Android端末が好きすぎてiPhone SEに機種変したという話。

スポンサーリンク
Jpeg
この記事は 60 くらいで読めます。

ダメガジェット愛好家、ミナヅキです。
以前PadFoneいいよなぁという話を記事にしました。

スマホの機種変更を考える。
基本的にはAndroid端末を使っているミナヅキです。こんばんば。 今日は違う記事にしようかと思っていたのですが、最近タッチスクリーンの調子が悪そうだったAndroidタブレット(ASUS Transformer Pad TF103c)が夕方ついにタッチ操作に反応を示さなくなったのでどうしようかと悩んだ挙句「よし記事としてまとめてみるか」という運びになったわけでございます。 はてさて、特殊な要件を提示するミナヅキ氏が満足出来そうな端末は存在するのか?

で、結局すぐに買ってます。

極小スマートフォンの趣味と限度。
あなたの隣のガジェッター、ミナヅキです。こんにちは。 先日、主に職場で使っていたASUS TF103cの調子が怪しくなってきたので、長年wifi運用しているhtc j butterflyの調子の悪さもあって、勢いでPadfone miniを購入しました。 ASUS TF103シリーズ タブレットPC white ( Android 4.4.2 / 10.1 inch / Intel Atom Z3745 / eMMC 16G / キーボードドック付属 ) TF103-WH16D posted with カエレバ Asustek 2014-07-11 Amazonでチェック 価格.comでチェック   キーボードドック付きAndroidタブレット。便利。 ステーションとホットドッキングするときの設定に少し手間取りましたが思っていたよりは快適に使えています。なんだこれ面白い。 ASUSらしいとい...

ところがですね…

ということで。

中古とはいえ、7月に導入したASUS PadFone Miniが思った以上に早い段階で不具合を出したので、さすがにニラッっときて次の端末を探す事にしました。
しかしまぁ利用期間は短かったとはいえ、夏の間はツーリングのGPSロガーとして大活躍をしてくれましたし、意外と7インチ端末の利便性を目一杯味わったので次も7インチ前後のファブレットがターゲットとなります。

で。

とか言いながら

と思ったりもしたのですが、ここで別案浮上。

主回線を機種変更してみるか?

主回線というのはLTEプランで運用しているau回線のAQUOS K SHF31、所為ガラホというやつです。
バッテリー持ちがよくて、apkを用意できればAndroidアプリが使える端末なんですよね。
見た目以上に便利です。

で、auオンラインショップからその回線をiPhoneSEに機種変で「まぁ俺がiOS使うって事はないよなぁ」とか言いながら審査通らないつもりで申し込みしてみたところ、翌日には「発送時には追跡番号をお知らせします」というメールが届いてびっくりしたとかしなかったとか。

行き当たりばったりでiPhoneSEを持つことになりました。
まぁiOS端末は初めてじゃないですし、久しぶりというだけですよ…

ただ他にも4インチ帯のAndroidの検討もしてみたのですが、現行機種ではキャリア扱いの端末で4.6インチが最低、gooあたりで出回っているAndroid端末はエントリーモデルというようなスペックでちょっと心許ないなぁという感じで、4インチで不安なくしっかり実用に耐える端末ってもはやiPhoneSEくらいしか残ってないのが現状なんですよね。

4インチにこだわった結果でiPhoneSEになったという話です。

まぁでもあれですよ。

Android端末が好きすぎていつもいつも変な端末にばかり手を出しちゃうから、ASUSの中古端末を仕入れたりしちゃうんですよね。
そうやって考えるとちゃんとキャリア扱いで、道具として間違いのないiPhoneを持つというのは選択肢としては正しいと思うんですよね。
回線SIM入れてちゃんと実用レベルを維持していくという意味では本当に安定していていいと思います。
ただまぁAndroidと比べるとオモチャとしては正直物足りないし、愛想がないというか、相変わらずキーボードに左右カーソルキーは無いのかよ!とは思いましたが(笑

ただまぁ、こういう根拠でのiPhoneSEという選択でしたが、思っていた以上の収穫がありまして、カメラのレスポンスがめちゃくちゃいいですよね。
あの、文鳥ズの撮影にものすごく威力を発揮しています。

実はこれ期待していた以上のものだったので、ここだけはどう過小評価しても悪いようには言えないポイントだなぁと思いました。

買ったのはシルバーなんですけどね。

インストールしたアプリ。

Androidからの環境の移行ということで、真面目にアプリの選定をしてみたのですが、メーラはInboxを使っていたものがそのままiAppでもありますし、Feedlyもつかえて、SleepCycleもあって、FlightRadar24とかGoogleHomeとかTeamViewerとかDropboxとかBookWalkerとか、基本的にはAndroidのアプリと同じものが使えます。

なぜかツイッタークライアントはアプリ作者陣の好みなのか、同じアプリってほとんどないようで、EchoFon使うことにしました。

あとDIFMというフロアミュージック系のインターネットラジオアプリは同じものがあります。

実際、ポケットで持ち歩く手元端末、主回線スマホってこれくらいの運用でしかないんですよね、私の場合は。
基本的にゲームってあんまりやらないですし、空き時間にニュースフィード読んだりメールのチェックしたりツイッター出来ればいいくらいなので。

そういう意味ではAndroidのエントリーモデルでも運用出来ていたような気がしないでもないですが、バッテリー持ちはやっぱりiOS端末のほうに分があるように思えます。

ところで。

ファブレットを探していたはずなのに主回線を4インチiPhoneにしたという話をここまでしてきました。
結果的には、という話なので順を追ってくるとそういう話に落ちるわけですが…

あ、バカだ。
こいつやっぱりバカだ。

白の相場高いんですよ…