我が家の文鳥アルバム(5月~6月)

スポンサーリンク
この記事は 439 くらいで読めます。

気温が高くなり文鳥のみなさんのテンションが高いです。
みなさまいかがお過ごしですか、ミナヅキです。

我が家の文鳥のみなさんは順に換羽を迎え怒りっぽくなったりもしましたが、いつもどおり元気で、いつもどおりケンカっぱやいです。

そういえばこの文鳥アルバムのコーナー、実は隠れファンがいるらしく、ツイッターに更新報告を入れると毎回ふぁぼをくれる人がいます。
文鳥かわいいから仕方ないですけどね!(おい

5月。

最近うっかり手乗りになってしまったこのはさん。

われわれは賢…ん?

こなつさん、白い羽根が増えてきた。

眠い。

眠いこなつさんをぐにぐにする動画。

新しいフィーダー1号。

こちらは換羽が激しいこゆきさん。

綺麗に生え揃いますように。

水耕してたおやつの豆苗に花がつきました。

っていうか豆がついてました。豆苗って豆なんだな!(おい

安いし育つし文鳥におやつに最適な豆苗は観葉植物…。

けだま…。

こゆきさんのお部屋に侵入したこなつさんを威嚇するこはるさん。

こはる、人間の食卓に興味ニキ。

なんだかんだ仲良し…かな?

6月。

甘え下手のあまえんぼになってます。

そのままスヤァ

こはるさんゆっくり換羽。

スナップエンドウとの邂逅。

35手乗り付属のエサ箱に水を入れていたのですが、どうしてもそこでしか水浴びしなくて、狭そうにしていたので、無理やり外付けバードバスに慣らさせました。
しばらくは近寄りもせず、大好きな水浴びどころか水飲みもせず、かなり心配しましたが、観念したのか水に口をつけた瞬間から徐々に近づくようになって、今では日がなお風呂の中です…。
文鳥は水浴び大好きとはいいますが、いくらなんでも好きすぎだろう…。

丸いところに収まっていると落ち着くらしい。

ぬーん。

こゆきさんの美脚。

鳥って本当は首も脚も長いんですよね。毛の中に埋もれてて見づらいだけで。

見返り美人。

こゆきさん脚長い。

こゆきさんの求愛ソング。
オス特有の鳴き方ですが、本当に個性が出ます。
こゆきさんのは「ヨゥ チェケラッチョゥ!」とラッパーのアレに聴こえます。


よそのこですが

本当に様々ですね。


これはこのはさん特有の遊びです。
巣作りの本能なのか、ツボ巣の代替だと思っているのか、かごにかけてあるタオルに潜り込んでいきます。
真下にいる白組によく怒られていますが…。


こゆきさんの換羽が激しくて、見ているぶんには痛々しく見えますが、毎年の事ですからね。
ちゃんと見守るのが飼い主のお仕事です。

今回は余裕があったので動画多めにしてみました。