ローカルガイドのレベル制度が変更されましたね、という話。

スポンサーリンク
この記事は 347 くらいで読めます。

どうも、超ローカルなローカルガイド、ミナヅキです。
いかがお過ごしでしょうか。

先日、6月の14日にGoogleMapを見ていたところ自分のローカルガイドポイントがおかしな数字に跳ね上がっていたので驚いたりしていました。
よく見るとレベルも4だったものが7になっていたりして。

少し調べて回るとどうやら大型アップデート…?のような。

ローカルガイドレベル7になりました!(てってれ~

…っていうかLv4だったものが新しい振り分けでLv7に移行したというだけですね。
今まで数百ポイントだったローカルガイドポイントが一気に6000を超えていて突如強まったような錯覚を覚えましたが、細分化される事によって以前は同じLv4だったローカルガイドでもLv6な人やLv7な人…と細かく区切られるようになりました。

個人的な話。

実は以前の制度ではLv4になるとGoogle Driveが1TB多く付与される(後に100GBに縮小)という特典があるお陰でそれを目的としたポイント稼ぎが目的になっているローカルガイドが多く見られました。
実際、ローカルガイドとなる特典でもっとも有用なものがコレでしたし、オンラインストレージの容量に困っている人には魅力的な特典だったのかもしれません。
しかし、ポイントが稼げればよいというだけでローカルガイドの活動をしている人が多いのは、割と真面目に取り組んでいる人からみてあまり気分のよいものではないですよね。
いや、ミナヅキはちょっと気に入りませんでした、正直なところ。

そういったローカルガイドLv4バッジの人たちと数字的に差別化されるというのであれば割とありがたい仕様変更だなと感じました。
自分の顔写真を店舗のクチコミ画像にアップロードしている常習犯的なアカウントも以前はLv4でしたが、今回のアップデートでポイント3000台のLv6の扱いになってましたので、6000台Lv7のミナヅキの半分になってましたね…。

新しくなったレベル制度。

レベルによってコンペイトウの凸の数がかわります。

といっても以前も同じ仕様でしたが、Lv5が最大だったので凸の数が倍になったわけですね。
まさかの発想ですね。(何のひねりもないとか言ってはいけない

ポイントは貢献度が高い行動ほど多く付与されるようになりました。

場所の追加が一番高ポイントなのはやはり0→1の意義の大きさというんですかね。
登録されていない場所はクチコミの受け入れも出来ないですし写真が追加される事もないですから、まずそのベースとなるものを登録する作業が重要ですよね。

あとこの写真1枚につき5ポイントは計算すると一致しないので、1箇所につき5ポイントという計算なんじゃないかと思います。
同じ場所で400枚登録してもスコアになってないようなのでー…。
(ストリートビュー撮影のときの話です。

ちなみにミナヅキのポイントの内訳は2017/06/17時点でこの通りです。
PCブラウザ版だとそれぞれのポイントで表示され、合計すると6982で一致するのですが、アプリ版ですと件数表示になり、計算するとおおよそ6880くらいになるのですが、はて、他になにか特殊なポイントでも入っているのかしら…?

反映が遅いだけなのかな。

ところで特典どうなりました?

( ^ω^)おっショボくなったな?

特典が貧相になったほうが質が上がる可能性があるのでそういう采配なのかもしれません。
ミナヅキとしては大歓迎でス…。
GoogleDriveの100GBも使ってませんしね。
(Dropbox派です。

ちなみに注意書きはこっちになります。

まぁそういうもんですね!

ある程度期間の区切りのようなものがあるので、これは次回また違った特典があるのかもしれません。
コンビニや自販機のキャンペーンのような展開というのも面白いかもしれませんね。
期間中に100pt追加で好きな映画レンタル1本のみ半額とかでも良さそうですが。

レベル区切りですと終わっちゃった人には関係ない話題になっちゃいますからねぇ。
運用次第ではもう少し話題作りを行える箇所なのかもしれませんね。

まとめ。

これらの詳細は大体ヘルプページに書いてある事ばかりですが、やはり貢献度が露骨に数字に出る仕様になったという部分が面白いように感じられました。

ポイント、レベル、バッジについて - ローカルガイド ヘルプ
ローカルガイドのポイント Google マップにコンテンツを投稿すると、ポイントが貯まります。訪れた場所の評価、口コミ、

Googleは商売っけが無いというか、割と公共的なスタンスを守っているため、エンドユーザに対しては大きく商売してないように見えますが、企業や飲食店などの事業主に向けてはいろいろな提案を行っていたりするのですよね。
その裏表というか、サービスとビジネスのバランス感覚が上手だなぁと感じます。

(ところでパブリックなサービスにプライバシーを無視したような画像や家族のスナップ写真を投稿するの、どう考えているんでしょうね…些末な事としてスルーしているのでしょうか。気になるところです。えぇ。
お子さんの画像、可愛く撮れたのは理解しますが、公衆の目に留まるインターネットの、ましてやGoogleMapに掲載してしまうのは如何なものでしょうかねぇ。

それもまたPPAPだね!