田沢湖ツーリング。

スポンサーリンク
田沢湖ツーリング。
この記事は 105 くらいで読めます。

お盆は遊び倒しておりました、ミナヅキです。

仕事も繁忙期といえば繁忙期ですが、その分連休なんかもありまして、ツーリングを満喫するチャンスだったりします。
そんなシーズンの8月11日は山の日という祝日でした。
偶然にも非番なので朝早くから張り切って、秋田県は田沢湖までツーリングしてきました。

遠足前。

実は今月の頭にバイクのフロントタイヤ交換をしてました。

慣れれば簡単…慣れれば。

あとリサイクルショップでメッシュジャケットも調達して、さらにライディングシューズも新調。
これはもう遠出しないと罰があたる!とわけのわからないことを数日くらい前から言っていた気がします。

たぶんこのシリーズ。

前日の仕事中からGoogleMap眺めてニヤニヤ。

それにしたって700㎞14時間は詰め込みすぎですね。
そんなに走ったら東京ついちゃう…

当日。

早起きして出発すると宣言していたので22時くらいにはベッドの中へ…

が、楽しみにしすぎて眠れない。
ようやく寝付いたと思ったら1時間おきに目が覚めてしまって、その都度時間を確認して夜明けが待ち遠しくて仕方がないという状態でした。
小学生か…

で、何度目かの中途覚醒のときに空が白んでいるのを確認。
もう寝てられない!と飛び起きていそいそと着替えて玄関先を出発したのが4時半。

4:17
4:17

4:17

近所のローソンに立ち寄り眠気覚ましドリンクを購入していざ出発!

トラブルその1。

実は前日に「メーターケーブルがすっぽり抜けていた」という微妙なトラブルがあって、暗くなるまで作業していたのですが、その際に着け外しをしたフロントウィンカーがどうやら接地していないようで。
野辺地で気づいて平内PAで対策。

DSCN1613
DSCN1613

日が昇ってきたね。

直ってよかった。

トラブルその2。

野辺地に入る前に燃料コックをリザーブに切り替えてました。
だってそんな朝早くから開いてるガソリンスタンドが町内にないので、青森まで頑張ろうという計画で。

そしてガス欠。
そしてガス欠。

そしてガス欠。

青森市に入って最初のサークルKのところですね。
真向かいにコスモ石油が見えてますが、どうやら6時過ぎでもまだ開かない様子。
おにぎりとコーヒーで一息ついて1.3km先の24h営業のガソリンスタンドまで押すことにしました
(;・∀・)

バイク乗るようになって3年目ですけど、初めてガス欠で押したよ!よ!
軽いバイクだからそんなに辛くはないけれど。

24時間営業とか神ですか。

深浦町。

深浦町は日本海を楽しみながらゆったりとツーリング出来る道路になっています。
景観がよいのでゆとりの駐車帯の展望台で写真を撮影。

絶景かな。
絶景かな。

絶景かな。

とかやっていたら隣にハーレーのおぢさまが来て「こんにちは」と。
そこからしばらく話し込むことに。

排気量差がすごい。
排気量差がすごい。

排気量差がすごい。

竜飛をめぐって地元福島までの帰省ツーリングだそうです。
いいですねー。

釜谷浜海水浴場。

途中休憩や給油をしながらずんどこと南下。
サークルK三種八竜店で軽く缶コーヒーをやっつけ、すぐそこの交差点を右折、国道101号線。

第一目的地の入道崎灯台へは101号線をずーっと南下していけばよいはずなのだけれども、途中で曲がる道を間違えてそのまま海水浴客でにぎわう海水浴場へ。

でもよく見渡してみるととっても風車が並んでいて壮観。

でも泳ぎに来たわけではないので写真だけ撮ってそそくさとルート復帰。

入道崎灯台。

秋田県は男鹿半島のさきっちょです。
バイク乗りは基本的にさきっちょが好きです。

出発してから7時間280kmで到着。
時刻は11時半を過ぎていたところ。
ここでご飯でも食べていこうかなぁと考えてはいたけれど…

人多すぎ問題。
人多すぎ問題。

人多すぎ問題。

どちらかというとひたすら走りに来ているので特に観光もせずに田沢湖を目指すことに。

そういえばこの近所に安全寺というなんだかご利益がありそうな地名があるんですよね。

田沢湖。

途中曲がりそびれて軽く国道から外れてニュータウンに迷い込んでみたり、休憩で立ち寄ったローソンにドゥカティスクランブラーが停まってたりとか。

Ducati Scrambler
Ducati Scrambler

Ducati Scrambler

よくよく見たらパパさんライダーと小さな女の子の親子ツーリングでした。
いいですねぇ。
思わず「どちらまでですか?」と声をかけてみたりしました。

(最初XSR900かなって思ったのはここだけの話。黄色いし

YAMAHA XSR900
YAMAHA XSR900

YAMAHA XSR900

(黄色いし…

で、田沢湖。

十和田湖と違って通い慣れているわけでもないので、お土産売り場や食事処がよくわからず、適当なところで停まったお店がここでした。
うどんとか書いてあったし。

ところで田沢湖は遊泳区域があって泳ぎに来てる人たちがいるんですね。
十和田湖も水上スポーツはありますけど、泳いでる人たちはあんまり見かけないような。
ちょっと新鮮でした。

Jpeg
Jpeg

レストラン駐車場から。

レストランは、うーん、旅館ホテルのロビーの一角をつい立てで区切っているような感じ。
静かで落ち着くといえば確かにそうですけれども、ちょっと活気がないというか寂れ…いやいや。

窓際の席の眺めは良いです。
窓際の席の眺めは良いです。

窓際の席の眺めは良いです。

きりたんぽ鍋セットなんかもありましたけれども、この日気温は30℃超え。
標高高いので多少涼しくなるとは言ってもそれでも暑いのでさすがに名物といえども鍋という感じでもなく、稲庭うどんの単品を頼んでみました。
(そばうどんはどこで食べてもそんな大げさにマズいということはないような。

イナニーワ
イナニーワ

イナニーワ

少なく見えますがそれでも食べてると満足感はありました。
とぅるとぅる。
これで870円。観光地価格とみるか、妥当とみるか。

田沢湖もチラ見したし、観光地で食事したので後は帰りますよ。

道の駅雫石あねっこ。

国道46号線のちょっとしたワインディングを楽しみながら走ると賑わっている道の駅が。
田沢湖でお土産の調達もしていなかったのでここで買うことに。
駐車場では警備員さんの誘導もあって、休憩所の目の前のバイク専用枠に。
Ninja1000やCB1300とならんで停まるTDRさん…

トラブルその3。

なんだか途中からリアタイヤ方面からキュッキュと鳴き声が聴こえるなぁとは思っていましたが、道の駅を出て少ししたところで異音が大きくなりだして、しまいには「ギョロギョロギョロギョロ」と盛大な音をたてるように。

慌てて路肩に停めて、押したり引いたりして異音の特定。
うーん、ブレーキまわり?キャリパーピン固着で引きずってる・・・?

少し後ろに転がしてから走り出すとまたしばらくは静かなんですけど、エンジンブレーキなんかでバックトルクがかかると鳴き出すような感じ。

そのままではさすがに気になりすぎて帰宅できないので、近場のホームセンターでグリーススプレーを購入。
駐車場で押したり引いたりしながら調整。

多少はマシになったかな…?

小岩井農場。

 

なんとなく選んだルートが小岩井農場の通りだったらしく、観光客が道路沿いでひまわりを撮ってました。
みんな向こう側向いてるんですけどね…

今度ゆっくり訪ねてみたいところですよね。

写真を撮って17:20。
おおよそ盛岡近辺なのでまっすぐ帰ればそんなに遅くはならないはず。

道の駅石上の丘。

休憩でトイレと缶コーヒー。

自転車置き場に自転車がたくさん停まっていたのでみてみると東日本縦断中だとか。
この季節は自転車ツーリングの人も多いですよねぇ。
バイクで日帰りツーリングしてるミナヅキよりもずっとずっと距離走ってる人がたくさん。

Jpeg
Jpeg

なんか10台くらいのキャラバンでしたよ。

ここで18:30くらい。

道の駅とわだ 。

少し手前くらいから急に尻の下でゴトゴト言い出して焦る。
どうもリアホイールがカクカク動いているようなので、あまり考えたくないけれどもホイールベアリングが原因な予感…

道の駅にすべりこみ、明かりの下でリアホイールをゆすってみるとやはりコトコトと触れる感触が。
これ、無事に帰れるんですかね…?

点検をしていると、「どうしたんですか」と道の駅の軒下から男性が。
「いやー、かくかくしかじかでー」と説明をすると、男性もホイールをゆすって「ベアリングっぽいですね」と意見の一致。
その男性、自転車で来ていたようだけれども、関東かららしく、自転車とは別にバイクで何度も北海道ツーリングをしている経験があるので青森県の東側には詳しい様子。
あれやこれやとつい話し込んでしまい、気づいたら21時過ぎ。

あれ、道の駅ついたの20:30くらいじゃなかった…?

以前ダチョウ肉売ってましたよね…とわだの道の駅。好きだったんですが。

無事帰宅。 

18時間660km
18時間660km

18時間660km

いやー、なんだか気合いれすぎて疲れた気がします。
全行程18時間ですけど停まっている時間が長く、実際の移動時間は13時間15分程度なので5時間くらいは休憩したり整備したりという感じだったのだろうなというところです。

帰ってきたのは22:30。

バイクはベアリングが不調だし、まさに満身創痍といいますか。
そのままお風呂入って寝ました。
楽しかったですけどねー。

バイクの調子が悪くなく、もう少しトントンと進んでいたら日本海側から太平洋側に抜けていた気がしなくもないですが、それはまた別の機会に。

後日談。

翌日金曜日、仕事の合間に純正のベアリングを二つ、Webikeの純正部品通販で頼んだところ、即日出荷され、土曜日の午後には届いたので、夕方から仕事の合間を使ってすぐに交換しました。

やはりリアホイール右側、リアブレーキに近いほうのホイールベアリングが中で破損しており、そのベアリングボール同士が擦れて鳴いていたようで。

で、その破損したボールベアリング、いざ引っこ抜こうとしたらアウタースリーブが残ってしまいてんやわんや。

職場近所のホームセンターに何往復かして、ねじやボルトで応急工作した冶具でなんとか叩きだすことに成功。

作業おわったのが実に6時間後だったという、大掛かりな整備となりました…
バイクばらしたままおけないので、夜勤終わったらそのまま治るまで徹夜していく覚悟もしたんですが、なんとか当日中に終わって一安心。

古いバイクの維持って大変ですね。