ローカルガイド、やってます。

スポンサーリンク
この記事は 524 くらいで読めます。

観光シーズンですね、ミナヅキです。お盆の帰省予定はお決まりでしょうか。

私は地元ですので、どちらかというと帰省組への対応に奔走するようなかたちになります。仕事柄、観光客のみなさんへの案内をすることもあります。ここで日頃バイクで県内をうろうろしているのが役に立つんですよね。ただただぶらぶらしているだけじゃないんですよ!(謎アピール)

情報はナマモノでして、観光地や名物、またそこへ至るルートは1年もあれば大きく変化していたりします。いつまでも「昔いった事があってさ~」などとは言ってられません。

ネットでいろいろ調べられる時代だからこそフィールドワークはますます重要になっていくわけです。

今回はそんなGoogle ローカルガイドのお話。

ローカルガイドとはなんぞ?

GoogleMap icon
GoogleMap icon

行きつけのカフェはどこですか?どの美術館がおすすめですか?ブランチを楽しむならどのレストランがイチオシですか?ローカルガイドとしてクチコミを投稿し、Google マップを利用する大勢の人たちが世界中どこに行っても素敵な場所にたどり着けるようにしましょう。

 もはやインターネットを使っている人の中でGoogleMapを知らないという人はいない事でしょう。航空写真や交通情報、ルート案内もしてくれますし、何かと物議を呼ぶストリートビューもGoogleMapの機能です。

 このGoogleMapで提供される情報、外部のサイトなどにソースを持つ場合もありますが、多くはGoogleMapの利用者によるクチコミの提供や画像の提供により成り立っている部分が非常に大きいわけです。

そのクチコミや画像の提供数が多く、能動的に活動している人たちをGoogleではローカルガイドと認定するシステムがあります。

なんかトクなの?

えー、ぶっちゃけ大きくお得な事ってないと思います(笑)

一応レベルごとに特典は用意されてはいますが、これを魅力的と思える人は一握りなんじゃないかなぁと感じます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

この「Google ローカルガイド」あたりのキーワードで検索すると、レベル4の「Googleドライブストレージの無料追加」をターゲットとしたブログがいくつか出てきますが…

Reddit に寄せられた報告によると、Google は先週よりローカルガイドのレベル 4 ユーザーに対して、Google ドライブの 1TB を 2 年間無料で利用できるオファーを提供しています。

1TBと大容量ですが、2年間の制限付きです。個人的にネットワークストレージが1TBあってもなかなか使いどころに困るような部分もありますが、会社のPCと自宅のPCで画像ライブラリを同期しておけばブログ記事執筆のときやGoogleMapの追加の画像を持ち出すのに便利なのかも…?といったところ。

考え方によっては7000円相当分?

ポイント制。

レベル制での特典解除なのですが、経験値ならぬポイント制です。

201608051235
201608051235

ちまちまとやっているからなのですが、単純にレベルを上げるだけであれば、クチコミを書かずに登録されている情報の修正などで得られるポイントを狙うという事も出来るようです。

3時間足らずでレベル4到達
そこで、少々裏技を披露したい。ポイントが得られる情報提供は、リスティングの新規登録・写真投稿・クチコミ投稿・情報修正・Googleからの質問への応答、といったものである。
このうち、新規登録や情報修正をしまくると、たちどころに200ポイント、あるいはLv5の500ポイントまで到達してしまう。

新規登録がされていれば、クチコミを登録するほうもある程度手間は省けるので効率は上がりますが…。

201608051326
201608051326

こういったメールで閲覧された画像などのレポートが送られてきます。ちなみにこのラーメン、今日現在で最も表示回数が伸びていて400回少々になっています。みんなラーメン好きなのね。

このように自分が投稿したクチコミや画像に対する反響などのレポートもあるので、それを楽しみにポチポチと登録していくのも面白いのではないかと思います。

田舎だからこそ!

全国のネットユーザーは日々増加傾向にあり、Googleアカウント利用者も増えているはずです。しかし地方へいくほどその比率は下がるであろうというのは必然的でして、おのずとGoogleMapへの情報提供も少なくなるわけです。

私が住んでいる青森県は本州最北端というだけあって、それなりに観光地もありますが、どうも飲食店の情報が充実しているとはいいがたいです。(飲食店そのものが少ないとか言ってはいけない)

これは位置情報サービスを利用したゲームなんかでも同じ現象がありまして、プレイヤーが少ないためにチェックポイントとなる座標やオブジェの登録があまりされておらず少ないままというものと同じです。

IngressとかIngressとかIngressとか。

なので、ぜひ観光地やふらっと訪れた飲食店なんかで撮った写真を、プライバシーの侵害にあたらない程度に登録してください。

画像のためなら登山だってする。(やりすぎ)

ちなみにこの山です…

トレッキングポール、あると全然違います。

よいローカルガイドライフを。

自分が訪れた風光明媚な観光地や、食べた料理が美味しかった事、何気ない風景や旅行の記録など、スマートフォンが普及した現代では毎日のように風景を切り取っていることかと思います。

平均的なユーザーが新たに撮影する写真は任意の1カ月間で150枚ほどです。つまり、1日あたり約5枚です。
そして誰よりも写真撮影に熱中しているのは25歳以下の女性iPhoneユーザーで、1カ月の撮影枚数は平均250枚に達します。

そんな日々の一枚を堂々と世界に共有してリアクションを集めてみる、という楽しみ方もインターネットならではの楽しみ方の一つです。もし新しい何かを始めてみたいというあなた、これを機会にGoogleローカルガイドとして飛び回ってみてはいかがでしょうか。

間違ってGoogle+のプロフィールページからここに流入あったら面白いよなぁとか思ったり思わなかったり

Ingressとか!