【人生初】山形県突入キャンプツーリング!

スポンサーリンク。
この記事は 2218 くらいで読めます。

キャンプするよ!

買い出し。

道の駅岩城から南下し、道の駅象潟をスルーして直近のマックスバリューで買い出しをします。

ちょっと探した。

レシートの時間を確認すると買い出しが終わった時点で18:56。
いざゆかん三崎公園キャンプ場。

三崎公園キャンプ場。

県境の本当に手前を海側に入り、暗い道路を降りていくとすっかりまったりムードのキャンプサイトが見えました。
やはりハイシーズンということもありそれなりの利用者がいたようでした。
トイレ横の管理棟と思わしきところに近づいてみるもまっくら。

はてさて、ネットでは
「時間外に到着してしまったので翌朝に利用料金を払う」
などという記述を見たことも無くはないのですが、小心者ミナヅキ、遅い時間にのこのこやってきて勝手に設営するのもいたたまれないなぁと思ってしまったので道路沿いまで戻り周辺のキャンプ場をはちのすやGoogleMapなどで探してみました。

うーん。

しかしまぁキャンプ場はあっても大体チェックインが17時くらいまでだったりするので管理人がいない無料のキャンプ場くらいしかアテがありません。
一瞬、今夜は眠れないのでは!?とも思いましたが今日この日までに自分がやってきたことを思い返してみました。

あ、そうか、いままで海水浴場でキャンプしてたな。

調べてみると少し北に戻ったところに海水浴場があります。
海水浴場であれば仮にファミキャン勢が多くて賑やかであっても、チェックイン時間というものが存在しない事のほうが多いはずです。

このままここで悩んでいても仕方あるまい、向かってみることにしました。

小砂川海水浴場。

国道の海側に並行する道路に入っていくと道路の下に砂浜が見えてテントが数張り、灯りをともしているのが見えます…あれ、どうやって入っていくんだろう(笑
(一旦山側に降りる道路から民家の間の細路地を抜けて道路下をくぐって砂浜に出ます

海水浴場に到着したのが20時ころで、入り口でバイクを停めてライト片手に設営場所を探します。
砂浜は正直荷物一杯なバイクでは埋まるので苦しいのですが、設営場所まで頑張って押していきます。

設営完了!

…とツイートしようとしたところ

えっ、はっ?ちょっと???

圏外って何!!?

すぐそっちに民家あるじゃん!
ココらへんの人って圏外に暮らしてるの?
えっ

設営が終わってから移動出来ません。
仕方なくそのまま一晩を明かす事にしました。

ゆるキャン△

ゆるキャン△!(恒例


今回は1Lクッカーで暖められるパックご飯を持ってきました。
で、温めている間に缶酒で喉を潤しながら缶詰。

そういえばご飯があたたまるまでLEDランタンの灯りを消してクラッシャブルランタンシェードの灯りだけで飲んでたら北隣のテントの子どもたちがライト片手に歩いていて

「うわ、びっくした。こんなテントあった?っていうか壊れてる?」
「あーゆー形なんでしょ」
「へんなテントー」

などと話していたのが聞こえてきました。
変とは失礼だな!w

そっかファミキャンからアウトドアに入る少年たちは一人用テントとか見たことないんだろうね。
面白いなぁと思いました。
まぁ仮に一人用テントだとしても一般的なツーリングテントと比較するとGEERTOPのピラミッドは珍しい部類だとは思いますが。

ご飯が温まったら真打ち登場。

これ。

イワタニジュニアガスバーナーのゴトクの上でしっかり安定します。
ちゃんとシーズニングしてから持ってきましたよ。

このためにナルゲンのミニボトルに料理油も入れてきたし…。

ででーん!

今までフライパンと味付け肉でしたが今回は鉄板で焼いて食べます。
ナルゲンミニボトル二つ目には焼肉のタレを持ってきました。

ぶたばら。

脂が多くて一部油揚げしたみたいにカリッカリになってましたがこれがまた美味しかったです。

シェラカップがタレ皿。

万能で優秀。

ぎゅうばらかるび!

雑に焼いても柔らかくて美味しかったです。

時間にして21:30も過ぎていましたがまだ周辺のテントも賑やかなので遠慮なく焼肉の匂いを漂わせていました。

白飯もおいしい…。

スマホは圏外だし特にすることもなく、また一日の疲れからか酔いも早かったのでそのまま眠ることにしました。
記憶が正しければ22時くらいに消灯。

朝。

寝ている間に時々目が覚めたりしましたが、意外とすっきりと起きられました。
というかまだ5時前。

明るかったので周辺を見て回りました。

設営状況。

ファミキャン勢。

ちょっとしたプライベートビーチ感。

テントの中から見上げる空が好きです。
一人用のテントなので外との距離が近くて、狭いのに開放感があるという不思議な感覚が味わえます。

05:48

少し早いですが早めに朝食をとってお腹を落ち着ける時間を確保するようにしました。

そういえばやっぱりお箸はあったほうが便利だなと前回思ったので確保したんですよね。
割り箸だともらい忘れたりするので。

食後に二度寝をして7時のチャイムで起きました。
意外とぐっすりと寝ていたようです。

今回はコーヒー豆とパーコレーターセットも持ち出してきました。

豆を挽いて。

4分抽出。

ちょっと薄かったけど煮えすぎて変な味になるよりはこっちのほうが好きです。

コーヒーを飲みながら寝具の撤収や荷物をまとめて少しずつ撤収していきます。

テントを畳んでいたところ声をかけられ、話してみたら海水浴場の監視員の方で、バイク乗りとの事でした。
やっぱりバイク乗りはバイクみたら声かけたくなるんでしょうね。

出発準備が終わったら先程声をかけてくれた方に見送られながら海水浴場を後にしました。
予定通りではありませんが泊まってみると気持ち良いところでした。

(長くなったので3ページ目!