我が家の文鳥アルバム(11月~12月)

スポンサーリンク。
この記事は 623 くらいで読めます。

みなさま無事に新年を迎える事が出来ましたでしょうか?ミナヅキです。

毎年のことながら年越しは鍋を突きながら動画をみつつ飲酒をしていると年越し前には床で寝ていたりするのでここ数年除夜の鐘を耳にした記憶がありません。

さてそんなわけで我が家の文鳥アルバム2017年最終編です。

11月。

キリッとしたこはるさん。

またくちばしに牙が出来てますね。体質なんでしょうねこの人。

こはるさんの生羽毛。鳥だから当然ですが。

こなつさん。すっく。

ブチ切れモードになるとなぜか関係のない飼い主も噛まれます。

相変わらず指先を怖がりません。

文鳥は鳥です。

文鳥には足があります。

後ろでNieR:Automataが進行しているのは気の所為です。

12月。

こはるさん八重歯。

美味しいものと美味しくない物の区別がつくようです。

文鳥界の力関係とは。

メイプルシロップの匂いを基本に、色々と美味しそうな匂いがする文鳥。

手乗り文鳥。

文鳥は水浴びが好きです。

多分巣穴と勘違いしてる。

こはるさんは右手の親指がお気に入りなよう。
文鳥でお気に入りスポットが違う。

文鳥には羽毛が生えてます。

キリッ。ちなみに日付回って深夜0時すぎ。

眠いときの動き。
巣作りをしようとする名残なのか手のひらのあちこちをつついて整えようとする。

この辺の動きは人間と変わらない気がする。

こはるさん。

こなつさん。

われわれはかしこいので一番ヒーターが強いこはるのかごの上で暖をとるのです。

キョトン。

くちばしで毛づくろい出来ない所が基本的にかゆいところ。

ふわっふわだぞ。

ミスタービビリ。

よく見て

よく見て

よーく見て

人間の食卓に興味ニキ

左掌が好きな人。

最近こういう事しても逃げなくなってきた。

よく曲がる文鳥。

(・_・)スッ

紙類泥棒といえばこなつさん。

ぐにぐにといえばこなつさん。

毛づくろい文鳥。

たまに寝ぼけたときにもキュウキュウ聴こえてきたりします。

ということで2017年でした。

追悼。