【下北縦貫道路】吹越バイパス開通まであと1ヶ月ほどですね。

スポンサーリンク
https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kendo/doro/img/yokoperth_2.jpg
この記事は 46 くらいで読めます。

たまにはローカルな話もしますミナヅキです。
いかがおすごしでしょうか。

先日風のうわさで「吹越インターの開通日が決まったらしい」との話が聞こえてきていたので調べてみることにしました。
地元住民としては待望の、待ち望んだインターチェンジの開通というわけです。

下北縦貫道路。

下北半島縦貫道路 - Wikipedia

1994年12月16日 – 計画路線指定

ということで、かれこれ20年以上も前に計画された路線でして、総延長68kmのうち現在のところ六ケ所ICまでで19.5kmが開通済みという自動車専用道路です。

緑で塗った区間が現在開通済みの、起点である野辺地ICから六ケ所ICまでの区間です。

六ケ所IC。

さて、北側の終点になっている六ケ所ICの位置をよく見てみると【はまなすライン】、つまり国道279号線から大きく東側に離れている事がわかるかと思います。

どういった計画に基づいてこの位置取りになったのかははっきりしませんが、六ケ所尾駮地区からのアクセス、緊急避難道路としての機能性を考えるとこの辺になるのだろうかと考えられます。

実際に現状では原燃勤務者の通勤バイパスとしてのインターチェンジになっていますからね。
下北半島、むつ方面へは野辺地北ICから降りて279号線を走ったほうが早いです。

GoogleMap的には六ケ所ICを通ると3分ほど遠回りとの計算になるようです。

ということで、上でも書いたとおり、現状ではむつ下北方面を目指すには野辺地北ICで降りるほうが近いわけです。

吹越IC。

一般国道279号下北半島縦貫道路「吹越バイパス」開通します|青森県庁ウェブサイト Aomori Prefectural Government

11月15日15時から開通だそうです。

この区間ですね。
六ケ所ICから再びぐっと陸奥湾側に戻ってきて現道の279号線と接続するようになります。

インターチェンジ部分は航空写真ではこうなっています。

吹越駅と踏切のちょうど中間くらいにICの接続がくるようです。
一説によると、現道が直接自動車専用道に接続されるようになり、従来の道路は枝道となるという話が小耳に挟まってきております。

ちょうど三陸復興道路の普代村地区などで見られる構造で、所為「原付殺しIC」と呼びたくなるようなアレです。

普代村の原付殺しIC。

さて、この吹越ICが出来る事により、現道である279号線とほぼシームレスに接続することになるので、現在ある六ケ所ICとの接続のように東西方向への移動を考慮する必要がなく、一気に利便性が高まるわけです。

横浜IC。

こちらはまだ全然姿は見えておりませんが、町内をよく観察してみると測量を行った痕跡がいくつか見られる場所があります。

https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kendo/doro/img/yokoperth_2.jpg

「道の駅よこはまエリア」で地方創生拠点の形成に取り組んでいます - 青森県庁ホームページ

六ケ所ICの開通から吹越ICの開通まで割とすぐだったな…と思ったのですが、調べてみるともう5年経過するのですね。

2012年11月13日 – 野辺地北IC – 六ヶ所IC間開通[1]

横浜ICも5年程度かかるのでしょうか。
横浜ICが開通したらそれこそ野辺地町までは快走路になるわけなんですよね。
現道の279号横浜野辺地間は平均速度が高く、個人的には治安が悪い道路だと思っていますので…(笑

その他の区間。

http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenmin/sh-seibi/img/simokitazyuukan.gif

道路施設課(道路整備)|青森県庁ウェブサイト Aomori Prefectural Government

横浜町の工区が最も遅れているともっぱらの噂ですが、実際むつ南バイパスの区間は着実に工事が進んでいるように見えます。

茶色い土盛りの道筋が見えるかと思います。

雑感。

吹越ICが開通したら仕事での運行も、プライベートでのドライブでも非常に利便性が高く、また移動時間の短縮及び疲労の軽減が図れるのは確実だろうなと感じます。

野辺地ICは数kmほど国道4号を通行する必要がありますが、みちのく有料道路と接続するような経路にもなっていますし、みちのく有料道路から青森東ICへ接続出来るようになっています。

極端な話をしてしまえば、吹越ICから青森中央ICまでほぼ自動車専用道路を乗り継いで行けるようになるわけです。
ようやく、下北縦貫道が実用的な段階に届いたな、と感じます。
野辺地町内、もしくは青森市方面に行くのであれば、下北縦貫道に乗らずに野辺地漁港をなぞるように平内に抜けたほうが早かったりしますからね…。

そういえば数年前に下北縦貫道路で歩行者見たことあったな…。
すぐに警察に通報入れました^^;