第2回キャンプツーリング訓練に行ってきたという話。

スポンサーリンク
この記事は 1424 くらいで読めます。

青森では今日からねぶた祭が始まりますね、ミナヅキです。
いかがお過ごしでしょうか。

今回、8月1日~2日と1泊ほどバイクでキャンプツーリングに行ってまいりました。
例によって自宅から1時間少々のところでの習熟キャンプなのですが、やっぱり行ってみると面白いものでした。

8月ですよ!

さて、ミナヅキが計画しているキャンプツーリングは8月のシフト上の連休なのですが、まだキャンプ自体は1泊しか経験がなく、またその後に数点アイテムを買い足したりしていました。
これらの使い心地を含めて設営撤収の経験値を上げておこうと思い、再度習熟キャンプに出向くことにしました。

キャンプツーリングの練習に行ってきたという話。
暑い日が続きますね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 わたくし実は、昨日12日の夕方から今朝までキャンプの練習にと実際にテントを設営して外泊してきてみました。 タイトルの通りあくまでも練習なので、バイクで1時間程度の近所のキャンプサイトに行ってきただけですが、なかなか楽しかったです。 それと、予行練習って大事だなと感じました。

場所。

自宅から1時間半程度の海水浴場で宿営する事にしてみました。
というのも、8月1日は浅虫での花火大会が行われます。

位置関係的に見てこうなので、もしかしたら愛宕山海水浴場から浅虫の花火大会が見えるかもしれません。
花火をみながら晩酌とかいいじゃないですかー…ということでここに決定しました。

位置関係としてはバッチリ…だと思う。

準備。

積載済みの画像ではわからないので今回から追加されたアイテムを見てみましょう。

枕ですね。空気の分量で沈み具合を調整出来ます。

モンベルで一番安いシュラフカバーです。暑ければこれだけでも寝れるし、シュラフ単体で寒いときにはこの中に入れると保温性が期待出来るというやつです。
収納サイズも小さいので携帯しやすいですね。

前回持ち出したDODのポップアップランタンが不調なので調達しました。
充電式でUSB電源出力にも対応しているのでモバイルバッテリーとしても転用出来ます。
最終日にスマホなどの電源の予備として使ったりできそうです。

安いヘッデンも調達したのでバックアップランタンとして準備しました。
収納サイズがペラペラなのでバックアップとしては優秀でしょう。

インナーテントと自作グランドシート。
前回急遽調達をしたレジャーシートをインナーテントサイズに加工したものです。
あんまり大きいと扱いづらいのでほどほどのサイズで。

移動。

自宅を18時20分ころに出発。
ファミマで水分と食料を調達。

サークルK…。

そういえば保冷剤持ってきてない。

で、宿営地到着が20時過ぎ。
道中でちょっとだけ花火が見えました。

いざキャンプ。

設営。

対岸の花火が見えるはずなのでもしかしたらファミリーキャンプの一行が居たりするのかもしれない…と思って来てみたのですが、自転車の少年がいたくらいでほかは全くひと気がありませんでした。

っつーか風が強い。

駐車場からバイクのエンジンを停めて歩道をえっちらおっちらと押して見て回って、ほどよく土手の陰になっていて風当たりの弱そうなところに決めました。

フル装備のバイクをテント脇に入れるのは難しそうだったので歩道の上にバイクを置いて荷物を順番に手運搬しながら設営しました。
そういえば花火見えるかなー…

見えるけどほぼ撮影出来ないサイズ。

見えるけど見えない!
見えるなくもないけど楽しめる距離じゃなかったようです。
花火をチラ見しながら設営していたら30分かかりました。
真っ暗だし風あるし仕方ない。

風上側からグランドシートとインナーテントをペグダウンして風下側を固定して…
荷物も重りとして使って色々と飛ばされないように作業しました。
やっぱり予習と実戦の順番を踏むと訓練になりますね。
練習環境で風が強めな条件で良かったと思います。

設営が終わって軽くなったバイクをテント横まで持ってきて撮影してツイートして20時47分。
ちょうど浅虫の花火が終わったであろう時間帯でした。

さて晩酌をしよう。

お楽しみタイム。

コンビニが使えるツーリングキャンプだからこそできる食糧計画というわけです。

ゆるキャン△。

 

 


空焚きするのも気が引けたので少し水分…といっても飲んでたハイボール缶を少し入れて煮るようにして温めました。

煮たり焼いたり炊いたり蒸したりと色々使えるのでシェラカップ便利です。
取り分け皿にしたりタレ容器にしたりマグカップ代わりにしたり。
そのまま火にかけられるので簡単な調理であればクッカー使わなくてもいいんですよね、これ。

寝るモード。

思ったよりも涼しかったのでシュラフのファスナーを全部開けてブランケットのようにしてかぶっていたらそのまま寝落ちしそうでした。

折角今回からインナーテントの蚊帳を持ち込んでいるのでフライを開けたまま寝てみることにしました。

星空が見える状態で寝ていたので、ふっと目が覚めた瞬間に流れ星が走っていくのが見えてちょっといいものを見たな、と思いました。
流れ星なんて何年ぶりにみたかな。

起床。

5時前に目が覚めました。
さすがにちょっと肌寒い感じでしたがすでに明るいので、昨晩到着した時点でまっくらだった公園内を見て回る事にしました。

愛宕山海水浴場。

設営全景。

最寄りのトイレ。結構きれい。

駐車場の案内板。

海水浴場入り口。

入り口脇の橋の欄干…のサル。

駐車場と管理棟。

海水浴場。

遊泳区域のところまで桟橋がついています。

しばふ広場。

そういえば今朝も船の音に起こされたな…。

桟橋。

カラスって黒くて大きい文鳥だよな…

桟橋には滑り台。

いけす?

桟橋から遊泳区域に直接いけるのね。

昇り降り出来るぽい。

ミナヅキのテントが見えます。

青森市方面に客船が。

鯛島。

サギかな?

釜臥山のレーダーが見えます。

ぼっくり。

ヒナヒナしてる。

育つと目つき悪くなるよね。

海水浴場の外側。磯の匂い。

遊歩道があったらしい。

整備しないのかな。

ホネ。

土手を登る階段。

土手上から一望。


ツーリングするなら道中適当に食事が出来るので朝ごはんは簡単なもので良いのです。

朝食を食べながらツイッターを見ているとついつい時間が長くなります。

夜に肉と酒ばかりをかっくらっているのでコーヒーも温めて飲むのがよいと思います。
冷たいと一気飲みしますし(笑

撤収。

いい加減日差しが熱くなってきたので汗ばんできます。
でもテントやシートが乾きやすくてありがたいんですけどね。

帰路。

大間周りで帰ります。

本来は脇野沢から道の駅を通って野平に出られるのですが、燃料の残りに不安があったために川内までもどって給油を行い、川内湖を経由して行きます。

晴れた日の日中は気持ちが良い道路です。

道中に野平のキャンプ場があるので軽く偵察をしていきます。

駐車場が広くて、ドリフトの練習場所になっているようでした…。
すごく広いキャンプ場なのですが、ここが埋まることはないような気がします。

野平から福浦に抜ける道路には縫道石山への登山口があるので、そこの確認だけをしていきます。

ぬいぬい石山。

縫道石山やけ妙に景観が違うので存在感が違います。

縫道石山登山口。

道路のすぐ脇に登山口があるので自動車できて登れる作りでした。
秋になったら挑戦しにこようかな。

福浦の集落に入る手前でニホンザルの一群と遭遇しました。
こざる小さくて可愛いです。

その後は順調に大間まで快走。

お昼前の大間崎駐車場は平日にも関わらずほぼ満車でした。

その後も快走して無事に帰宅。

帰宅。

15:15。お疲れ様でした!

二日目の帰路はこういうルート取りになりました。
久し振りに脇野沢から佐井方面走りましたけれども、年に1度はやっぱり走りたいルートですよね。
バイク買ったばかりの頃を思い出します。

余談。

テントの設営と撤収、帰宅後の整備を数回繰り返していたらテントの綺麗なたたみ方が身についたようでパッキングサイズが小さくなってきました。
やっぱり慣れと場数って正直なんですねぇ…。