【人生初】山形県突入キャンプツーリング!

スポンサーリンク
この記事は 2226 くらいで読めます。

バイクツーリングのハイシーズン、いかがお過ごしでしょうかミナヅキです。
今回は年始めから目標としていたキャンプツーリングに行ってきました。

さすがに予定通りには進みませんでしたが、それでも良い景色に恵まれ見知らぬ土地と道路を楽しんでくる事ができました。

年始めから、というのはこちらの記事を書きながら思いついた事でした。

冬眠中のバイク乗りは枕の下にツーリングマップルを敷いて寝る。
乗れない時間が夢を育てるのさ、ミナヅキです。 なんだこいつ恥ずかしい。 青森は数日前からすっかり雪景色です。 「最強寒波」と表現された最強に強まった強靭な寒波が東日本を覆っているようです。 雪景色になるまでは「1月だけど道路乾いてるし充電という名目でバイク乗っちゃおうかなー?」と言いつつ結局忙しくて乗れてなかったのですが、いよいよ本当に乗れない時期になってまいりました。 そんな北東北のバイク乗り、降雪地帯のバイク乗りの冬眠期間の過ごし方について今回は書いてみようと思います。 (ミナヅキだけかもしれませんがそこは置いといて…

で、一連のキャンプツーリング系記事がありまして

キャンプツーリングに行きたいのでテントの比較をするんだぞ!という記事。
3月もそろそろ終わりです、ミナヅキです。 いや、まだ早いですね。 まだ3月は残っていますが、暖かくなったらすぐに乗り出せるように先日バイクのリアタイヤを交換して、キャブレターの清掃をしました。 分解清掃だけですが、たまにこれで調子を崩す事もありますが今回は特になにもなく上まで綺麗に回っていたので一安心です。 今年はキャンプツーリングを企てているので、テントをあれこれ見ているのですが比較しづらいので自分で比較表を作ってみようといういつもの記事です。 それでは行ってみましょう。
キャンプツーリングの練習のためにデイキャンプという手順を踏むのは防災訓練にもなるよね多分という話。
4月になりましたね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 早いところではもうお花見などを楽しんでいる方もいらっしゃるかとは思いますが、まだまだ肌寒い日が続きます。 青森県ではお花見といえば4月末、おおよそゴールデンウィークに入ってからの行楽なのですよね。 ところで、お花見の様子をテレビなどで見ていてふと 「あれ、花見で焼肉するのかぁ」 と気付いたのでこういう事を思いつきました。
キャンプツーリングの練習に行ってきたという話。
暑い日が続きますね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 わたくし実は、昨日12日の夕方から今朝までキャンプの練習にと実際にテントを設営して外泊してきてみました。 タイトルの通りあくまでも練習なので、バイクで1時間程度の近所のキャンプサイトに行ってきただけですが、なかなか楽しかったです。 それと、予行練習って大事だなと感じました。
第2回キャンプツーリング訓練に行ってきたという話。
青森では今日からねぶた祭が始まりますね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 今回、8月1日~2日と1泊ほどバイクでキャンプツーリングに行ってまいりました。 例によって自宅から1時間少々のところでの習熟キャンプなのですが、やっぱり行ってみると面白いものでした。

ここ半年ほどの集大成となるツーリングになるわけです、予定では。

出発前日など。

8/11

仕事が終わるのが土曜の深夜で次の朝には出発なので直前の休みのうちにパッキングを済ませておきます。
あわせて自分で書いた記事を読み直して荷物のチェックをします。

実録!キャンプツーリング初心者が実際に持っていった装備品を公開してみるという記事。
海の日を合わせて3連休、いかがお過ごしでしょうかミナヅキです。 ミナヅキは勤務のシフトで2連休なんですけれどもねー。 さて、先日実際にキャンプツーリングの予行演習に行ってみたわけですが、そこで実際に持ち出した装備品を公開してみようと思います。 足りてないものや余計なものもありますが、一応コレで一泊してくる事は出来たのでキャンピング初心者ライダーの参考になればいいなと思います。

ペグ打ち用のゴムハンマーを忘れるところでした。
やはりチェックリスト的なものは重要ですね…。

8/12

遠足前の園児状態です。

日本海側気温高いらしいです。

えっ

目的地の天気ばかりみていたようです。

フレンズ的思考により精神衛生の維持を行うなど。

降水量の意味と降水量1mmは実際にどれくらいなのか? | 科学で日常の疑問に答える情報サイト-サイエンスマガジン-

日本海側は意外と大丈夫らしいです、予報では…。

キャンプツーリング1日目。

気圧のせいかもしれませんが、どっちにしても珍しく始動に時間が…(笑

ドッペルの大きいドライバッグの積載に少し悩みましたがとりあえず前にドライバッグ、後ろにエアマットという積載をしてみました。
実際にはゴムバンドだけでは緩くて徐々に前にずれてきて背中で抑えつけながら走る事になってしまったのですが…。

出発して10km走ったくらいで雨が気になりだしたのでカッパを装備するも、下の方を持たずにきたので野辺地のサンデーで調達していくことに。
今のカッパももう古いですしね…。

しかし野辺地までの30分の経路だけでもバイクが多くすでに10回以上ピースサインをもらいました。

やふー!

野辺地。

野辺地から浅虫のあたりで雨があがったので、流通団地のセブンイレブンでカッパを脱ぎ小休憩。
青森空港を浪岡ダム側で迂回して県道13号に。

ドライバッグがお尻を押してくるのが疲れるのでイオンタウン平賀のホーマックで荷締めバンドを購入。

国道7号に合流してあっという間に大館市内。
道の駅ひないを目指します。

その前に給油。

んー、お盆期間のせいか交通量が多くて予定より遅れているような。

道の駅ひない。

実は曲がるべき交差点がわからずにちょっと通り過ぎたので立ち止まってツーリングマップル確認した…(笑

フォロワーから情報が届くなど。

昼ごはんを食べようと思ったのだけれどもレストランのほうに入ってみると、どうやら座席の空きもなく座っている人たちもまだ料理が届くのを待っているひとが多い様子…。
状況を察してすぐに外に出てみると軽食コーナーがあるようでそちらのほうに。

多分お盆期間中はどこにいってもこんな感じだろうと思ったので軽食で許してやろうということにしました。

柔らかいソフトクリームってのは割とどこにでもありますが、ここの比内地鶏のたまごを使ったソフトクリームは表面がふわふわだけれども内側に弾力を感じてなかなか不思議な舌触りでした。
このツーリングで一番最初に食べたこのソフトが一番印象的だった気がします。
おすすめかも。

遅れ進行なのが気になったので、宿泊予定の三崎公園キャンプ場の管理棟に電話確認をしようと思ったのですが何度かけても誰も出ません…?
不在なのかな…?

道の駅かみこあに。

道の駅ひないから国道285号を通って国道105号重複区間を通り、五城目街道を南下していくと道の駅かみこあににたどり着きます。

ひないから1時間足らずで到着してしまったのと、全体的に遅れ進行なのでトイレと水分補給だけをして足早にルートに復帰します。
気温が高いので水分補給には気をつけてました。

かみあにこ→いわき。

かみあにこを出てから国道7号を目指します。

が、道の駅五城目の数km手前で謎の渋滞が。
どうせカーブ曲がったあたりで解消するやろ…とおとなしく並んでいたらカーブの向こうもずーっと車列が見えて落胆。
バイク小さいのですり抜けていってもいいのですが10分以上並んでて今更すり抜けするのもなんだかなぁ…と並び続けていました。
その横を2台くらい大型バイクがすり抜けていったりとかして(笑
多分30分くらい渋滞にはまっていました。

ちなみに渋滞の原因は工事信号。

渋滞を抜け道の駅五城目をスルーし、国道7号を横断して県道104号を直進してから大清水三叉路から国道7号に乗ります。

秋田市の海沿いを走り、臨海十字路を7号に沿って右折しさらに海沿いに。
ここから先が自分にとっての未知の道路です。

秋田南バイパス、快走路で気持ちよかったですが、実は国道7号はここからずっと海沿いの快走路が続きます。
あまりにも道路もよくて景色もよいので主要幹線道路の割には走っていて全然辛さがない道路でした。

午後の傾いた太陽が日本海に反射して本当に綺麗な風景で、それを楽しみながら走っているとあっという間に道の駅岩城に到着します。

道の駅岩城。

道の駅でひらがなじゃないところ、このへんでは珍しいですよね。
インターチェンジ方式の出入り口でアクセスしやすかったです。

ここの道の駅は駐車場が広くて収容台数がとても多そうでした。
バイクも結構とまってていい場所だなぁと。

気づけば2時間ぶっ通しで走っていたようです。
知らない道を走るのは楽しい!

道の駅の休憩所の裏手には砂浜が広がっていて道の駅から直接降りていく事もできるようになっていました。
休憩所裏の展望デッキのちょっと脆そうなベンチに座って缶コーヒーを飲みながら休憩しました。

懸念事項一点。
というか標準的なキャンプサイトのチェックイン時間はもうとっくに過ぎてるんですけどね…。
ハイシーズンだから管理人さん残ってたりとかしないかな…?的な希望的観測のみで向かってみることにします。

バイク停める時ってバイクの隣だとちょっと安心感ありますよね。わかります。
ジェベル、タンク容量が大きいオフロードということでツアラーな人に根強い人気があるバイクという話ですよね。
(17Lタンクで航続500kmらしいです。

さて、Twitterのタイムラインではこの日のミナヅキのツイートが途絶えています。
一体何があったのでしょうか…?

(長くなったので2ページ目へ!