道の駅津軽白神ツーリング。

スポンサーリンク。
この記事は 935 くらいで読めます。

猛暑日が続きますね、ミナヅキです。
いかがお過ごしでしょうか。

ついに8月ですねぇ。
北東北、青森では暑い暑いと言ってられるのもあと僅かなのかなと思ってみたりもします。

さて今回は急遽半日休となったので、昨年11月に新たに道の駅として登録されたと話題になっていた道の駅に行ってきました。
あつぅい!

西目屋村に道の駅「津軽白神」誕生/青森県内28カ所目|観光・イベント|青森ニュース|Web東奥
国土交通省は17日、新たな「道の駅」として、青森県西目屋村の「津軽白神」など15道県17カ所を登録した。県内の道の駅登録は「ろくのへ」(六戸町)以来10年ぶりで、28カ所目。

に し め や 。

道の駅にしめや?

いいえ、正しくは「道の駅 津軽白神」ですね。
ついの今しらべて知ったのですが、確かに西目屋にはあるんですが道の駅にしめやではないそうです。

道の駅津軽白神 - Wikipedia

西目屋村の物産センター「Beechにしめや」(ビーチにしめや)に、24時間利用できる情報提供施設「津軽白神インフォメーションセンター」を新たに整備して、2017年(平成29年)11月17日に道の駅として登録されている

ということで、もともとあった産直施設が道の駅として昇格したような感じですね。
これ非常に重要な事なのですが、各地に点在する産直施設やお土産売り場が道の駅として登録された後のお客さんの増減ってどうなっているんでしょうかね。
おそらくはどこかで取りまとめてデータとして公表されていそうですが、大方道の駅として看板を掲げる事になった場合には観光客の流入は増加するんだろうなと思うんですよね。
道の駅というだけで他の産直施設とは比べ物にならないほど扱いがよくなりますからね、地図やナビ、道路案内標識など、とにかく目立つようになるわけです。

気が向いたら調べてみたいネタですね。

出発。

ということで着替えをして11時半過ぎに出発。
この時点で十分暑い。

常夜灯公園。

不審船とか言うなや。

青森県 野辺地町ホームページ -Noheji Town Official site
青森県野辺地町のホームページです

ここ何ヶ月かの話題かと思っていたら4月末のことだったんですね。
全然気づきませんでした…。

よく見ると梶の機構などが見えます。画像ではわかりづらいですが。

ドローンを飛ばして撮影している方がいらっしゃいましたが、もしかしなくてもミナヅキ、写り込んだと思います。
お邪魔しました。

夏泊半島。

年に1度はツーリングしておきたい定番スポットです。

本当に走り抜けるだけなんですけど、突端の海沿いって視界がひらけていて気持ちいいんですよねぇ。

あとここは海の色が綺麗なんです。

椿山海水浴場ではタープやポップアップシェードなどを設置してリゾートを満喫している親子連れやグループが数組いました。
夏ですね。

ツーリングキャンプの練習として昨年初めて泊まったのがここだったので懐かしいです。

キャンプツーリングの練習に行ってきたという話。
暑い日が続きますね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 わたくし実は、昨日12日の夕方から今朝までキャンプの練習にと実際にテントを設営して外泊してきてみました。 タイトルの通りあくまでも練習なので、バイクで1時間程度の近所のキャンプサイトに行ってきただけですが、なかなか楽しかったです。 それと、予行練習って大事だなと感じました。

道の駅なみおか。

今日は国道7号バイパスで青森市内をぐるーっと回って抜けてきました。
ひたすらにまったりとしたツーリングです。

あの辺いつも気温高いんですよね。
風通し悪いからでしょうか。

本当に暑くて、休憩しようと思った時点でもう存分に汗かいてるんですよね。
缶のフタを開けてから飲み干すまで一瞬でした…。

道の駅に「行ったことがある」というだけなら結構いろんな道の駅には行ってはいることになるのですが、そこで「ちゃんと休憩してご飯たべて」となるとまた話は別だなぁと感じる今日このごろ。
大体はトイレと水分補給と物産コーナーを見て終わるので、レストランなんかは入ったことがない場所ばっかりだったりするんですよね。
大体いつも混んでたりしますしぃ…。

ということでざる中華です。

お蕎麦とちがってつるつるな麺なので口当たりとのどごしが一層さわやかなんですよね。
あと麺に弾力性があるあたりでしょうか。
少しかために茹でて水でしめてあると美味しいと思います。

ところで。

4巻 103ページ (C)あfろ・芳文社

メバル膳のイカ刺しのときもそうでしたが、最近は付け合せの食材にやられている気がします。
でも多分これミニ丼だから美味しいのかもしれない疑惑も…。

ということで45分ほどしっかりと休憩をして再出発。

道の駅 津軽白神。

道の駅なみおかからは津軽平野の穏やかな景色を楽しみながら国道7号をひたすら南下。
道路も広いし走っていて気持ちがいいんですよね。

弘前市に入るとちょっと交通の流れが速くはなりますが、青森市内のような混雑はしないので案外すんなりと抜ける事が出来ます。

で、給油をすませ県道28号線に入ります。

で、そのまま真っすぐはしると割とすぐ到着します。

気分爽快!西目屋村の水陸両用バスで「津軽白神湖」を満喫 | まるごと青森
気分爽快!西目屋村の水陸両用バスで「津軽白神湖」を満喫。まるごと青森では、青森県の観光・物産・グルメなどを「まるごと」ご紹介します。

ここ1年ほどで話題になっているあれですね。
全然予想していなかったのですが、ざっくりと駐車場に停めてありました。

道の駅の施設で受付やってるんですね。

ノルマ達成。

このふじさきラズベリーファームというところのジャムはミナヅキのフォロワさんと関わりがあるところなので、見かけたら買ってみるといいと思います。

ふじさきラズベリーファーム
農薬不使用でのラズベリーの栽培 ラズベリー ブラックベリー カシス イチジク タラの芽 手作りジェラート無香料、無着色 青森のこと、いろいろ

※県道28号とは

青森県道28号岩崎西目屋弘前線 - Wikipedia

フラットに言うと、ずっとダートで有名な道路です。
あとよく通行止めになる。

例に漏れず今回も通行止めなう。

いつかTDRさんでは突撃してみたいとは思ってはいるんですけどねぇ…。


帰路。

帰りは津軽よされライン経由で空港裏を抜けてみちのく有料道路を通って帰りました。

青森県道路公社

あくまでも料金所を通行するための料金で、軽車両であるリアカーや原付一種バイク、自転車や徒歩は途中にあるトンネルは通行出来ないんですよね。
地味に林道や獣道が存在していてそれらで迂回できる作りになっていたりとかします…が、そこまでして通ろうという人は、なかなかいないと思います…。
ということで原付二種バイクは軽車両等の枠で80円で通行出来ます。
やったね!

料金所を抜けてすぐのところの駐車帯で休憩をしていきます。
なにせ二輪は小銭の出し入れに手間がかかるのでゲートの手前で料金を準備し、その後にグローブをつけなおしたり領収書をしまったりといちいち停まる事があるのでいっそここで休憩していってしまうのがテというわけです。
焦ると小銭ばらまくことになるといいますし…。

いくらシールド越しとはいえども気分がいいものではないので、スクリーンから目をそらしながら走ってたりします…。

帰宅。

ということで、県内すぐそこといいながらゆっくりツーリングしてきたら結局いつもの時間に帰る感じになりましたが私は元気です。

道の駅でご飯食べながらダラダラとツーリングするのも楽しいですねぇ。
今年はあと何回、この暑い中ツーリングに行けるのかなぁとちょっとしんみりします。