キャンプツーリングの予習をしてみる記事。

スポンサーリンク
この記事は 510 くらいで読めます。

台風一過、いかがお過ごしでしょうかミナヅキです。
また岩手県に上陸したら大変な事になりそうだと心配しておりましたが、そのような事にもならずホッとしております。

さて、そんなお盆前となりましたが実はミナヅキ、来週のキャンプツーリング本番を目前にしてすでに気持ちが浮ついておりここ数日ソワソワしながら生活しております。
会社都合もあってシフトがちょっと変則的になっているのもありますが、初めて行く土地、初めて見る景色、初めてのキャンプツーリングが楽しみすぎてソレ以外の事が深く考えられなくなっています。

折角なのでその勢いをそのまま記事にしてみたいと思います。

キャンプツーリングの目的。

まず目的を確認します。
今回は以前の記事でも書いたように
「宿泊を伴いながら日帰りでは到達不可能な土地を目指してツーリングに向かうこと」
です。

今回のキャンプツーリングにおいて具体的な言葉に置き換えると
「秋田県の県境を越え山形県に踏み入れよう」
という事になります。

冬眠中のバイク乗りは枕の下にツーリングマップルを敷いて寝る。
乗れない時間が夢を育てるのさ、ミナヅキです。 なんだこいつ恥ずかしい。 青森は数日前からすっかり雪景色です。 「最強寒波」と表現された最強に強まった強靭な寒波が東日本を覆っているようです。 雪景色になるまでは「1月だけど道路乾いてるし充電という名目でバイク乗っちゃおうかなー?」と言いつつ結局忙しくて乗れてなかったのですが、いよいよ本当に乗れない時期になってまいりました。 そんな北東北のバイク乗り、降雪地帯のバイク乗りの冬眠期間の過ごし方について今回は書いてみようと思います。 (ミナヅキだけかもしれませんがそこは置いといて…

宿泊場所。

8月はキャンプシーズンまっただ中とも言えるのでキャンプ場の空きがないという事も考えられます。
本命キャンプ場とその周辺数カ所を抑えておき、当日現地にて断られても慌てないだけの心構えと準備をしておきましょう。

本命キャンプ場。

三崎公園キャンプ場【秋田県】への口コミ情報
三崎公園キャンプ場|秋田県のキャンプ場

1泊300円。

手前側キャンプ場。

象潟海水浴場キャンプ場【秋田県】への口コミ情報
象潟海水浴場キャンプ場|秋田県のキャンプ場

道の駅 象潟からすぐそこといった感じですね。

テントサイト料:一張り:700円
(一人用の小さいテントの場合:350円)
宿泊入場料:大人 600円 子供 400円
ゴミ処理料:600円
(一人用の小さいテントの場合:300円)

向こう側キャンプ場。

西浜コテージ村キャンプ場【山形県】への口コミ情報
西浜コテージ村キャンプ場|山形県のキャンプ場

道の駅鳥海がすぐそこです。

料金:大人600円、小学生300円、車500円、バイク200円
チェックイン:17:30まで(遅くなる場合は要連絡)
ゴミ:1枚110円のゴミ袋を買うと捨てられる
駐車場:約120台。サイト内乗入れ不可。荷物搬出入時のみ一時的に可能。
お風呂:徒歩3分・300m鳥海温泉保養センターあぽん西浜(400円 6:00~22:00)

西浜コテージ村・キャンプ場
山形県遊佐町のキャンプ場&コテージ村。鳥海山と西浜海水浴場など、アウトドアの拠点としてもアクセス抜群です。


どうやら前後のキャンプ場ともにお盆期間中はファミリーキャンプの利用者が多くなりそうです。
3箇所ともにダメそうだったらもう飛び込みでキャンプ場を探すか道の駅でゲリラキャンプをするしかなさそうです。

経路。

自宅⇒キャンプ場。

道中、経路沿いに数か所道の駅が点在しますが、すべての場所に立ち寄っているとさすがに進まないので適度に間引いて経由地にしてみました。

道の駅 よこはま 菜の花プラザ
↓ 3 時間 11 分(158 km)
道の駅 ひない
↓ 44 分(37.6 km)
道の駅 かみこあに 
↓ 1 時間 1 分(50.3 km)
道の駅 あきた港
↓ 59 分(47.6 km)
道の駅 にしめ はまなすの里
↓ 29 分(21.5 km)
道の駅 象潟 ねむの丘
↓ 17 分(13.1 km)
三崎公園

計 6 時間 42 分(328 km)

キャンプ場⇒自宅。

キャンプ場から一旦山形方面に向かい、道の駅鳥海に立ち寄ってから帰路につきます。

三崎公園
↓ 11 分(8.1 km)
道の駅 鳥海 ふらっと
↓ 1 時間 11 分(55.1 km)
道の駅 おおうち はーとぽーと大内
↓ 1 時間 6 分(54.3 km)
道の駅 てんのう
↓ 25 分(20.4 km)
道の駅おおがた
↓ 41 分(30.9 km)
道の駅 みねはま
↓ 24 分(21.6 km)
道の駅 はちもり 名水お殿水
↓ 4 時間 8 分(198 km)
道の駅 よこはま 菜の花プラザ

計 8 時間 6 分(388 km)

 
道の駅鳥海が朝08:30から開いているようなので割と行動しやすいかもしれません。
てんのう~みねはまの間は進み具合などでスルーしそうな間隔ですね。
スタンプラリーやったりとかしてるわけじゃないですからね。
 
 

経路雑感。

行きはキャンプ場の都合もあるので早めに現着して設営する必要があります。
一応ルート的には6時間42分になっていますが、道中休憩などを含めると7時間半以上は確実に必要ですし8時間半から9時間程度見積もる必要があるので、17時くらいにチェックインするつもりで出発してくる必要があります。
見積もりしたルートに縛られる必要はないので、気分によっては適当にスルーしてきてもいいんですよね。

帰りは帰宅時間を遅くする方向で調整出来るので少し長めに行動時間を設定出来ます。
で、10時間は見てもいいかもしれません。
キャンプ場チェックアウトを8時くらいに設定して18時頃に帰宅出来ればその日のうちにキャンプ用品の整備も出来そうですし(実際には疲れ果てて出来ないでしょうけれども^^;)19時から20時くらいの帰宅でもじっくり入浴して翌日に備える事が出来そうです。

往路はひない~かみこあにあたりで昼食になりそうです。
復路はおおがた~みねはまあたりでの昼食でしょうか。

キャンプ場での夕食は象潟町内にあるマックスバリュで買い出し出来そうです。

忘れてスルーしそう(笑

あ、これ見ていきたいですね、帰りに。

大潟富士 | 大潟村公式ホームページ

まとめ。

頭の中で断片的に浮いていた情報を書きだしてみました。
立ち寄る道の駅や委細なルートに関してまだ流動的なままにしていたので、やはり記事にしながら思考の整理をしてみるというのは有意義だなと感じました。
しかしまぁツーリングは臨機応変に行動するのが基本なので、あまり今回の計画にこだわりすぎないようにしたいなとも思うところです。

基本的にツーリングするために行ってるのであんまり観光への比重は高くないですけれども…。
腰を据えて観光するなら荷物の心配とかしなくてよさそうな自動車だとかホテル泊のほうが小回り利きそうだなとも思います。

当日は風が強くなければ、いいなぁ…。

あ、これ買い足しました。
最大60L。

いきなり実戦投入になりますが、多分便利なはず。