『黒石原付ツーリング』!

スポンサーリンク。
@gigimotorcycle / https://pbs.twimg.com/media/DiHGQJZUcAIBBu6.jpg:orig
この記事は 1246 くらいで読めます。

昨日は全国的に猛暑だったようですね、ミナヅキです。
いかがおすごされでしょうか。

そんな猛暑の予報の中、某バイク屋さんのツーリングに参加してきました。
ショップ系のマスツーリングへの参加は初めてだったのですが、終始笑顔の絶えない朗らかなツーリングだったと思います。

ツーリング企画ですか?

最初に話を聞いたのは、先日某バイク屋さんにお邪魔したときでした。

2日連続十和田ツーリング。
南東北でも梅雨明け宣言が出たようですね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 「南東北が梅雨明けしたなら実質北東北も梅雨明け」 というツイートを見かけたような気がしましたが、それを裏付けるかのように今日の日中は25℃を超えるような暑い一日でした。 さて、今回は水曜と木曜、2日分のお散歩ツーリングをまとめて記事にしてみたいと思います。 なんでまた2日続けて十和田行ってるんだろう。 我ながら不思議です。

概要。

で、どちらのバイクで行こうかと相談してみたところ

ですよねぇ~。
ということで、今回はTDRさんに乗っていくことにしました。
登りとか考えるとi8ちゃんのほうが楽だろうとは思ったのですが、はじめての集団ツーリングなので航続距離的なことも鑑みると余裕があるのはリザーブ込みで220km走るTDRさんのほうなんですよね。

当日。

朝。

実をいうと、ミナヅキ、前日は深夜1時までの勤務なので、帰宅して2時、そこから朝7時に起きると6時間少々の睡眠で少し不安があったりなかったりします。

こうだよ…。

夜中に足がつることはありませんか? | 同友会メディカルニュース
サッカーやテニスの選手が試合中に足がつり、トレーナーに伸ばしてもらっているのを目にしたことがあると思います。同友会メディカルニュース。予防医学を中心に役に立つ情報をお届けします。

集合場所9時から逆算すると少なくとも1時間前、余裕を持って1時間15分以上は確保したいので自宅出発は7時半から7時45分ころが理想…なのですがツイートしてる時点でジャスト7:45ですね。
とてもフラグ。

起きてから何をしていたかというと、バイクを引っ張り出してきて、
「あ、前回雨の中乗ってから手入れしてねぇな!」
「そういえば2stオイル補充せんとな!!」
「チェーンにルブ吹いてこすっとくか!!!」

とかいいながら手を汚していたらあっという間に30分。
前日2連勤(4暦日)あがりなので風呂にも入って無くて頭もかゆい。
「シャワー!最低でもシャワー!」

とかやってたらもうこんな時間だよ…。

ちゃんと出発したというツイートを残して走行開始。
今回はホルスターバッグに財布とロガーだけ入れてバイクは空身で移動。
多分雨はないはず。

バイクが身軽だと気持ちも軽くていいです。

十和田に向けてフルスロットル。
(※速くない

集合場所。

途中から農道に入り快走してきたところなんとか出発時間前に到着。

参加のみなさまに軽く挨拶をしながら改めて写真撮影をしたりとか。
ツイッターでお世話になっている六戸さんや佐々木△さんとも顔合わせ。

やはりTDRさんは
「実車はじめてみた」
「サイズ感ちょうどいいねぇ」
などのお声をいただき好評でした。

そうなんですよねぇ、サイズ感いいんですよねぇこのバイク。
1人でその辺乗って歩くだけならもう全然このサイズでいいんですよねぇ。
あともう少しパワーあればいいんですけどねぇ(語

原付ツーリングということで見事に黄色ナンバーとピンクナンバーだけ。
(厳密には一台青ナンバーのトライクがいますが

ここまでそろうと気持ちいいですね。

銅像茶屋。

上の方まで登ってくると連休の晴れ日ということでバイクはもちろん、行楽客が意外といました。

そういえばレストハウス箒場のところにもバイクがいて、ライダーの方が手を振ってくださっていたのでこちらのグループも「ウェーイwwwwww」と返事をしていたら直後に工事信号があって「わーwwwww」という事がありましたw
特に事故ったとかというわけではないのですが、バイク乗り、バイク乗り同士で手を振る癖があるのですが、前方には十二分に気をつけて楽しみましょう(^^;

広い駐車場の真ん中に横一列で停められるのいいですよね。
楽しい。

トンネルやスノーシェッドに入ると後ろからどう考えても250くらいの排気量のバイクの音がするけれども、ミラーで確認するとNチビ。
Nチビあんな音でるのか…。

そういえば各所で人気のNチビ、対向で見たことはあるんですけれども、実車をまじまじと見たのは今回が初めて。
TDRさんよりもずっと小さくて脚付きも良さそうでかわいいバイクですよねぇ…とは思ったのですがどうみてもレースポジションで楽ではないですよね…。

でもなんだろうこのプラモデルみたいな感じのバイク。
弄って遊ぶなら楽しそうです。
4miniと通じる雰囲気があるかもしれませんね。

ここから先行は平均速度的に大変なトライクが先に出発、NSRとKSRの2st二台は攻めながら先行、残りはまったりと黒石温泉郷のローソンまで下ります。

休憩。

浅瀬石川ダムの方向をみて「あ、ここか」と座標確認をした下北民です、どうも。

休憩をしながら道路を見ているとやはり十和田湖方面に登っていくバイクが多くみられて連休だなぁという気分になります。
バイクが多い、ツーリングスポットのコンビニってぼんやりとしてるだけでも楽しいですね。
結構大型の空冷バイクが多かったり、定番どころのBMWがいたり。
あぁでも下北方面はR1200GSとかのアドベンチャー系が多いのですが、こちらはRnine系とかのスポーツ系がちらちら見られる印象でした。

さて、ここまで下ってくる道中、先行していたトライクには追いついたものの、その先が自動車でつまり気味でした。
本隊はほぼまとまって走っていたのですが、2stのミナヅキが最後尾でグループを見渡しながら走るのは思っていたより楽しいですね。

トリシティ125が4台参加しているのですが、トリシティ組は後ろからみてもボリュームもあり、安定感もあるのでどっしりとした走りで一糸乱れぬ隊列を組み、なかなかスマートでかっこよく見えます。
同じバイクのワンメイクの集団ってなんかかっこよさ割増になりますよねぇ。

ここから黒石の市役所へ移動になります。

クラシックカーフェスティバル。

原動機付き自転車なので自転車小屋への駐輪となります(?)

2st組は車格のせいかなんとなく一緒になるんですよね。

しかし黒石市内は暑い。
クラシックカーミーティングは、もはや恒例イベントとなっており、落ち着いた雰囲気の中で開催されておりました。
まぁおそらく行った人が写真撮りまくってたりするでしょうからわざわざ撮るまでもねーなと思い特に車は撮ってきてないのですが(ぉ

焼き鳥とゴエモンバーガーです。
屋台ではゴエモンとして書いて無くて「なんのこっちゃ?」と思ったのですが、屋台のテントの上のほうにポップが吊るしてありました。
目線より上のものって意外と見えないんですよ…。

青森・黒石市のこみせ通りにアメリカンダイニング 県産牛ハンバーガーなど提供
青森・黒石市の理右衛門小路内に6月25日、ダイニング「GOEMON(ゴエモン)」(黒石市中町)がオープンした。

現地の方には有名かもしれないのですが、正直初めて聞いたので屋台の売り子のおねーさんに「え?」という顔をされたときはこちらも「え?」というリアクションをしてしまいましたwww

ボリュームがあってジューシーで美味しかったです。
肉汁やソースでグダグダになったバンズが良いねというタイプのハンバーガーですね。

他の方はかき氷とか食べてました。
暑いですもんね…。
にしてもでけぇかき氷だ。

会場の雰囲気です。

そういえば自衛隊も73小型トラックを始めとして色々並べていました。
どうせなら県警も白バイとか並べればいいのに…。

しかし定番のイベントとなっているためか、参加車両が多くて見飽きないですね。
これ系の、例えば下北でやってるクラシックカーイベントとかだと端から端までは割とすぐに見終わってしまうのですが、このイベントですと街並みの雰囲気も相まってか非常にまったりと歩き回ることが出来ます。

今ふと思い立って画像の撮影時刻から追ってみたのですが、駐輪場が11:23で焼き鳥持ってる画像が12:27なので約1時間歩いていたんですねぇ。
あんまり実感ないのですが、そうか、そんなに濃ゆい時間だったか…。

一段落したら今度は田んぼアートを見に行きます。

道の駅いなかだて。

田んぼアートを見に来ても、まぁある意味ここも定番スポットでニュースやネット記事で見るので画像撮ったりしませんでした(笑

展望台に登ったのは3人だけでしたが、上から津軽平野を見下ろしてまったりしておりました。

駐車場広いとジムカーナとか出来るよねという話とかしてました。
三角コーンいっぱいあるし(笑

戻ってみるとみんなでなんかお餅的なものを食べていました。
見た目以上に甘くて水分を奪われたとかでてんやわんや。

あと駐車場で遊びすぎないようにしましょうw

途中で給油して次の休憩場所に移動です。
しかし広い3車線の道路を隊列組んで走るの楽しいですね…。
なんとなくハーレーの集団の気持ちがわかった気がします…原付の集団なんで静かなものですが(笑

道の駅虹の湖。

みなさんお待ちかねのソフトクリームタイムです。

ここはバニラとりんごとミックスが選べるのですが、フルーツ系のソフトクリームって柔らかくもなければクリームでもなくて、どちらかというとジェラートっぽくなるんですよね。
好き嫌いあるかとは思うのですが、個人的にはジェラートっぽいのよりはやっぱりクリームな感じのほうが好きだったりするのでミックスを選びました。

この辺の自覚って、去年山形キャンツーの帰りのはちもりあたりで身についたような…。

【人生初】山形県突入キャンプツーリング!
バイクツーリングのハイシーズン、いかがお過ごしでしょうかミナヅキです。 今回は年始めから目標としていたキャンプツーリングに行ってきました。 さすがに予定通りには進みませんでしたが、それでも良い景色に恵まれ見知らぬ土地と道路を楽しんでくる事ができました。

ここから2stの二台は着替え(!?)をし、攻めながら先行、登りがキツイカブ組とトライクも先行で、残ったトリシティ組とミナヅキはまったりと渓流館を目指します。

渓流館。

キツイことはわかっていたけれども登りの巻き返しカーブが続くと本当にキツイな…w

それに比べると排気量的にもコーナリング限界的にも余裕があるトリシティ組はスイスイ登っていきます。
あれみてると楽そうでいいですねぇ…。
飛ばすほどでないにしても登り楽なバイクっていいですよね。

まぁそれに標高高くなるとキャブ車ってどんどん辛くなりますからね…。

ということで登りはきつかったのですが御鼻部山展望台くらいからの下りとカーブのミックス、102号バイパスのまでたどり着くとあとは快走でした。
気持ちいい!
登り頑張ったぶんのご褒美という感じです。

先行するトリシティ組をよく見ることでカーブの加減などが先読み出来るので気持ち的にも余裕が出て、体がこわばるということもなく余裕をもって走る事が出来ていました。
先導してもらえると楽しいですね。
(ついていくのが大変なペースで先導されるのは逆に危険なんですけどね、追いかけすぎるので

で、渓流館で休憩をしながら流れ解散です。
といってもほとんどの人はお店まで戻ったりするようですが。

最後尾、2stのTDRさんが走るとその後ろの乗用車が車間距離を大幅に開けてくれるのでセーフティクリアランスばっちりです。

ツーリング終了。

Nチビがキャブをバラし始めて、鬼キックに励んだり押しがけをがんばっていましたが結構長い時間かかっていたような(笑
どうやらプラグが弱っていたようで、火花は飛んでいたのですが、あたらしいプラグに差し替えたらすんなりと再始動。
「よい火花」とはよく言ったものです。

で、うだうだグダグダと雑談をしながら18時半に解散。

帰宅。

帰りは農道から七戸の道の駅までまっすぐ抜けて帰りました。

ログはミナヅキの出発から帰宅までなので数字としてはツーリング本編より少し大きくなりますが、約11時間45分で280kmのツーリングでした。
十和田往復120kmくらいあるからツーリング自体は160kmくらいなのかな…

なるほどですね~。

でもみんな口々に疲れたといっていたのですが、どう考えてもツーリングの疲れよりは気温の高さからくる疲労なんだと思います。

ミナヅキも帰宅してシャワーあびてご飯たべたらツイッターもそこそこにバタンキューしました。

お疲れ様でした!
また機会があったら参加したいツーリング企画でした。
原付をサブでも抱えていて原付縛りのツーリングに参加する方ってやっぱりどこかおおらかな感じの方が多いのだろうかなと思いました。
楽しかったです!