2019年はどこに行こうか?という話。

スポンサーリンク。
この記事は 68 くらいで読めます。

年末年始のネタは毎年同じですね、ミナヅキです。
新年いかがお過ごしでしょうか。

さて、あれこれ前置きを書くのもいいですが、大体いつもの記事なのでサクッと本題に行ってしまいましょう。

2018年はどこに行こうか?という話。
新年二日目、初夢を見ることは出来たでしょうか?ミナヅキです。 新年という事で、今年の目標といいますか目標という程ではなくても 「今年はどうしようかな~?」 という事を考えるにはちょうどいいタイミングといえます。 ミナヅキはやはり年間を通しての楽しみといえばバイクに乗っかってのツーリングですので、例年通り 「今年はどこにツーリングにいこうかな?」 を考えてみたいと思います。

昨年の実績から。

2018年のツーリングを振り返るなど。
年末恒例ということで。 忘年会シーズンもいい加減落ち着きつつある週末、いかがお過ごしでしょうか。 ミナヅキです。 今年はいつもより少し早めですが、一年のツーリングを振り返ってみたいと思います。 ざっくりと書くと、6月に増車、8月9月でキャンプツーリングをしてました。 また某バイク屋さんのツーリング企画的なものにもひょこひょこと参加したりという一年でした。

ということで、改めて地図で確認してみますとこのように…

このようになってましたね。
まぁ昨年一昨年と走行ログを重ねてみるとおそらく主要な道路は大体走ってるんじゃないかとは思います。

まぁそれでも鹿角~田沢湖のあたりは意識して外していたりしたのですが、結局昨年は走ることがなかったですね。

また国道340号、岩手県の東側縦断ルートも一部を除いて基本的に使ってないはずです。

しかしながら一昨年、2017年と比べるとだいぶまんべんなく内陸部も走っていたことになりますね。
流れが速い関係上、国道4号を積極的に走ろうというのはなかったのですが、それでも昨年は結構な回数、4号絡みのルートがありました。
もうこうなってくると岩手の南側の探索には国道4号利用を主軸に考えてルート組み立てしていくべきなのかなとも感じますね。
ほかの路線を使うとなるとやっぱり流れ悪いですし…。

秋田県側は弘前~大館間の距離感がだいぶ短く感じられるようになってきたので、それ以降の組み立てがしやすくなってきたようにも感じられます。
と言っても大館からそのまま国道7号を走るのは若干遠回りになりますし、五城目街道を走っていったほうが早いのかもしれません…。
他にあの辺の大館から秋田市方面への最短ルートってないですよね。

ところで。

昨年の実績はまとめて記事にしてはあるのですが、昨年の最初にいくつか挙げた候補地に対してどれくらい到達しているかを振り返ってみると…

2018年は田沢湖周回などもしてみたいと思います。

未達成。

北上市から遠野を経由して山田線に沿って戻ってくるというルートなども楽しそうです。

未達成。

下道をまーっすぐ走ったら宮城県も目指せますね。
社会人になってすぐに多賀城市で生活していたのでその辺を見て歩くのも面白いかもしれませんね。

宮城県には行きましたが多賀城市の散策とか一切してないんですよね。
そもそも国道4号をまっすぐ南下したのではなく、国道45号を南下したのでルートが違います。

【仙台市】国道45号線起点探訪キャンプツーリング!
台風騒ぎはどこへやら、ミナヅキです。 いかのおすしでしょうか。 今回は昨日おとといと一泊二日で国道45号線の起点を訪ねて行ってきたキャンプツーリングの様子をまとめた記事となります。 二日間で約1000km、思う存分走ってきました。

ということで、昨年の頭に検討をつけたルートでまともに行ってきたのは岩手県南の道の駅めぐり(道の駅かわさき~道の駅厳美渓)にとどまっています。

【テネレも】岩手県南道の駅めぐりキャンプツーリング!【いるよ】
秋らしい季節になってきましたね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 先日9月17日~18日と1泊2日で岩手県の南側の道の駅を巡るようにキャンプツーリングに行ってまいりました。 ツイッターのフォロワーさんも同行してくれてなかなかおもしろい画になっていたような。

ゆったり観光しよう。

昨年は急かされるような勢いで走り回っていたので、2019年は昨年見てまわってきた各場所での滞在時間を伸ばして、スポット的に観光してまわるのも良さそうに思いました。

最長距離では国道4号を南下して多賀城市周辺をウロウロしてみたいのがまずひとつ。
あとは岩手県秋田県の日帰りできそうな距離でキャンプしながらゆっくりとツーリングしてくるのも考えてみたいと思います。

しかしながら仙台方面まで脚を伸ばすとなると宿泊場所の選定が難しくなるんですよね…。

宿泊場所問題。

基本的な考えとしてはキャンプ場を利用するわけですが、この場合においてはキャンプ場のチェックイン時間という制限が意外と早い時間に設定されているために距離を稼ぐようなツーリングを企てた場合にはネックになる場合があります。

そうするとチェックインアウト時刻に制限のない無料のキャンプ場という選択肢になってきますが、こちらはそもそもの場所が少ないんですよね…。

特に岩手県以南から仙台方面となるとキャンプ場こそあれどツーリングキャンプでの利用のしやすさで絞っていくと思った以上に選べるキャンプ場が少ない印象になります。

そこで野宿方面の検討もしてみたのですが、まぁちょっとおおっぴらに言える事でもないですし、こうしてサイトの記事ネタにするにはいろいろ心苦しいよなぁというのが率直な感想だったりします。
面白そうだなとは思うんですけどねぇ(笑

野宿ツーリングでの3つの注意点!キャンプ場との違いや便利な道具も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
バイクツーリングでのやむを得ない野宿について、注意点や野宿場所の探し方について解説します。野宿は正式な宿泊形態ではありませんし、車中泊ほど社会的に認められtもいません。バイクツーリングでの野宿場所探しには細心の注意を払ってマナーも必ず守りましょう。

道の駅での車中泊も年々規制される方向にありますし、コンビニの駐車場の端っこを使わせてもらうとかが無難なのかな…と感じたりもしました。
しかしながらこれは最悪のケースを想定した場合での知識なので、キャンプ場に間に合う前提でルート設定をするべきだろうなと思います。

でも、なんかこう、一日精一杯走って行き倒れたところでぽてっと寝てしまうのもちょっと憧れるんですよね…

こういう世界ですよね…。
まぁミナヅキとしてはここ2年のキャンプツーリング経験から徐々にキャンプというよりは野宿化しつつあるので、もう今年は調理器具を持たずに寝具だけ持ってツーリングに出ようかなと思っていたりとかします…。

こんなだったり。

こんなだったり。

GEERTOPの超軽量 1人用 コンパクト 防水 BIVY キャンプ アウトドア用 高速 簡単 セットアップ 0.98kgを買ったというだけの記事。
今年も残すところ2週間を切りましたねぇ、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 今日はなんだか微妙に暖かく積もっていた雪もかなりとけていました。 そんな中、昼に小狭いテントの中に入って遊んでいたらウトウトと寝てしまっていたんですが、そのテントというのはサイバーマンデーに乗じて1000円ほど安くなっていたGEERTOPのバックパッキングビビィテントだったりしまして。

ビビィテントを更に小さいものにしてみたり。

こういうのとかいいですよね…。
設営撤収が簡単で持ち歩きしやすいようなアイテムとか好きです。

(amazonの商品リンク張ってもニッチなものばかりなサイト…w

夜まで走って楽しいかな…?

チェックイン時間の存在が1日のツーリング距離の制約につながるとは確かに思ってはいますが、その裏で「ツーリング先で暗い景色の中を走って楽しいか?」という考えも同時に持っていたりもします。

理想としては夜明けから日没まで、景色が見える時間帯だけ走って、日没にはもう宿泊場所で宿営準備が出来ているというケースですよね。

これをちゃんと考えると案外キャンプ場のチェックイン時間っていうのはある種無難な時刻に設定されているような気もしてきますし、シーズン中であれば日の出時刻も早いでしょうから、早めのチェックイン、早めのチェックアウトという少しずらした生活リズムでツーリングするのがいいのかもしれません。
(キャンプ場によっては指定時刻まで車両の移動禁止というところもあったりはしますが…。

なんならチェックインだけ先に済ませてしまって、キャンプ場から外出をして晩ごはんやお風呂を済ませてくるという方法もとれる場合もあるので、事前に下調べして計画を万全にしていくのが理想かもしれませんね。
行き当たりばったりの旅も楽しいものですが、事前の下調べで快適に出来る旅もまた少なくはないはずです。

ということで2019年は。

キャンプ場のすみっこでサッと寝るだけのコンパクトな宿営スタイルを確立し、昨年フォローしきれなかった岩手県南、秋田県南にも脚をのばしてみたいと考えます。

まぁ実際のところは昨年の実績同様、思いつきで全然違うルートを走ったりもするのでしょうけれども、一年終わってみて最終的に「たのしかったな!」と思えればそれで大成功でしょう!

さて、どんな一年になるものか、今からとても楽しみです。