我が家の文鳥アルバム(3月~4月)

スポンサーリンク。
この記事は 154 くらいで読めます。

連休後半になりました、ミナヅキです。
いかがお過ごしでしょうか。

今年は桜も菜の花も早くてあっという間に見頃が過ぎていったような印象ですね。
ここ数日は雨が続いていますし、はて、菜の花のイベントはどうなるのでしょうか?

2018年3月。

こはるさん。

こなつさんぐにぐに。

下田公園の白鳥。

この頃まだ換羽終わりかけだったかな。

こはるさんのおーーしーりー

にょき!

マウス側の手によく乗ってくる。

餅。

キリッ。

こなつさんのしっぽ。換羽してるね。

このはさんのしっぽも換羽してるっぽい。

よく逆立つ頭の毛。

腕で餅る。

こっちも餅る。

2018年4月。

ぬーん。

ちょっとずつ人馴れしてきているようです。

後頭部。

手の上で溶ける文鳥。

キリッ

荒ぶるこなつさん。

コーヒーミルに対する興味と恐怖の葛藤。

あんまり動じない人。

乾きが悪い後頭部。

若干の湿り。

ずいっ

紐が気になりすぎるこゆきさん。

後ろの圧が強い。

味噌汁の湯気を相手に無になる文鳥。

コントラスト感。

最近距離感が近い桜姉妹。

腕には乗ってこなくもないこゆきさん。

仲が良さそうにみえる桜姉妹。

スライドショーには JavaScript が必要です。

眠すぎて餅るこのはさん。


そういえばケージの中に敷いていた新聞を辞めて、鳥用の焼砂にしてみました。

ふるいでさささーっとするとエサの殻や糞と綺麗に分離出来るので底網よりはお手入れ簡単な感じです。

ただ水浴び容器にすぐ砂が入るかな…^^;