2018年はどこに行こうか?という話。

スポンサーリンク
この記事は 414 くらいで読めます。

新年二日目、初夢を見ることは出来たでしょうか?ミナヅキです。

新年という事で、今年の目標といいますか目標という程ではなくても
「今年はどうしようかな~?」
という事を考えるにはちょうどいいタイミングといえます。

ミナヅキはやはり年間を通しての楽しみといえばバイクに乗っかってのツーリングですので、例年通り
「今年はどこにツーリングにいこうかな?」
を考えてみたいと思います。

冬眠中のバイク乗りは枕の下にツーリングマップルを敷いて寝る。
乗れない時間が夢を育てるのさ、ミナヅキです。 なんだこいつ恥ずかしい。 青森は数日前からすっかり雪景色です。 「最強寒波」と表現された最強に強まった強靭な寒波が東日本を覆っているようです。 雪景色になるまでは「1月だけど道路乾いてるし充電という名目でバイク乗っちゃおうかなー?」と言いつつ結局忙しくて乗れてなかったのですが、いよいよ本当に乗れない時期になってまいりました。 そんな北東北のバイク乗り、降雪地帯のバイク乗りの冬眠期間の過ごし方について今回は書いてみようと思います。 (ミナヅキだけかもしれませんがそこは置いといて…

まずは昨年の実績を振り返る。

というのは年末の記事で行っていますが

2017年のツーリングを振り返るなど。
年末恒例記事ということで。 年の瀬、仕事納めが済んだ方も多いのではないでしょうか、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 今年はシーズンイン前から「キャンプツーリングに行く!」と目標をたて、無事に達成出来ました。 装備品を揃えるところから初めて、ガス欠をしたりもしましたが、一応3000kmは走っていたようです。

改めて視覚的に見てみると下の画像のようになります。

大まかにみると海沿いを主に走っていたようです。
岩手の沿岸はある種通い慣れたような印象も出てきましたのでそろそろ岩手県の内陸部や、秋田県側を主軸にして年間計画を考えてみてもいいかもしれません。

もう少し細かく見てみると

内陸に足が及んでいないのがよくわかります。

鹿角市や仙北氏、大仙市など秋田の山寄りにもまだ街があります。
大仙市なんて結構平野が大きいように見えますねこれ。

岩手県は国道4号沿いに市街地が広がっていますが全くと行っていいほど未踏ですね、バイクでは。

目的地となりうるスポットを探す。

紙地図で探す。

こういう資料があると観光地やグルメなどの下調べをし易いと思います。
まぁ観光地といっても大まかな内容は毎年そうそう大きく変化する事もないでしょうから、紙の雑誌でスポットを探してネットで営業状況や営業時間などを調べるといった使い方がいいかもしれません。

道の駅を起点に探す。

やはりバイクや自動車で移動する上で道の駅の利便性や利用のしやすさというのは無視できないところです。
自治体の施設や観光地と併設されている事が多いので道の駅を目標にルートの組み立てをするのも一つの方法ではないでしょうか。

全国道の駅ガイド|全国1030ヶ所
一緒に、道の駅を楽しみませんか?全国の「道の駅」は1030箇所です。平成26年4月に「道の駅」が新たに追加され 全国合計1030駅になりました、今度の休日はドライブにでも出かけましょう^^。

こちらのサイトではGoogleMapに道の駅をプロットで表示出来るので、視覚的にもルートの組み立てがし易いようになっています。

東由利とか良さそうですね、名称的な意味で(察し

道の駅 東由利|秋田県の道の駅
道の駅 東由利(秋田県由利本荘市東由利老方字畑田28)の周辺情報。です。ブログ記事など道の駅に関する情報を提供しています。休憩施設と地域振興施設が一体となった道路施設《道の駅》を楽しみませんか?

岩手県側では岩手県内の道の駅の最南となるかわさきとかどうでしょうか。

道の駅 かわさき|岩手県の道の駅
道の駅 かわさき(岩手県一関市川崎町薄衣字法道地42-3)の周辺情報。です。ブログ記事など道の駅に関する情報を提供しています。休憩施設と地域振興施設が一体となった道路施設《道の駅》を楽しみませんか?

KAWASAKI乗りが思わず立ち寄りそうな名称なのがまたずるいですね。

宿泊場所を決めよう。

一関市界隈はどうもキャンプ場の選択肢が多くないようで、色々と難しいのですが一応こことかどうでしょうか。

大師山森林公園【岩手県】への口コミ情報
大師山森林公園|岩手県のキャンプ場

ツーリストのための「辛口!キャンプ場ガイド」岩手県

GoogleMapとはちのすと旅風を行ったり来たりしながら調べてみました…。

ルート組みをしてみる。

ざっくりこんな感じでしょうか。
でこれをなんとなく1泊2日の行程に区切ってみます。

1日目に少し寄せこんでみてこういうルートにしてみました。
おおよそ370kmで7時間45分との事です。

道の駅かわさきと道の駅厳美渓を二日目にしてまっすぐ宿営地に向かった場合270km程度で5時間少々なので、チェックインを考えるとこれくらい余裕を見たパターンを検討してもいいのかもしれません。

二日目は秋田側を抜けるようにして帰ります。

例によって二日目は宿営地へのチェックインを気にしなくて良いので多少遠回りのルート設定が出来ます。
チェックインを17時に置くとしたら23時帰宅と考えて6時間も使える計算になりますからね…。

その他。

2018年は田沢湖周回などもしてみたいと思います。

ざっくりとこんな感じとかどうですかね。
秋田県はぼんやり走るのにはとてもよい道路が多い印象です。

北上市から遠野を経由して山田線に沿って戻ってくるというルートなども楽しそうです。

下道をまーっすぐ走ったら宮城県も目指せますね。
社会人になってすぐに多賀城市で生活していたのでその辺を見て歩くのも面白いかもしれませんね。

まとめ。

昨シーズンと比べるとある程度キャンプのための装備も整い、設営撤営ともに効率的になっているはずなので距離は伸ばせるんじゃないかと感じています。
目的地のめどがついたら今度は春先までにバイクの調子を整えるだけになりますね。

調子というか塗装が…。