1か月(我が家の文鳥アルバム)

スポンサーリンク
この記事は 316 くらいで読めます。

文鳥様のお世話係、ミナヅキです。

我が家に3羽目の文鳥であるこなつさんが来てから早1か月になります。

こなつさん。

まだクチバシが黒いですね。

ブランコにベルがあっても邪魔にならない…

最近ブランコのベルを外したんですよ、頭が当たるので。
もしかして最初から当たってたのかな?と写真を見返してみるとそんなこともなかったので、やっぱり成長してるんですねぇ。

かごの上が好き。

今ではクチバシの黒い色がすっかりと抜けてピンク色になりました。
体つきも変わったのかなぁ。

こなつさんがやたらとこはるさんこゆきさんのかごにお邪魔するので、広いかごがうらやましいのかなと35手乗りをもう1かご調達してきました。

35手乗りは出入り口が広くて、手に文鳥を乗せたまま出したり入れたり出来るので、放鳥する際に便利ですね。
開けておけば勝手に出てくるし。

それにこのカバーの前の部分に切れ込みを入れてめくって使っています。

そういえばこなつさん、女の子でいいのかなぁ。動きとかみてるとそんな感じだけども…。

換羽真っ最中。

羽根が生え変わっている途中なので最近ちょっともさもさしてます。
尻尾が1本しかなくて、左右から新しい尻尾が生えてきてる。

こはるさん。

相変わらずのお姫様っぷり。

指定席の主張。

手のひらが見えると飛び乗ってきます。さっきこなつさんの背中撮影してたのに、こなつさん追い出して鎮座します。

寝てても手が見えると飛んでくる。

執念の女。

おしとやかにしてれば美人さんなんだけどなぁ…(笑

ここのaboutページの画像はこはるさんです。

こゆきさん。

立ち姿がごりっぱな男の子。いつも広めのスタンスで仁王立ち。
まっすぐ立ちすぎてペンギンなんじゃないかと思わせる。

こゆきさんは自分の部屋が好きなんだけど、なんだかこはるさんがちょっかいをかけに来るのでいつもこんな感じでケンカしてる。

こなつさんの羽根が生えそろうのが楽しみです。