青森険道28号線走破キャンプツーリング!

スポンサーリンク。
この記事は 3030 くらいで読めます。

梅雨時期の晴れ間、いかがお過ごしでしょうか。
ミナヅキです。

今回は7月8日~9日にかけて行ってきた青森県道28号線走破キャンプツーリングの模様を書いていきたいと思います。
いやー、なかなか脚が向かない険道なわけですが、嫌というほど未舗装路を走ってきたのでしばらくはオフロードはいいかな…(笑

年間計画を消化するぞ!

こんな話がありました。

青森険道28号線走破計画など。
2月と言えば次は3月、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 いや、なんか昨晩くらいから降ってる雪が湿り気のある重い雪なんですよね。 春に向けていよいよ積もる雪が降ってきたなと感じております。 さて、今回は昨年からちょっとだけ気に留めている県道28号線を走破したいなぁというお話です。

…という話を某バイク屋さんでしてみたら
「そんなミナヅキさんにはこれを進呈しましょう」
と入れ替えしたアクションカムを提供していただきました。
それ受け取ったら撮ってこなきゃいけないって事ぢゃん…(笑

で、久しぶりの長距離なので整備もしっかり。

なにやったっけ、エンジンオイル補充してギアオイル交換してクーラント補充してクラッチケーブルとスピードメータケーブルに注油してチェーンにも注油したはず。

…という感じで準備を済ませまして。

ツーリング1日目

出発前。

天気は両日とも晴れ、明け方の気温が低くなるくらいで日中はそれなりに暑くなりそう。

ということで11時前にゆっくりと出発しました。

[11:33] 平内ゆとりの駐車帯。

道路上の気温計では21℃とかだったはず。
地味に寒いので防寒着を着込みます。

しかし久しぶりに荷物を積んだらバイクが重く感じられて少しだけ憂鬱な気分に…(笑

[12:34] 青森空港有料道路 料金ゲート。

青森市内に入ると空が明るくなってきました。

国道4号線から昭和大仏、青森大学前を通って流通団地から空港道路へ。
重い重いと感じていたバイクですが、空港へ向かう登り坂でも意外と問題なく登ることが出来ました。
まぁ6速のマニュアル車でタコメーターついてるのでどこまで回していいか把握しやすいのでそのへんの融通はi8ちゃんよりは利くような気がします。

青森空港有料道路、黄色ナンバーで20円。

[13:16] 給油 イオンタウン平賀。

青森空港からよされライン。
青森空港有料道路のゲートから再発進したら土を積んだダンプの直後になってしまって、車間距離を多めにとってもダンプが段差を乗り越えるたびに土が…(笑
オフヘルメットにゴーグルだと鼻にも口にも入ってくるのでさすがに観念して一度駐車帯へ退避しました。

で、イオンタウンではペトラスで給油。
暑くなってきていたので防寒着をキャストオフ。
平内で着込んで平川市で脱ぐ。
青森県内は西と東で結構気候が違います…。

[13:26] ラーメンショップ平川店。

イオンタウンからすぐそこの交差点でセットメニュー600円の看板に気づいたので滑り込んでみました。

フラグ。

餃子美味しかったです。

ところで今書いてて思ったんですけども、店名は平川店になってますが、どんぶりは黒石店…。

[14:15] 県道28号線合流。

県道13号線よされラインから国道7号線を横断してそのまま県道127号線アップルロードへ。
アップルロードは両脇がほぼほぼ林檎畑で、その背後に大きく岩木山が望めるという絶好のツーリングスポットになっています。
平日なのにマスツーリングの集団ともスライドしたりしました。

で、気持ちよくアップルロードを走ってくるといよいよ県道28号線に乗ります。
県道28号線自体は弘前市内、青森銀行弘前市店の前から始まっているのですが、そこから辿ろうとすると経路的にごちゃごちゃしてしまうので、いつもアップルロードとの交差点から走る感じになっています。

そしてこの写真を撮った場所、昨年i8ちゃんで道の駅津軽白神を訪ねてきたときとおおよそ同じ位置だったはずだと思います。

道の駅津軽白神ツーリング。
猛暑日が続きますね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 ついに8月ですねぇ。 北東北、青森では暑い暑いと言ってられるのもあと僅かなのかなと思ってみたりもします。 さて今回は急遽半日休となったので、昨年11月に新たに道の駅として登録されたと話題になっていた道の駅に行ってきました。 あつぅい!

まぁ大本のきっかけはこの日の某バイク屋さんによるツイートだったりもするのですが、そちらは上の記事のほうを読んでいただくとしまして…。

[14:30] 道の駅 津軽白神。

県道28号ぞいにある道の駅になります。

県道28号はしばらく道幅の広い牧歌的な風景の続く道路でなかなかに気持ちの良い道路だと思います。
でもまぁここは今回はチェックポイントでしかないのでトイレに立ち寄り、ツーリングマップルを確認してすぐに道路へ復帰するわけですが…。

[14:41] 津軽白神湖。

長い橋と大きいダム湖でテンションが上がりますね!
ちなみにちょうどこの部分、県道317号線との交点にもなっており、そちらへそれていくと秋田県側、つまり藤里町側へ出る道路になります。

計画上では二日目はくるみ台キャンプ場から北上してきてここに出るわけですね。

ツーリングマップル東北2018Kindle版 P88

[14:53] 暗門大橋前。

県道28号線は津軽白神湖が暗門川へとなるあたりで急に道が狭くなり対向車とすれ違うのも難しいような山道へとなります。
その様変わりっぷりにちょっと辟易するくらいです。

で、そうしてくねくねと山道を登ったり降りたりしているとこれまた狭い橋に差し掛かります。
ちょうどここの部分が暗門の滝への遊歩道へと続くようになっているようです。

で、親切にも県道28号線の未舗装路区間、白神ラインの道路状況が示されています。

[14:57] アクアグリーンビレッジANMON。

一応キャンプ場もあるのですが、オンシーズンのオートサイトが1500~2300円という料金設定に対してフリーサイトではオンオフシーズン問わずテント1張り500円という設定になっているので案外良心的と言えるかもしれません。

料金表 | ANMON | 施設のご紹介 | 白神公社 - 世界遺産と水源の里 青森県西目屋村 - 津軽の源流 白神山地
世界遺産・白神山地のおひざもと、青森県西目屋村。森と水に囲まれた雄大な自然に触れながら、温泉やキャンプが思いっきり楽しめます。

航空写真で確認してみると、暗門川沿いにある西側のくさっぱらがフリーサイトになっており、その東側にある舗装路が東屋の周りをぐるっとしている部分がオートサイトになっているようです。
意外と環境は悪くなさそうなので、ここでテント張ってオフロードを往復するような過ごし方も出来…いやいや。

さて、ここからアクションカムを装着して未舗装路区間へと突入していきます。

青森県道28号線 白神ライン。

さて、動画のほうは記録容量の関係で走行開始からやく40分で終了。
津軽峠を超えて赤石渓流との分岐点へ向かうちょうど中間くらいでした。

ようやっと荷物を積載したバイクで未舗装路を走るのに身体がなれてきたあたりでちょっと惜しいような気もしましたが、それでも未舗装路の動画を40分も撮れれば十分かなとも思いました。

動画の方は本記事の最後のほうで。

[15:42] 赤石渓流分岐点。

未舗装県道の通行止めゲート、なかなか風情があってよろしいですよね…。

[16:05] 天狗峠。

ここから深浦町です。

地図上の見た目的にはようやっと半分かな?といったところ。
いい加減飽きてきた…。

[16:41] 一ツ森峠。

GoogleMapsには記載はありませんが、ツーリングマップルにはちゃんと載ってる。さすが。
iPhoneのカメラ画像のGPSでもこの位置になっているので間違いはないでしょう。

ツーリングマップル東北2018Kindle版 P87

うん、存分に味わったよ…もうそろそろ舗装路走りたいよ…。

[16:56] 深浦町側ゲート。

ゲートを突破したところで未舗装路区間の終わりを確信しました!

や っ と 抜 け た ぞ ! !

長かった…。

多分15時くらいから走り出してここで17時なので時間にして2時間くらい、未舗装路を走ってたわけですよね。
平均速度も上がらないし地図を見てもそんなに進んでいる気がしないし、目に見えて日が傾いてきているのでちょっとずつ気力が削げていくのがわかります(笑

後半はもう半分眠くなってきて意識ももうろうとしているような状況で、いやあんまりよろしくないなと…。
人間、うるさい2ストロークのバイクの音を聴きながら未舗装路の路面に揺られていても眠くなるもんなんですね…。

[17:22] 国道101号線合流。

ゲートを抜けてからもしばらく川に沿って舗装路面が続きますが、ずっと未舗装路を走ってきた身体が今度はスロットルを開けることに抵抗を示します(笑

で、日本海が見えたときにはもうバンザイという感じでした。
ここで17時。キャンプ場まであと何時間だこれ…。

[17:42] 青森秋田県境。

ようやく秋田県へと入ります。
ここから能代市へ行って二ツ井、藤里町…。

[17:47] 道の駅はちもり。

県境からすぐそこ。
こじんまりとしていてむしろ立ち寄りやすい道の駅。
津軽方面から走ってくると道の駅ふかうらからここまで道の駅って無いですからねぇ。

「なんか」と言いながら脳内にあるのは赤い看板。

[18:38] すき家 能代南BP店。

夕日の傾く国道101号を南下していくと能代市内へと入っていきます。
これくらいの規模の街ならあるはずなんですよ、赤い看板…。

と国道7号との交差点でそれを発見。
Uターンして戻ってきました(笑

ということで雑にとりそぼろ丼のご飯大盛り380円でした。
安いんですけど好きなんですよね、これ。

とりそぼろ丼(店内)
すき家のとりそぼろ丼(店内)についてご紹介しています。テイクアウトもあります。

そういえばにんにくの芽牛丼やってますね。

変なスキルが鍛えられました。
これも経験値のタマモノ…。

[19:07] 給油 オカモト セルフ能代アクロスSS。

次の給油は24590kmくらい。

[19:38] 買い出し ファミリーマート 秋田二ツ井店。

晩酌用のワンカップとあたりめ、朝食用のソーセージと水と缶コーヒーを調達しました。
晩ごはんは済ませてあるのでもう寝るだけなんですけどね。

二ツ井町内から山の中へ入っていくのでどこまで電波があるか…。

[19:57] ゆとりあ藤里前。

数年前にクルマで来たことがあるので電波圏内なのは覚えていたりします。
問題はこの先。

キャンプ場まであと30分。
ほんとに?

至 くるみ台キャンプ場。

ということでゆとりあ藤里前のツイートでこの日のツイートは終わっております。
実際にはこの先にももう少し民家などがあり人の気配もあるのですが、徐々に街灯は少なくなり、最後には完全にバイクのヘッドライトだけで走るような状況に。

途中でやたらと情報量が多く通行止めの表示ばかりが目立つ看板が並んでいたりして
「すわ!もしや今日はキャンプ場にたどり着けないのでは!?」
などと思うこともあったりして。

ましてこのTDRさん、6V電装の車両なのでヘッドライトも明るくなく、また回転数が下がると一緒にライトも暗く減灯するので、標識を読むためにその場でエンジンをふかすという落ち着かない状況に(笑

まぁ諦めてスマホを取り出してそのライト機能で照らして標識を読んだりもしましたが…。

またこの先真っ暗で分岐などを見落とす可能性もあるのでさすがにスマホのナビに頼ることにしました。
残り距離がわかるだけでも安心感が違う…。

道中は落石注意の標識とところどころで突然あらわれる橋の欄干に驚かされつつ。
途中でやたら真っ直ぐで長い、開けたところにかかった橋があったりしましたが
「これ、出る場所じゃね?飛び込みスポットじゃね?」
とか思いながらこわごわと渡ったりしました。
幸いなにもありませんでしたが、分かる人にはわかっちゃう可能性もあるのかもしれません…。

その大きな橋を渡ると上り勾配が大きくなり徐々に山道めいて来ます。
もういい加減20時も過ぎており真っ暗な中の到着となるはずです。
こんな山奥のキャンプ場、平日だしなんのシーズンでもないのでおそらく一人だけの利用になるはず…。
いやクマとかいたら美味しくいただかれてしまう…など暗闇の中バイクにまたがってあれやこれやと良くない想像をしてしまいます。

そしてようやく、到着…?

くるみ台キャンプ場でキャンプするよ!