【2019年走り初め】尻屋崎お散歩ツーリング。

スポンサーリンク。
この記事は 947 くらいで読めます。

ということで毎年恒例の尻屋崎お散歩ツーリングに行ってまいりました、ミナヅキです。
いかがお過ごしでしょうか。

今年は例年に比べて乗れてないなぁ~と感じていたのですが、昨年の記事を読み返してみたら別に思ったほど遅いわけでもないようです。

っていうか通勤とかでi8ちゃんに乗ってるのでバイク自体は意外と乗ってるんですけどもね…。

【2018年走り初め】尻屋崎お散歩ツーリング。
ということで毎年恒例の尻屋崎お散歩ツーリングに行ってまいりました、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 ツーリングの季節がやってまいりました。 まだまだ温かいとは言えない季節ですが、結構バイクを見かけるようになってきたので、やはり皆さん春を心待ちにしていたのだなぁと感じます。

恒例行事ですよっと。

もうここまでくるとジンクスというか意地というか、そういう勢いで毎年の乗り始めは尻屋崎と決めているので、今回も尻屋崎に目的地を設定して走ってきました。

いや、ほんと自宅からちょっと遠回りして走るといい距離にあるんですよね、尻屋崎って。
で、年度初めで乗り出し前整備をしてからの実走確認も兼ねているので、最悪出先でトラブルが発生して止まってしまってもロードサービスで帰ってこれる距離といいますか…。

3月5日 整備。

という感じで、今回はエンジンも簡単に始動してますし、ホーンボタンの脱落は早急に対処するべき問題だったので一番最初に手をつけました。
いざというときに自己主張出来ないとバイクは死にますからね…。

ちなみに今回はキャブレターは開けてないです。
とくに漏っているでもないものを無用に開けるもんじゃないなということで…。

出発。

予報としては気温も高めになると知っていたので、お昼くらいにずんどこ出発。
今年の走り始めは23683kmから。

泊。

泊地区への分岐にあるイカのモニュメントですね。

海側に降りて行けそうな道路があったので入ってみると堤防にそのまま上れる感じになってたのでここで1枚。

猿が森砂丘とはまた違いますけれども、ここの砂浜も地形図的には八戸までずーっと続いている長い砂浜です。

2015/08/25 撮影。月山より

ところで。

とある速度になると後ろ方面から周期性のある振動が足の伝わってくるんですよね。
気になって停止してみてリアホイールを揺すってみたところ微妙に遊びが…。
おおよそハブベアリングかなぁという感じのところ。

ハブベアリングからの振動と異音は以前にも経験済みだったので、なんとなく察しがつくんですよね。

今日は距離走らないはずなのでとりあえずそのまま走行を続けます。

田沢湖ツーリング。
お盆は遊び倒しておりました、ミナヅキです。 仕事も繁忙期といえば繁忙期ですが、その分連休なんかもありまして、ツーリングを満喫するチャンスだったりします。 そんなシーズンの8月11日は山の日という祝日でした。 偶然にも非番なので朝早くから張り切って、秋田県は田沢湖までツーリングしてきました。

滝的なスポット。

以前弊サイトの問い合わせフォームから
「泊漁港を海沿いにずっと行ったところに洞窟のようなところがあり、その先に滝があるような場所がありましたけど、わかりますか?」
的な問い合わせがありました。

恥ずかしながらミナヅキは知らない場所だったので、検索して該当する記述のあるサイトを返答としましたが、今回はここを実際に見に来てみました。

泊漁港から国道へ戻る新設の陸橋ですね。
この脇を抜けて海沿いに走ります。
未舗装路になります。
フラットフラット。

陸橋をかわして道なりに走ると目と鼻の先に岩の裂け目が現れます。
バイク乗りなのでヘルメットは被っているものの頭上注意…。

岩の裂け目を抜けると海沿いにはカニを拾いやすそうな千畳敷的な岩畳の海岸が見えます。

そのまま道なりにすすむと密漁監視小屋があり、小さな川に行き当たるのでこの辺でバイクを停めて川沿いに少し登ると…。

滝があります。
規模としては小さな滝ですが、こんな海の真ん前にこれほど落差のある川って珍しい気がします。
浸食か、はたまた地盤沈下なのか。

白糠北。

泊を抜けて白糠トンネル手前を右折、旧酷道を経由して白糠地区を抜けたところでなんとなく右折してみました。
すぐに東通原発の敷地のゲートがあるんで浜のほうに降りていくしかないんですが、ここから東通原発の建屋が見えるんですよね。

そういえば白糠の松楽のところでチャリダーさんが店内に入っていくのをみたな…。
あそこ結構クチコミよさそうなんだけどまだ一回も行った事ないな、うん。

松楽
★★★★☆ · 寿司店 · 白糠垣間19

通りの自販機。

ついに撤去されてました。

ここはバイク乗りだしたその日から通るたびに必ず足をとめてコーヒーを飲んでいくスポットになっていた、思い入れのある場所だったんですが…。
仕方ないですよね、管理大変でしょうし。

初めてバイクに乗った日。

初めて遠出した日の帰り。

お世話になりました。

尻屋崎。

やはり定番のスポットなのか、バイクと数台すれ違いました。

今回は風もあまり強くなくて穏やかな天気だったのでぼんやりとしやすい感じでした。

作業員の方々がわちゃわちゃしています。

灯台から少し記念碑のほうにいったところでクルーザーを停めて座り込んで黄昏れているライダーさんがいました。
尻屋崎の雰囲気を気に入ってもらえているようでミナヅキ的にも嬉しく思ったりするわけです。

寒立馬は東側のいつものスポットに集まっていました。

下北半島縦貫道路交点。

南側。

進んでいるようであんまり進んでいない、でもちょっと進んでいるのが下北半島縦貫道路のむつ南バイパス区間です。
ここずっと工事してるような気がするけど、下北半島縦貫道路は野辺地側から攻めてきているのでここはゆっくり工事なんでしょうかねぇ…。

ちなみに少し前にこういったツイートが流れていました。

どうやら31年度中にむつ南バイパスの一部区間は開通させるようです。

おそらくこの区間ですよねぇ。
実際にはこの部分だけの開通ですと、むつ市内<>尻屋方面の行き来にちょっとだけ利便性が出るくらいにしかありがたみがないような感じもしますが、まぁそれでもここだけで完成という路線ではないのでその先の開通も心待ちにしたいところです。

グランドホテル前の道路、勾配もありますし曲がってるんで通行難所ですからねぇ…。

ここだけやたら立派な道路。

品ノ木 – 大曲線。

続いてむつ南バイパスの残りの区間ですね。
この農道と併走する形になっているため、ずいぶんと昔から土盛り工事が始まっていたのですが、ようやく線形全体が見えるようになってきました。

こうやって見てみると大きなクエスチョンマークのような形になっていますね。

むつ南バイパス区間が開通するだけでも利便性は全然違うんですけれどもねぇ…。
柳町のユニバース行きやすくなる(笑

ということで。

地元の道の駅に戻り缶コーヒーを飲んで帰宅しました。

距離で143kmほどでした。
幸いトラブルもなく普通に帰ってこれましたが、やはりリア方面からの振動はベアリングで間違いなさそうです。
後半になるに従ってキュッキュと金属のボールが擦れるような音が聞こえるようになったので、以前のときと同一の症状だなと。

あ、ところで、GPSロガーをiOSのもので試験走行してみました。
一応GPXファイルの書き出しも出来るので、帰宅後にGoogleMapsやカシミール3Dで確認することもできます。

登山・防災用GPSオフラインマップアプリ:SkyWalking – The GPS Logger オフィシャルサイト – 位置情報や地形図をビジュアライズして楽しもう。登山・防災用GPSオフラインマップアプリ

ところで。

こっちどうなってるんですかねぇ…。

http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-hyouka/20sinki/1_h19_019.pdf