ポータブック、ちゃんと使っていますよ…という主張をするだけの記事。

スポンサーリンク
この記事は 86 くらいで読めます。

 本日はトヨタのディーラーからお届けしております、ミナヅキです。
正面にフロント推しの新型ヴィッツハイブリッドが置いてありますね。

おそらく検索でこの記事にたどり着いた方であればおわかりかとは思いますが、ミナヅキはKING JIMのポータブック PORTA BOOK XMC10 を愛用しております。

まぁ巷ではサイズが微妙というか小さすぎてどうなのよ?という部分で注目を集めているノートPCですが、持ち歩く事を前提に考えたサブノートとしてはとても優秀だと実感するところです。

「買ったはいいけどやっぱり実用性がなくて放置」という事にはなっていないので、その辺の使用感を改めてレビューしてみたいと思います。

関連記事。

ポータブックどうでしょう。
にわかガジェッターにニュースが飛び込んでまいりました、ミナヅキです。 ここ数日ツイッターあたりでGDP WINが届いたと話題になっていたりするのですが、その一方でポータブックが投げ売りだ!という記事やツイートが流れてきていました。 最近UMPCなどはまったくチェックしてなかったので調べてみると、おやおやおやおや?ちょっと気になるんじゃないかコイツ。 (VANGOOD)ポケットサイズWindows10ゲーミングPC GPD WIN 64GB Intel Atom X7-8700 Quad Core 5.5 Inch Windows10 GamePad Tablet posted with カエレバ GPD Amazonでチェック 価格.comでチェック  
結局買いました、ポータブック。
ポータブックしてますか?ミナヅキです。 前回、検討に検討を重ねて苦しんだ結果、次の日には注文していまして、記事が公開される頃にはすでに手元に届いていました。 ダメですね、病気ですねハッハッハッハ...。 記事公開翌日には「ポータブック」での検索流入が急に発生したので、その投げ売り価格とあいまって真贋極めたいという方も多いのだろうなという事がわかります。 まぁ実際に、私ミナヅキ、ガジェッターとしてのレビューをしてみたいと思います。 キングジム ポータブック クロ XMC10 posted with カエレバ キングジム 2016-02-15 Amazonでチェック 価格.comでチェック  
ポータブックの画面を見やすくしてみようじゃないか。
ポータブックしてますか?ミナヅキです。 ポータブックの関連記事が伸びているので、手元に来てからあれこれやってみたことを記事にしてみようかと思います。 どこぞのレビューなどに「画面汚い」「バックライトの青がきつい」など書かれていたりしますが、TFT液晶に由来する粒状感は仕方ないとしても、解像度そのものは最近のスマートフォンやタブレットPCよりはるかに低く、文字が滲んで見えたりします。 しかし、文字の滲みはある程度利用するフォントを選べば軽減したり、またWindowsVistaから実装されているClearTypeフォントの設定を自分の好みに合わせて設定するだけでだいぶ見え方が変わります。 それではどーしようもない端末に惹かれて買ってしまったアナタに、そんなどーしようもないポータブックの不満点を多少改善出来そうなTipsを4点お届けします。 大丈夫、ガジェッターなら簡単な事しかやりません。 しっかりついてきてくださ...

フットプリントって大事ですね。

簡単に説明しますと、ノートパソコンやタブレットPCなどを使用するときに必要な専有面積です。
つまりテーブルなどの広さですね。

10インチくらいのタブレットPCなどでも頑張れば膝の上なんかでも使えなくはないのですが、やはりタブレットPCなんかは画面のほうに重心が寄るので
「使えなくもないけどアンバランスで気を遣う」
という印象が強いです。

膝の上、というとさすがにエクストリームな印象を受けるかもしれませんが、ポータブックをしっかりと使い込んでいる人たちのレビュー記事を追っていくと結構満員電車での作業に便利であるとか、フットプリントの小ささに由来する感想が出てきます。

実際、ミナヅキも業務の上で椅子ばかりでテーブルになりそうなものが無いという状況が多く、その際にこのポータブックのフットプリントの小ささに助けられている事が多いです。

なんといっても携帯性が良い。

フットプリントのコンパクトさと関連する部分ですが、収納サイズはA5サイズなんですよね。
使わないときはコンパクトに机のすみにおいておけるのですが、使うときはキーピッチに余裕がある大きめなキーボードで作業することが出来ます。

やはり直接触れる部分、自動車であればハンドルや座席ですが、パソコンであればキーボードやマウスなどの部分が作業効率や操作性に大きな影響を与える部分です。
スペック以上にこういった部分、感性評価の部分で数字に現れないものが最終的な使い心地の良さや小さな不満になったりする部分だと思います。

そういえばポータブックのマイナス面として挙げられるのはキーボードと本体の段差、パームレストとして手首の部分に接触するであろう部分が気になるというものがありますが、個人的には言われてみればそういう気もするし、作業してれば案外気にならないという部分だったりします。

まぁ今こうしてその事について考えながら入力していると、意識してしまうからか本体の角が手のひらに当たっているなぁとは思うのですが、気にするほどじゃないかなぁと。
これは個人の感じかたですので、実機に長い時間触ってみなければレビューしづらい部分かもしれません。

こういった小さな気になる部分も残ってはいますが、これは筐体のコンパクトさに由来する使用感ですので、ある程度は仕方ない部分でもあるように感じます。
これが気になるのであれば10インチクラスのノートPCを運用したほうがいいかもしれません。

以前も記事中で言及したことはありましたが、携行時のカバンやバッグにゆとりがあるのであれば10インチ13インチのノートPCを持ち歩くほうが作業効率は絶対的によいはずだと思います。
ミナヅキの場合はテーブルのないところでの作業と持ち歩くカバンを大きく出来ないという都合があって10.1インチのタブレットPCに不便さを感じていたので、このポータブックのサイズというものがジャストしているのだと思います。
言ってしまえば特殊用途向けなノートPCなのではないかと。

ミナヅキは持ち歩きのときにはこのカバンを使っています。
多少厚みのあるポータブックですが、このカバンがちょうどよいサイズです。


これにポータブルマウスと充電器を入れて持ち運ぶ事が出来るのでポータブック周りのアクセサリはこのカバンにひとまとめ出来ます。
散らからなくて済みますし、これさえ持ち出せば出先で忘れ物に気付いて慌てるという事もなくとても便利に利用させて頂いています。

やはりキーボードが使いやすい。

冒頭で書いた通り、本日は自動車ディーラーで愛車の12ヶ月点検の待ち時間に記事書きをしています。
作業時間1時間~1時間半程度と言われたので腰を据えてじっくりと執筆に集中できます。
コーヒーもいただけますしね。

そんなわけで、この記事は上から下まで下書きと大まかな編集はすべてポータブックで行っています。
もともとポータブックのキーボードは打鍵音がほとんど聞こえないのですが、店内BGMと他のテーブルの商談会話とあいまって、まったく周囲に気を遣うことなく作業出来ています。
筐体サイズも小さいですからビジュアル的にもあまり大げさに見えないであろう…と思っています(笑

本編の上部からここまででおおよそ2100文字なのですが、ここまでキーボードに気を取られる事なく文章を思いつくままにタイピング出来ているので、わざわざ変形式のキーボードを採用してそれをセールスポイントとしているだけあるなと感じます。

多少配列が気になる部分はなくもないですが、普段の利用で一旦視線を外すのは半角/全角キーくらいな印象です。

サードパーティのBTポータブルキーボードなどでよく見かける本当に変則的な配列のキーボードと比べると、違和感なく作業出来るという点に置いてはよく作り込まれたキーボードだと感じます。

言うまでもなくこれはポメラのメーカーだからこその作り込みなのでしょうね。
(最近ポメラの新型が出ましたね。紹介記事を読んでいて面白かったので話題として取り扱いたく考えているところです。)

このように、出先などでノートPCを使って長めの文章作業がある人には意外と向いているかもしれません。
小説原稿や論文などネットワーク環境が必要ない場合にはポメラのほうが向いているかもしれませんが…。

個人的に本当にガジェッターとして気になるアイテムではあります。
ネットに繋がらないガジェットなのにこんなに面白そうに見えるのはポメラのコンセプトがしっかりはっきりしているからなんでしょうね。
ポータブックのキーボードの使い心地を知ってから見るととても魅力的な端末に見えます。
不思議だなぁ。

そういえばSDカードスロットの話。

ポータブック、本体の側面にはSDカードスロットが1スロット付いています。
ただし、これにフルサイズのSDカードを挿入すると、キーボード使用時にはキーボードの下に隠れるので気にはなりませんが、キーボードを格納しディスプレイを閉じた収納状態にしたときにはみ出しているのが気になる作りになっています。
挿しっぱなしでの運用は想定していない、ということでしょう。

しかしこれではポータブック本体の少ないSSD容量を拡張する手段がないので、短いMicroSDカードアダプターを購入し、挿しっぱなしにする…というのがポータブックユーザ共通の運用になっているかとは思います。

ここでミナヅキはスロットからどれくらいはみ出すかの計算をせずにMacBookPro13インチ用の本当に短いアダプターを購入しました。

コレ。

正直にいうと失敗です。
おすすめしません、というか無茶はやめましょう
手元に届いて開封して、いざ、とスロットに挿入しようとしたところ全然届かないばかりか出口側の赤い部分が引っかかって挿入できません。

一瞬思考停止しましたが、そうそう引き抜くものでもないなと大英断をし、手前の赤い部分をラジオペンチで引きちぎり奥の奥まで挿入してしまいました。
これでSDカードはしっかりと認識しました。

差し替える必要が出たときに、取り出すのが大変そうですが…。

一般的にはこちらの商品がおすすめされています。
こちらを買い求めましょう(笑

ポータブックユーザ自体そんなに多くないであろう中で、SDカードアダプターでミスってるの、ミナヅキぐらいなもんですよね…
それに普通であればリスクを省みずぶち込んだりしませんよね、常識的に考えて

まぁでも使えなくはないという事です。
(良い子は真似しちゃだめだよ!)

雑感ですが。

以前も書いた通りこの特殊なノートPCであるポータブックの使途に関して、明確なイメージが描ける人にはおすすめ出来ます。
というか、ネットサーフィンとブログ記事の執筆などの比較的マシンパワーを必要としない用途でしか使いみちがないように感じるのですが、よくよく考えてみるとパソコンに向かっている時間の大半がネットサーフィンとブログ記事執筆、SNSの閲覧書き込みという人であれば案外問題なく使えるんじゃないかと感じるところでもあります。

やはりですね、これだけ小さくてもWindowsのデスクトップOSというだけで随分と不都合が解消されるなぁと実感する事が多いです。
SNSやネットサーフィンをするだけならiPadやAndroidタブレットで事足りますからね。

とするとやはり他のポータブルガジェット関係に対して優位な点は文章編集だという点ですね。
Windowsタブレットノートでもいいのですが、このサイズでコンパクトに持ち歩けるタブレットPCはキーボードドックが付属していても立てかけ式だったりします。
ディスプレイの角度に自由度がなく、傾けるとパタッと倒れるので移動中などの不安定な場所で使うには思っている以上にストレスが多いという声もあります。

まぁ、それくらいしか美点がないような気もしてきましたが、その数少ない美点だけでも満足感が高いこのポータブックというノートPC、しっかりと企画構成された実に奥深い商品だなぁと持ち出すたびに感じるものです。

いらないものはいらない、余計なものはなるべく省く。
こうして考えてみると以前のAppleのiOSに対するスタンスと似ているような印象すら受けます。
選び抜かれたシンプルさ、考え込まれたシンプルさ。
もしかしたらポータブックの使い心地というものはうまく隠されたそういうポリシーが作り出しているのかもしれません。

とても、気に入っています。