我が家の文鳥アルバム(7月~8月)

スポンサーリンク。
この記事は 451 くらいで読めます。

油断すると9月も半分終わりそうですね、ミナヅキです。
いかがお過ごしでしょうか。

一年の平均気温のうちでもピークを過ぎたようでここ数日は寒さすら感じる事があります。
文鳥としても少し物悲しいものがあるのか、少しピリピリしている様子が感じられます。

それではそんな我が家の文鳥たちの7月8月の様子を御覧ください。

7月。

久しぶりに4羽同時に放鳥してみました。
最近こゆきさんはかごの出入り口を開放していてもまったく外に出てこようとしないので、飛び方を忘れてしまうんじゃないかという勢いです。

たちが強いのがオスのこゆきさんで、べちゃっとするのがメスのこはるさんです。

こなつさんがおしりでアピールするんですけどまったく相手にしないんですよね、こゆきさん。

さくら姉妹は翼がそれぞれ白黒になっていて面白いことになっていました。

へんないきもの。

しろいもふもふ。

眠くてモチモチする人。

寝るときに片足立ちになったりとかします。
あんまり撮れない。

こゆきさん換羽でぼろぼろ。

こはるさん換羽終わってつやっつや。

こなつさん。

換羽中で気の毒なくらいボロボロなこゆきさん。

換羽済みでちょーつやつやなこはるさん。

ジャケ写風(?)

よく見ると新しい尾羽根が生えてきているこのはさん。

7月後半になって急に換羽が激しくなったこなつさん。
気温のせいかな?

8月。

今日ももちもちこなつさん。

最近手の上で寝るようになりましたよね。
落ち着いてきたのかしら。

おなかべたーっとついてくるととてもぬくい。

(/ω・\)チラッ


ということで、今回はやたらと甘え文鳥が多いようなアルバムになった気がします。
普段からこれくらい懐いてくれてればなぁ~なんて思ったりして。