極小スマートフォンの趣味と限度。

スポンサーリンク
この記事は 510 くらいで読めます。

あなたの隣のガジェッター、ミナヅキです。こんにちは。

先日、主に職場で使っていたASUS TF103cの調子が怪しくなってきたので、長年wifi運用しているhtc j butterflyの調子の悪さもあって、勢いでPadfone miniを購入しました。

キーボードドック付きAndroidタブレット。便利。

ステーションとホットドッキングするときの設定に少し手間取りましたが思っていたよりは快適に使えています。なんだこれ面白い。

ASUSらしいといえばASUSらしい面白い端末。

こちらはPadFoneの親玉。

本体が4.3インチ液晶の端末ということで5インチ端末と比べると手の中への収まりがよく、気持ちよさすらあります。もともとのiPhoneもこの辺のサイズだったんですよねぇ。

6が出て改めて注目を浴びる小型端末

片手で扱いやすい端末は4インチ前後なのだろうなと体感的に思うところでして。

じゃぁそれより小さいとどうなるか…?というところの記事になります。

ガジェット趣味はリスク趣味

最近ASCIIサイト内にある「週間リスキー」という連載コーナーを知りました。

RISCII-logo_160x160[1]
RISCII-logo_160x160[1]

ASCII.jp:週間リスキー

なんといいますかガジェッターの心をくすぐるような「いい具合にダメなコーナー」でして、あまり一般のスマートフォンユーザーが読んでもピンとこないような話題を中心にした記事が多いです。

そもそも社名のアスキーと、ガジェッターが持つ「サポートがほとんど期待できないような端末を好んでしまうようなリスキーな性質」をそのままコーナー名に持ってくるだなんて、まったくひどい話です(ほめている)

そんな記事群の中で特にミニ端末を好む私が惹かれたのがこの記事でした。

本当に指先サイズのユビキタス!


MWCで惚れ込みセカイモンでお取り寄せしました2.4インチ極小スマホ。到着したので改めて細部をチェックしてまいりたく。フツーのちゃんとした小さいスマホが欲しい方はiPhoneの発表を待ちましょう。
情報源: ASCII.jp:「iPhone SE」の半分? 極小Androidスマホ「Micro X S240」レビュー&日本語化:週間リスキー (1/6)|週間リスキー

個人的にXperiaの海外向け端末、特に2011Lineと呼ばれてるあたりの3インチ液晶のものを何台か所有していますが、それ以上に小さい2.4インチのAndroid端末とはどういったものなのか。

もしかしてmini Proプレミアム価格になってる…?

22_c_673x800[1]
22_c_673x800[1]

記事中にもありますが、文字入力が困難。

25_c_800x605[1]
25_c_800x605[1]

Bluetoothマウスで何とか操作できる…というかサイズの対比がおかしいですね。ここで笑ってしまいました。

42_c_240x432[1]
42_c_240x432[1]

一応twiccaあたりは動くようです。

43_c_240x432[1]
43_c_240x432[1]

文字入力は大変なようです。

他にも詳しい事やほかのアプリケーションの部分、カメラ性能などは記事本文のほうを参照してください。

別にユビキタスは指先サイズである必要性はない…

技術的にデバイスをとことん小型化できたとしても、それを扱う人間のサイズが革新的に変わるという事はまず起こらないと思われるので、スマートフォンの扱いやすい大きさや限界サイズというものはおのずと決まってくるだろうな…というのが個人的な見解です。

さすがにこの2.4インチの端末は一般流通しているのが不思議なくらいではありますが、3インチくらいであればギリギリな線で実用レベルを保っていると感じられます。

それでも文字入力をしようとすれば、漢字変換候補の表示で入力欄が見えなくなったりすることもありますが。

並行輸入品ではありますが、一応Amazonで扱いがあることは確認できました。

適材適所という言葉もあった、ような。

なにかタチの悪い冗談のような端末で、どのような層に需要があるのかよくわかりませんが、電話とメールをする程度にであればデメリットを感じるシーンは案外少ないのかもしれません。

スマートフォンのサブに極小端末を通話専用として持つのもアリなのかな…?と考えたら以前にもそういうコンセプトの端末がありましたね。

まだ流通してるんですね。どの電波帯が使えたかはちょっと覚えていませんが。

結びというかここでまさかのiPhone再考。

このようにして考えるとiPhoneの4インチという選択は実用性と携帯性を確保したサイズとしてとても優秀だったのだなと考えることもできます。最近のスマートフォンは「大は小を兼ねる」と言わんばかりに大型化していて、5インチ未満の端末の供給が細くなっている印象を受けます。

その様にして考えると、いったんiPhone6/6sをリリースしてからiPhone SEを発表するという順序はとても戦略的だったのだなと、後になってから理解できるわけです。

手回り品の1インチ1センチは手馴染みに大きくかかわるので意外とバカに出来ないものです。

3インチ防水耐衝撃Xperia

いや、3インチはまだ実用的ですよ。これはOS古いですけれど…