でいいのですが、やっぱり秋といえば色々美味しくなる季節です。
サンマも不漁といいながらもミナヅキが見る範囲では例年と同じような1尾99円だったりと、旬の魚は安くて美味しいを地で行っております。

そんなわけで今回は「ただ火遊びするだけなのもなんだし、肉ばかりじゃなくて魚でも焼いてみようか!」とネイチャーストーブを携えて外に繰り出してみました。

デイキャンプだよ!

ちょっと曇ってはおりますが、場所は以前にも火遊びに来た清水目ダムオートキャンプ場です。

デイキャンプで焚き火をつつきまわしてきたという日記。
台風一過、今日はなんだか暑かったですね。 ミナヅキです、皆様いかがお過ごしですか? 今日は特に予定もなく部屋の中でのタスクもないので近場のキャンプ場へ出向いて焚き火をつつくためのデイキャンプを行ってきました。 ネイチャーストーブ、本当に簡単に火が起こせるのでいいですね~。

手近なキャンプ場として割と使いやすいんですよね。
基本的に人がいないですし。

今日はサンマだよ!

オートキャンプを数回行ってみて「箱」が便利だと気づいたのでこまごまとした道具は箱で持ち運ぶようになりました。
あと、安い木炭も調達してきました。
おおよそバーベキューシーズンは終わっていてもホームセンターの店頭には箱で山積みのまま。

火おこしを開始してから結構な時間、湿った枝と格闘しておりました。
本来であれば焚き火は薪とかを準備してやるべきなのかもしれませんが、あくまでもネイチャーストーブ、現地で調達出来る枝や枯葉で遊びたいわけなので今のところそこは譲れていません(笑

あと今回から火吹き棒を導入しました。
着火する段階では扱いが難しいですが、ガンガン燃えているところに火吹き棒で空気を送り込むとより一層強力に燃えるのであればあったなりに便利ですねこれ。

さんまどーん。

焼肉をやっていたときからわかっていたことですが、サンマまるっと1尾でははみ出します。
スーパーの鮮魚コーナーで、頼めば三枚おろしでも半分でも切ってくれるとは思いますが、今回はそのままどーんしてみました。

ずらしたり裏返したりしながらゆっくりじっくりと焼いていきます。

多少風が冷たいようにも感じますが、外で火遊びしてるのでちょうどいいくらいかもしれません。

焼きあがったらこんな感じで!
お醤油たちたちっとで食べると美味しいんだなぁ。

半分ずらして焼きながら残りも食べます。
やっぱり、炭火というか、煙で少しスモーキーな風味がついてるのがまた美味しいように感じられました。
これはガスコンロなんかじゃ味わえないですねぇ…。

予備で持ってきてたハムステーキも焼きます。
そのままでも食べられるとは書いてますが、多少表面を炙って食べるとこれがまたたまらなく美味しい…。

ちょっと灰がついてますが、自分で食べるだけなのであまり気にしないですね…。

ネイチャーストーブでサンマは焼けなくもない。

焼肉やソーセージについで今回はサンマを焼いてみましたが、ご覧の通り素直には焼かせてくれません。
言うまでもなく極小サイズのウッドストーブなのでどうやっても長い食材ははみ出すわけですが、手間を惜しまなければそれでも焼けなくはないという程度です。

ではネイチャーストーブからステップアップするならどういったアイテムがあるか?
今現在Amazonを中心にウッドストーブをあれこれ見て回っています。

ある程度「これかな」というアイテムは数点リストアップ出来ていますので近いうちにそれらのカタログ上での比較を行ってみたいと思っています。