i8どうでしょう。

スポンサーリンク。
http://www.goobike.com/spread/8702285B30180203001/index.html?disp_ord=18
この記事は 848 くらいで読めます。

すっかり春ですね、ミナヅキです。
いかがお過ごしでしょうか。

ミナヅキはここ数日ほど、先月の末に購入したメタルギア サヴァイブをやりながら引きこもっておりました。
まぁいろいろ不買だとかなんだとか騒動といいますか悶着もありますが、ゲームとしては面白いので楽しく遊んでられます。

さて、今回のタイトルですが、i8ってなんだと思います?
(タイトル画像でネタバレしてるとか言わないそこ

METAL GEAR SURVIVE
METAL GEAR SURVIVE - Official website

YAMAHA i8 115。

タイカブタイプ。

バイク乗りでも逆輸入車や海外仕向車のバリエーションというのはなかなか知る機会が無かったりしますが、タイなどで流通しているカブのバリエーションを総称してタイカブと呼んだりします。

https://img.webike.net/moto_img/cg/9/8003/L_070f48d3f24fa77e35c36938ed.jpg

こういう感じですね。
バイクのようにニーグリップ出来るタンクがなく、単気筒エンジンが横置きでフロントタイヤの直後あたりに位置します。
ミッションはロータリー式4速などで、シートはどことなくスクーターっぽいですよね。

http://www.honda.co.jp/SUPERCUB/business/assets/images/type/product-09.png

こちらが現行のスーパーカブ110です。

この、スクーターでもなく一般的なバイクでもないカブ独特のスタイリングの共通性はおわかりいただけるでしょうか。

ミナヅキも最初みたときは「ええ…」と思ったものですが、見慣れたら不思議と面白いバイクに見えてきました。
なにせ日本でおなじみのカブが海外では独自の進化をしているのですから。

で、YAMAHA的に。

さて、ヤマハでカブタイプといえばメイトですが。

http://img.bikebros.co.jp/vb_img/guide/img/yamaha/35/main.jpg

見分けポイントを把握してないとカブとの差がわかりません。
カブタイプのメイトを持っているヤマハ、実は同じように中国ではタイカブタイプのバイクを製造販売していたりもします。

SOX店頭車両。

もうパッと見でタイカブ、Wave125とどのへんが違うのかわからないくらい似たように見えますが、れっきとしたヤマハ車です(小声で

マフラーの具合が中国ヤマハ車、YB125SPやYBR125あたりと共通のデザインに見えますね。

https://img.atwikiimg.com/www63.atwiki.jp/yb125sp/attach/1/31/yb125sp_01.jpg

スペックとしては

PRコメント
抜群のコストパフォーマンス!ヤマハI8 115主要装備は安心のフロントディスクブレーキ、走行時にも確認できるメーター内ギアポジション表示、セル始動だが、万が一のバッテリー上がりにも安心のキックスターター、シート下の小物入れスペースなどを標準装備!主なスペックは、4速ロータリーミッション、平均燃費43.3km/L、全長1930mm全幅660mm全高1045mm、乾燥重量95kg、最高出力7.6ps、燃料タンク4.2L、タイヤサイズ前70/90-17後80/90-17です。165cm男性でも充分な足つき性になっています。4速ミッションですが、クラッチ機能無しの為、小型自動二輪AT免許で乗車が可能!カラーバリエーションは黒、赤、青の3色です。
車両情報:ヤマハ i8 115 | バイカーズステーションSOX 足立店 | 中古バイク・新車バイク探しはバイクブロス 

かいつまむと

YAMAHA (China) i8
排気量 115cc
最高出力 7.6ps
ミッション 4速ロータリー(注
タンク容量 4.2L
平均燃費 43.3km/l
乾燥重量 95kg

というところでしょうか。(注・実はロータリーミッションじゃない

あ、キャブレター車だそうです。

タンク容量と平均燃費から計算すると航続距離は約180kmで一般的なバイクと比べると心もとないかもしれませんが、この4L程度のタンク容量というのはスクーターやカブでは割と普通にある数字なので、実はそんなに気にする部分ではないのかもしれません。

カブで北海道ツーリングしたり日本一周をしている人もいますからね…。
タンク容量を増やしたり携行缶を備えている人も少なくはないのでしょうけれども、それくらいの対応で解消出来る問題と見ることもできそうです。

本体価格。

基本的にSOXグループでの扱いしか存在しないので、価格も一律といった様子ですが

(  Д ) ゚ ゚

お値段驚きの8万9千円。
乗り出し価格12万6千円です。

ちなみにホンダのWave125は25万円ほど価格帯です…。

タイホンダの格安車といえば今ではNAVI110あたりでしょうか。

本体価格9万9千円…。

スクーターどうでしょう?

ツーリングに使うには問題ないかも。

スクーターどうでしょう。
今年の夏は暑くなるという見通しが発表されていましたね、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 冬と夏は密接な関係性があって、夏が暑いと冬は寒く、冬が暖かいと夏は寒く…というような感じですよね。 今回の降雪量の多い冬をうけて、どうやら夏は平年よりも暑くなるのではないかという見通しが出てきています。 さて、ミナヅキはというと昨年の秋くらいからずっとスクーターの事を考えたり調べたりしています。 なぜスクーターかといいますと…。

少し前の記事でスクーターが気になるという話題をしましたが、結局今回のこのi8 115もカブなんですよね。
数字だけを見てしまうと航続距離的な不安と、ちょっと非力かなとも感じなくもないわけですがそれらはすべて「カブなら普通」と言ってしまうことも出来るわけなんですよね。

さすがに本家ホンダのスーパーカブと同等のものを期待してはいけないとは思ったりはするのですが、現行のスーパーカブ110も数字で見れば8psに車両重量で99kgです。
FI車という点やエンジンの性能で燃費はずいぶん違いはしますが、燃料タンク容量も4.3Lということで、i8もカブも大差ないのかもしれません。

乗ってる人います?

これ、気になって検索してみたのですが、検索するとBMWのi8が強すぎてなかなか検索しづらいです。

http://bmw-i.jp/images/BMW-i8/section9_img.jpg

(9万円 vs 2千万円…

原付2種スクーターかぁ〜? | 本日のスープ(?)
ヤマハi8ちゃん!良い感じ?どうなんでしょ… | ぴろりんちょ ~とあるアホ人間の個人日記+α~
排気量115cc…購入した格安の逆輸入車「i8」ちゃん。まだ300キロくらいしか走っていないけれども、初回点検に行ってきました。結果は特に異状なし。ああ…ありがたや!ありがたや!バイクの素人だから調子とか全然分かりません。しかし僕がカブと比較しての話を店員さんにすると…「カブと比較してはいけません!カブは最高です!この...

…というくらいで購入したという記事や保有していますという記事なんかはほとんど出てこない状態です。

あとこれらの記事中で見かけるのは「実はロータリーミッションじゃない」という点ですかね。
あれ、これって割とブログ書きとしては面白いネタになりそうな気がしませんか

キャリア。

カブタイプといいつつもタンデム出来るロングシートを備えつつ、その後部にしっかりとキャリアが装着されています。
つまりトップボックスを装着しつつ、シートにはシートバッグを乗せることが出来るという事です。

ただし。

給油口がシート下なのでシートバッグに重い荷物は載せられないでしょう…。
しかしこれは多くのスクーターと共通する部分なので、その辺の工夫がそのまま流用出来るんじゃないかと感じるところでもあります。

メットインというには小さすぎますが、シート下に小物入れもあります。
無いよりはいいかもしれません。

(給油口に関しては最近のヤマハのスクーターのハンドルポスト左下のやつってありがたいですよね…。

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/cygnus-x/img/cygnus-x_feature_007_2017_001.jpg


タンデムシートがついているので当然タンデム用のフットレストがあります。
これも積載物を固定する際に便利な部分です。

まぁ今までも給油する都度、タンクバッグを外していたりしたので、シートだけに固定するタイプのシートバッグであればそんなに悩む部分でもないのかなと思います。

今調べてみたらタナックスのシートバッグでは既存のラインナップでも使える新しい固定方式のベルトがあるようですし…。

以前は4箇所あるバックルをそれぞれ車両の固定出来るポイントに結びつけたりしなくてはいけなかったんですよね。
これがまたツーリングの出発直前にやろうとすると結構時間がかかったりして(笑

それぞれのシートバッグによって適合するKシステムベルトが違うので適合表を確認する必要があります…。
(→ 適合表.pdf

 トップボックスやシートバッグの組み合わせを考えながら積載プランを妄想するのは楽しいですね!

SOXに聞いてみた。

バイカーズステーションSOX(ソックス) | 新車バイク・中古バイクの販売・買取・査定ならSOX
バイカーズステーションSOX(ソックス)。新車バイク・中古バイクの販売、中古バイク買取や中古バイクの査定は国内最大級10,000台の在庫を持つSOX(ソックス)グループにお任せください。

乗り出しはやはり12万6千円で、青森県から一番近い仙台南店から陸送で3万少々の陸送費がかかるとのこと。

割と現実的な候補に見えてきました。
ヤバい。

→購入しました。

YAMAHA i8 お迎えツーリング!
台風一過、ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 昨日ついにYAMAHA i8をお迎えする事が出来ました。 いやー、待った待った… で、仙台のお店から自走で帰ってきてみました。 その一部始終を御覧ください。

→レビューしてみました。

YAMAHA i8 115のちょっと詳しい解説記事。
みなさんおバイクぅしてますか?ミナヅキです。 いかがお過ごしでしょうか。 今回は先日お迎えした中国YAMAHAのi8 115のちょっと詳しい解説記事を書いてみたいと思います。 まだ500km程度しか走行してないのですが…あんまり車両本体に関する情報がネットにない車種なので気になっているかたはあちこち血眼になりながら探しているのではないでしょうか(笑 写真多めだと、ちょっとうれしいですよね、きっと。

→その他関連記事。

YAMAHA i8 アーカイブ : シロクロスカイ
「YAMAHA i8」の記事一覧です。

タグ検索:YAMAHA i8