【ゆるキャン△】しまりんのキャンプツーリングを追いかけてみるという記事【駒ヶ根編】

スポンサーリンク。
ゆるキャン△3巻 41ページ (C)あfろ・芳文社
この記事は 834 くらいで読めます。

アニメが終わっても【ゆるキャン△】で検索してたどり着いてくれている人が多いようです、ミナヅキです。
いや、いちファンとして嬉しい限りです。

ということで、今回はしまりんのキャンプツーリングを追いかけてみよう第2弾!
原作単行本第3巻で描かれている駒ヶ根篇のエピソードをトレースしていきたいと思います。

→前回の記事。

【ゆるキャン△】しまりんのキャンプツーリングを追いかけてみるという記事【高ボッチ高原編】
東北にも桜の報せが届くようになりました、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 ツイッターなどを眺めていると、早い人はすでに今シーズンのキャンプツーリングを初めているようで、早速テントとバイクが並んだ画像などが届いています。 ということで今回は【ゆるキャン△】で描かれているしまりんのキャンプツーリングをマップなどと照らし合わせながら追いかけてみようと思います。

上伊那方面に行ってみるよ!

旅の計画はしっかりと?

3巻 39ページ (C)あfろ・芳文社

いつもであれば、事前にルートの熟考をして、観光したいところをきっちりと下調べしているようですが、今回はなでしこが風邪のため急に予定があいたのでざっくりとしたルートだけを決めて出発する事にしました。

近道…?

3巻 38ページ (C)あfろ・芳文社

国道を経由していくと150kmのところ、山越えで南アルプスを横断していくと120kmになるようです。
今回はこのルートを走る計画です。

ちなみに。

志摩家ってあのあたりなんだろうなぁ…という。
(南アルプスのリニアのトンネルのくだりも検索してみたのですが、なにやら闇が深いようなので今回はノータッチでお願いします…w

ということで出発。

朝。

朝は出発のシーンはなく、斉藤さんとのLINEのシーンから始まっています。
タイムスタンプをみると06:10なので実際には6時頃をめどに出発していたか、もしくはもっと早い感じでしょうか。
走行中にLINEなどの返信をするということはしないでしょうから、休憩の都度の会話なのかなと解釈するところです。
と、すると、1時間走行して休憩したところで06:10くらいであれば5時出発と見ることも出来るかもしれません。

朝駆けするようになったら立派なライダーですね(笑

夜叉神峠方面。

150kmの行程が120kmになるであろうルートを走行します。

3巻 46ページ (C)あfろ・芳文社

3巻 46ページ (C)あfろ・芳文社

夜叉神の森。

3巻 48ページ (C)あfろ・芳文社

おおよそ頂上付近のドライブインや展望台を思わせるような場所ですが、実はここから通行規制が敷かれています。

3巻 49ページ (C)あfろ・芳文社

ここまでおおよそ47km、出発して2時間半から3時間くらいでしょうか。
出発を05:00時ころと仮定した場合、この夜叉神の森には07:30から08:00頃に到着していると推定出来ます。


ちなみにこの交通規制、夏はマイカー規制となり、バスなどは運行されているようですが、冬は完全に冬季閉鎖なのでいずれにしてもマイカーや二輪では通行出来ないようになっているようです。

山梨県 県営林道通行規制情報  林道詳細

当林道は、南アルプス市 芦安と長野県伊那市を結ぶ林道です。北沢峠から長野県伊那市間の林道は伊那市営の管理となります。
①夜叉神から広河原間については、一般車の乗り入れは出来ません。6月下旬から11月上旬の間はマイカー規制(二輪車、自転車も規制がかかり通行できません)され、路線バス、タクシーのみのご利用になります。これ以外の期間は冬季閉鎖となりますのでご注意下さい(徒歩による通行はご遠慮ください)。
②広河原から北沢峠間については、一般車の乗り入れは出来ません。6月下旬から11月上旬の間は南アルプス市営バスでのご利用となります。これ以外の期間は冬季閉鎖となりますのでご注意下さい。
大型等の車両については通行が禁止されています。

普通にルート検索しても出てこないはずなんですが…はて(笑


ガソリンスタンド。

3巻 57ページ (C)あfろ・芳文社

3巻 60ページ (C)あfろ・芳文社

ガソリンスタンドのたれいぬの画像をLINEで送信しているタイムスタンプが08:26なので、逆算すると…

GoogleMap的には約10kmの道のりを自動車で30分かかると言っていますが、山間部の速度なので平均速度20km/h程度の計算かもしれません。
普段から平均20km/hで走っているしまりんの下りを攻める技量次第ではこのタイムは出るかもしれませんね(笑

ということで、夜叉神の森の出発が08:00くらいだとして、ほうじ茶をもらったりしながら20分から30分程度休憩や散策をしていた様子をみるとやはり夜叉神の森到着は07:30くらいだったのかもしれません。
(頑張って辻褄合わせの計算をしています…w

杖突峠。

3巻 66ページ (C)あfろ・芳文社

LINEのタイムスタンプではちょうどお昼の12時です。
ガソリンスタンドから距離で計測して約64kmなので、平均20km/hのペースで計算すると約3時間の走行をしています。
夜叉神の森の遠回りがあったので、休憩時間を少し切り詰めて走ってくるとおおよそお昼前くらいにつくような進み具合になりそうです。

で、展望台で12時ちょうどですね。

光前寺。

3巻 81ページ (C)あfろ・芳文社

なでしこナビに案内されてたどり着いたのはわんこ寺こと光前寺です。
杖突峠展望台から道のりで約44km程度。
大半が下り勾配のようですのでハイペースで降りてくる事が出来るんじゃないかと思います。

3巻 88ページ (C)あfろ・芳文社

境内を散策した後のLINEのタイムスタンプでは14:30になっているので、14時すぎには到着したのではないかと推察出来ます。

下り勾配と休憩時間を削ったハイペースな進行でのツーリングとなっているようです。

3巻 90ページ (C)あfろ・芳文社

わんこ寺出発が14:50頃になります。

こまがねの湯。

3巻 95ページ (C)あfろ・芳文社

ということで、わんこ寺から2km圏内の距離にある温泉です。


ものすごい余談になりますが、わんこ寺出発直前のLINEのタイムスタンプの14:45を基準にして考えても入浴して出てきてミニソースカツ丼きたーまで30分程度なのでしまりんってばカラスの行水みたいな感じなんですかね…(笑

3巻 102ページ (C)あfろ・芳文社

まぁ前日に入浴をしていて、かつ少し急ぎ目の行程であり、またまだ昼食を済ませていなかったのでお腹が空いているという気持ちのほうが強かったりすれば温まってさっさと出てくるかもしれませんね。


ここで遅めの昼食となります。
人にもよるのでしょうけれども、ツーリングをしているとお店が定休日だったり営業期間外だったりして結構フラれることがあるので、わりとこのお昼が遅くなるというのもツーリングあるあるネタのような気がします。
ちなみにミナヅキはフラれ続けて結局午前中にソフトクリームを食べたくらいでお昼ご飯にありつけなかった事があったりします…悲しい。

3巻 110ページ (C)あfろ・芳文社

そして出発は17時過ぎ(笑

キャンプ場到着!

3巻 128ページ (C)あfろ・芳文社

通行止めのフェンスの前で18:20の標示が出ているので、迂回路を検索した後にスクーターを降りて歩いてきたらこういう時間になったのかもしれません。

なにはともあれ、無事に本日の宿営地に到着しました。

陣馬形キャンプ場【長野県】への口コミ情報
陣馬形キャンプ場|長野県のキャンプ場

お疲れ様でした!

3巻 141ページ (C)あfろ・芳文社

たくさん走った日の、初めての夜空を眺めながらのキャンプは本当に味わい深いです。
初めて走った道、初めて目にした風景、初めて入ったお店に初めて食べた味…。
そんな事を一つずつ思い出しながらゆっくりと眠りつきます。

本日のルート。

今回描かれているスポットを順番に結んだだけになりますがおおよそこういったルート取りになります。

回り道をして戻ってみたり、寝過ごして慌ててみたりもしましたが、無事に一日を終える事が出来て穏やかに眠れるのならばそれらもきっと悪くない事なんじゃないかと思います。

3巻 142ページ (C)あfろ・芳文社

原付スクーターで遠出をするようになってからまだ数回、作中で描かれている限りではまだ2回めです。
ツーリングは距離が伸びるほど進行が予定とずれてきたりするものです。
まだ経験が浅いうちからそういった部分を織り込んでの計画が出来る人なんてなかなかいないんじゃないかと思います。

これから順番に慣れていって旅上手になっていければいいですね。


今回も記事執筆にあたってフォロワーさんの記事を参照させていただきました。
多謝。

ゆるキャン△ キャンプグッズ・聖地(キャンプ場)
『ゆるキャン△』で登場したキャンプグッズやキャンプ場を予想・紹介するブログです。

今回のエピソードは原作単行本3巻に収録されています。

※当記事では作品の研究考察のため画像の引用を行っています。引用に際し改めて引用ページ及び権利者表記を行った上で作品の同一性が失われないよう改変が行われない範囲で掲載しております。