セブンイレブン セブンプレミアム サラダチキン(マイルドカレー)

スポンサーリンク
Jpeg
この記事は 354 くらいで読めます。

定期サラダチキンネタですよ、ミナヅキです。
今回はセブンのサラダチキンのマイルドカレーという、ある意味本命中の本命(?)のようなサラダチキンです。
というのも、当サイトブログのサラダチキンシリーズは初回に取り上げた記事中でこのマイルドカレー味がラインナップに加わる…というものでした。

ヘビロテ食品ですよ。
主食は鶏肉です、ミナヅキです。 文鳥飼ってますがそっちは食べません、吸いますけど。 (参照:今日の文鳥 文鳥の吸い方について: ソメママの日々のこと) ということで、最近何気なくコンビニの冷蔵棚を見ていたら目にとまった「サラダチキン」なる食品。 コンビニで鶏肉といえばレジ前のから揚げ系のファストフードが定番ですが、こちらはもっとヘルシーであろう鶏肉というわけです。 ということで数種類食べてみたのですが、実は知らないところで「サラダチキン戦争」なるものが勃発していた様子。 まぁ、どんな業界でも伸びしろがあるとわかるやいなや、続々と商品投入が始まるので消費者としては歓迎すべき流れとなるのですが。

青森県内、セブンイレブンが出店してきたとはいえ、まだ都市部だけですのでなかなか足が向きません。
今回のサラダチキンは出張で青森市に行ったときに調達してまいりした。

さてどんな感じでしょうか。

パッケージ。

この管理シールの保存方法の変更者とか色々トリビアが詰まってそうで気になりますが、なかなか知る機会がなさそうです。
100gあたりのカロリーはやはり高めです。
スパイス系統であればローソン店頭で「タンドリーチキン」を見かけます。
何度か食べてるんですけどまだ記事にしてないですね。
比較するべき商品ではあるのですが。

あ。ちなみに賞味期限が11月なのは、撮影してから記事執筆まで期間があいたからです…
さすがに賞味期限といえど1ヶ月近く前のものを食べる勇気はないですネ。

裏面。

おや?プリマハムだそうです。

アルペンザルツ岩塩の国産鶏サラダチキン(FamilyMart Collection)
霜月になりましたね、ミナヅキです。 コンビニのレジ前に行くとおでんや肉まんに目移りする季節になりました。 ここ最近はファミリーマートの勢いが強く、サークルKサンクスの系列でもファミマブランドの商品が買えるようになったのは記憶にあたらしいところで、ファミマのプレミアム肉まんもサークルKサンクスで味わえるようになりました。 店頭に大きな横断幕を張っていたりします。 (少し煽り口調に見えるのが気になりましたが...笑) さて、今回の「ファミリーマートコレクション」と冠が付いているサラダチキンもそんなサークルKサンクスの店舗で購入してきたものです。どんな感じでしょうか。

あぁ、やっぱりそうですね。
ファミリーマートのサラダチキンもプリマハムでした。

しかしちょっとその下を見てみると、セブンのサラダチキンはタイ産の鶏肉を使っているようです。
ファミマのものは商品名に大きく「国産鶏」と含んでおり、やはり国産というアピールは強い安心感を与え、競合商品に対する大きなアドバンテージであるという事なのでしょう。

栄養成分表示ですが、今回は100gあたりでの表示。
毎回書いている気がしますが、1パックあたりの表示と100gあたりの表示がメーカーで混在すると単純に比較しづらいです…(笑

あ、なんか脂質は少なめなんですかね。
200gでも2.8gですもんね。少ないですね。

食べてみましょう。

どうしてもファーストインプレッションとして、比較対象が同じスパイス系のローソンのタンドリーチキンになるのですが、あれよりはキャラがしっかりしているという感じでした。
カレーの風味なんですよね。タンドリーチキンはあくまでもスパイスでの味ということでカレーというジャンルには届かないんですよね。
そのちょっとした距離感に曖昧さが残るかどうか、という感じでしょうか。

肉質はちょっと硬いのかな?と感じました。
ただカット面を見ての通り、肉の中心あたりはカレーが浸透していないので、味にコントラスト…というか外側のカレーの印象が強くて中央の味が少しさみしいかなという気がします。
スライスしてお皿に盛り付ける場合には気持ち薄めに切ったほうが、風味も含めて食感がいいかもしれません。

んー、でも個人的にはすこし期待と違った感じです。
もうちょっとガツンとカレーのインパクトが来るかと思ったのですがやはり商品名どおりでマイルドでした。
サラダに使うにはカレーカレーしすぎなくて良いのかもしれませんが、そのまま食べるには少し不満が残る感じでしょうか。

難しいですね!

飛び道具的に。

基本的にサラダチキンはプレーンもしくはハーブ系という展開がなされている中でのこのカレー風味での商品、明らかにコントラストというか方向性に変化は与えられていますが、あまり期待しすぎるとちょっと肩透かしを食らう感じかもしれません。

低糖質食やサラダチキンを頻繁に食べていて、ちょっと飽きたかな?と思ったときの変化にはいいかもしれません。
風味というかパンチという意味ではハーブ系のもののほうが強い気がしました。

しかしカレー味のサラダチキンという意味では今のところオンリーワンの商品なので、気に入った方はこれが唯一の選択肢となります。

うーん、カレーであればカロリー高めな設定でも多少は許されそうですし、ここはCoCo壱番屋あたりとタイアップして仕込んでみてはどうでしょうか。
もうちょっと面白い味のサラダチキンに化けるかもしれません。

いやなんなら激辛カレーの方向に振って、カプサイシン系のフレーバーへの発展を見てもいいのかもしれません。
とにかく辛いフレーバーのサラダチキンって面白いんじゃないかと見ているんですよね。
実験開発されてますでしょうか?
(誰に聞いてるんだ。

サラダチキン(マイルドカレー)
198円(税込213円)
販売地域全国
鶏ムネ肉を、14種類の香辛料を調合したカレー粉で香り高く、マイルドに味付けたサラダチキンです。調理済みですので、加熱せずにそのまま食べられます。お好みの大きさに切ったり、ほぐしたりして、サラダのトッピング具材などにしてもとても便利です。
サラダチキン(マイルドカレー) – セブン-イレブン~近くて便利~

良い物あるじゃないですか!