芦野公園オートキャンプ場まで偵察ツーリングキャンプに行ってきたというだけの記事。

スポンサーリンク。
この記事は 1250 くらいで読めます。

北東北では夏休みが終わろうとしていますね。
ミナヅキです、いかがお過ごしでしょうか。

先日月曜は仕事がお昼すぎに終わったのでここぞとばかりに芦野公園のオートキャンプ場に泊まってきました。
おそらく今月最後のキャンプです。

半日休みなら!

キャンプツーリングに行けるのでは?

中の島ブリッジパーク【青森県】への口コミ情報
中の島ブリッジパーク|青森県のキャンプ場

本当は午前中に仕事が終わりそうだったらさっくりと退勤を取り付けて田沢湖あたりにでも行けたらなとも思っていたのですが

クソとか言わない。Fワードも言わないw
(日本人向けの日本語のブログだから扱える表現ですよね…^^;

ということで、県内のツーリングなら大丈夫でしょうとTDRさん出動。

嬉しさのあまり白煙を撒き散らすTDRさん(違

ということで、お昼すぎに仕事を終わらせ、ちょっと用事を済ませてきたら14時前。
ササッとパッキングと身支度をして14時20分頃に出発。

今回はタープと蚊帳というスタイルを組んで寝てみようと思います。
シートの後ろ側、ネットで固定されてるのがタープと蚊帳代わりのテントインナーの袋です。

予定変更。

ふと時計と所要時間を比べながら走っていたのですが、どう考えても中の島ブリッジパークの受付リミットである17時を超える様子。
電話して相談してみてもいいのかなとも思いましたが、そういう機会というか縁だったのだと考え、行き先を変更しました。
いずれにしても初めて脚を運ぶキャンプ場になります。

芦野公園のオートキャンプ場は出入りフリーな無料サイトなので時間を気にすること無く向かう事ができます。
ちょうど燃料がリザーブに切り替わったところで給油。

買い出し。

国道7号から国道101号の下回りを抜けて着たところにあるローソンで買い出しをしました。
芦野公園の近所にコンビニがあった記憶がないので、手前で買い物を済ませておきます。
と言っても水分とアルコールとおつまみだけなんですよね、ミナヅキの場合は…。

芦野公園オートキャンプ場。

ちゃんと場所を確認していなかったのですが、感覚としては一度芦野公園を通り過ぎて、沼を右手にみながら走るとオートキャンプ場の案内があるT字路にたどり着くという感じでした。

で、キャンプ場についてみると、テントが一張りあるだけで、人の気配がなかったりするわけです。
ちょっとその辺の食堂で晩ごはん食べてきたところで、スペースが無くなるほど人でごった返すことは無いだろうと踏んで、金木駅前に戻ります。

晩ごはん。

めっちゃ駅前にある駅前食堂かなーと思ったら駅前どころか駅舎内部でした。

アットホームな感じといえばいいのでしょうか。
テレビの前には小学生くらいのお子さんが陣取ってました(笑

かつとじ定食。
これで670円って安いですよねぇ。
カツだなんて下ごしらえして揚げるだけだとしてもそれをさらに卵でとじるっていう手間のかかるメニューなんですよね、カツ丼とかかつとじって。それが670円ですよ(なんの力説だ

ということで美味しくいただきました。
思いつきで入ったにしては予想以上に満足感のある晩ごはんでした。
ラストオーダー18:30で閉店19:00なので、意外と遅めに入っても大丈夫な気がします。

ここをキャンプ地とするー!

ということで晩ごはんを食べて満足したのでキャンプ場に戻り設営を開始します。

約20分。
今回はタープの裾からガイロープを出して広く設置してみました。
これなら風通しに不満はないでしょう。
前回の牛野ダムキャンプ場のときは設営場所が狭かったのと時間が遅かったのもあって地面に直接固定したので寝苦しかったんですよねぇ。

【仙台市】国道45号線起点探訪キャンプツーリング!
台風騒ぎはどこへやら、ミナヅキです。 いかのおすしでしょうか。 今回は昨日おとといと一泊二日で国道45号線の起点を訪ねて行ってきたキャンプツーリングの様子をまとめた記事となります。 二日間で約1000km、思う存分走ってきました。

で、寝苦しかった事に対する反省というか対策という事で、タープの設置方法の他に蚊帳設営という事になったわけでした。
ちなみにこの蚊帳、蚊帳というかソロ用のバックパッキングテントのインナーなんですよね。

【レビュー】GEERTOP / 1人用バックパッキングテント
GEERTOPの1人用バックパッキングテントをワンシーズン使ってみた感想の記事です。 ブログ内の記事として断片化している情報をまとめてみようと思います。

バックパッキングテントは設営に120cmのトレッキングポールを使うので、タープが150cmの高さだと問題なく収まるはずで、今回はそれが目論見通りという感じで収まりました。

お晩酌。
保冷を考えなくていいのでウィスキーを雑に水割りして飲むのが手軽でいいです。

ちなみにフラッシュを使わなければこういう雰囲気。

特にすることもないのでキャンプにきたときは早寝早起きオジサンです。

夜明け。

実は3時前くらいに目が覚めてそれから浅い眠りを繰り返していたりしたのですが、テントの風通しが良いせいか、はたまた青森県だからなのか流石に肌寒さを感じたんですよね。
で、インナーシュラフとシュラフカバーを組み合わせてちょうどよいくらいでした。


で、これ帰ってきてから実際何度くらいだったのだろうかとアメダスのデータを見てみたら午前4時で18℃をわずかに下回る程度の気温にまで下がっていたんですよね。

五所川原の過去のアメダス実況(2018/08/21) - tenki.jp
五所川原の過去のアメダス実況(2018/08/21)

さすがに20℃割ると肌寒くなりますよねぇ。
シュラフでちょうどいいくらいかもしれません。


これ雲がない日だったらもう少し気持ちの良い動画になったかもしれないのですが、まぁ仕方ないですよね。

ミナヅキが晩酌を始めてからカチャカチャと設営をしていたのはこちらの方でした。
ツェルト、珍しいですよね。

朝ごはんと撤営。

朝はいつもどおりアマタケのフリーズドライです。

缶のコーヒーをホットします。

時間の贅沢な使い方です。
なにもしない事を楽しむ。

撤営を始めようとしていたら、ツェルトのお隣さんが声をかけてきてくださって
「昨夜はテン場探すのにウロウロしてしまってご迷惑おかけしませんでしたか?」
とお気遣いをいただきました。
実際のところ、ツーリングキャンプライダーとしては前回のように夜遅くなってからテントサイト入りをすることもあるので、立場が逆だという事のほうが多かったりする気がしますし、お互い様じゃないかなぁとも思います。

ちなみにこの方は徒歩だそうです。強い。

帰路。

立佞武多の館のすぐとなりにある生鮮市場です。

立佞ぶた丼 -                                    たちねぷたのやかた
こんにちは、東です立佞武多の館隣の「マルコーセンター」内にある「麺屋はばたけ」さんで6月10日から始まった立佞ぶた丼麺屋はばたけさん自慢の「特製低温レアチャーシュー」がたっぷり乗っています立佞武多の高さ23メートルにちなんで、高さが23センチの大:2,300円(税込)※こちらは1日5食限定です高さ約15センチの中:1,...

ちょっと立佞ぶた丼に興味があるのですが、今回は開店前という事もあってパスしました。

ミニに3点セットでした。

帰宅。

ということで、途中でバッテリーが絶えてログが切れていますが、2日間合計で約245kmの往復となりました。

いやー、春先にTDRさんにもUSBソケットを設置してスマートフォンデバイスの走行中充電に対応したはずなんですけども、もう充電されませんでした。
まぁキャンプツーリングはこれからはi8ちゃん専属にするのが無難かもしれません。

ということで。

芦野公園のオートキャンプ場は無料の割には環境がよくてとても旅人ユースなキャンプ場なのではないでしょうか。
チェックイン時間の制限がないというところがいいですよね。
気軽に利用できると思います。
大体どこのキャンプ場も管理人つきだと16時までとか17時までとかだったりするので、キャンプツーリングしたい人には鬼門だったりとかするんですよね。

あ、あと久しぶりに乗ったTDRさんはやっぱり楽しかったです。

あ、そうそう、蚊帳が届いたんですよ、ちょうど。

これで寝苦しい夏のキャンプともおさらば!という感じですね。