勢い余ってストリートビューカメラのレンタル申請をしてしまったというお話。

スポンサーリンク
この記事は 749 くらいで読めます。

どうも、Google Mapローカルガイドのミナヅキです。
今日は何回GoogleMap開きましたか?
(そんなに毎日開くもんでもない。

実はですね、今月の頭にローカルガイド向けのメールマガジンで
「ローカルガイドには優先してストリートビューカメラの貸し出しするよ」
というお知らせが出ていたのです。

なんだかおもしろそうじゃないですか?

ストリートビューカメラのレンタル?

こういう案内がされていました。

ローカルガイドをやっているミナヅキとしては、この案内というか提案にとても興味を持ちました。
画像では自転車と最近流行りの360°カメラを使用しているのが見て取れます。

ストリートビューカメラといえばインプレッサやプリウスの屋根にあの独特なカメラを取り付けたものが有名ですが、360°カメラが市場に出回るようになって、ストリートビューの撮影も一気に敷居が下がったのかなとこの画像から想像が出来るところです。

ところで世の中の反応はというと。

ローカルガイドのみなさん、意外とメールマガジンを読んでいないのか、この話題をしている人はほとんど出てこないんですよね。

実際にレンタルを受けている人がツイッターで見つかりました。
しかし、あとはほとんど観光協会などの団体の記事とニュース記事しか見当たりません。

Googleストリートビュー 「トレッカーパートナーズプログラム」に参加して、 「RIVER VIEW」を撮影してみた! |ミズベリング|MIZBERING
  
新着情報|雫石ファンクラブNet. 雫石観光ポータルサイト
「徒歩でGoogleストリートビューの撮影をしたよ、何か質問ある?」 : らばQ
Googleマップのストリートビューは、主に世界の道路をGoogleカーで走り撮影しています。近年は自動車では進入不可能なエリアも、人間の足を使って撮影しているのですが、それに協力した男性が海外掲示板に登場しました。

この、NPOや観光協会などの特定の団体などに限定してのストリートビューカメラのレンタルを開始したのが2013年。

Google、Trekkerのレンタル受付を開始 背負い式ストリートビューカメラ
Google、背負い式ストリートビューカメラTrekkerのレンタル受付を開始 Google がストリートビュー撮影用のバックパック型カメラ Street View Trekker のレンタル受付を開始しました。Google マップや Google Earth のストリートビューにぜひこの場所を追加したい!という団体は...

その後、旅行者やプロカメラマンなどレンタル対象を拡大したのが2016年となります。

Google、360度カメラの貸出をトレッカーパートナープログラムに追加
Google Japanは9日、ストリートビュー用の画像を、撮影地にゆかりのある団体がGoogleの撮影機材を使用して撮影する「トレッカーパートナープログラム」を拡大。旅行者やプロカメラマンなど、団体に加え個人も対象とし、ストリートビューアプリ対応の360度カメラの貸出を実施する。

にしても、あまりにも話題になっていません。
そんなに興味を惹かない話題なのでしょうか。

詳細ページを開いてみる。

ストリートビューの画像撮影に対応した機器がリストアップされています。
Galaxy Gear360も掲載されています。

おおよそのスペックなども案内されているので要件に合わせた機材選びの参考になりそうなページですが…ん?

え、これも貸出してるの?

やはり巨大なだけあって8秒に1枚の撮影で2時間などではなく常時撮影を終日使用可能という撮影機材としてはハイエンドそのものという機材です。

ただし重い。

色々検索してみるとその重量なんと20kg~23kg程度との事。
これを背負って登山コースの撮影をするのは、結構な熟練者じゃなければ往復に相当な時間を要する事になりそうです。
でも誰がどこからみてもGoogleのストリートビューカメラであるとわかるシロモノです。

充電に相当な時間がかかりそうな印象を受けるのですがどうなんでしょうね。

どこ撮るの?

おそらく最近のGoogleMapの方針であればインドアビュー、つまり店内などのストリートビュー画像を増やしたいはずで、主にその目的であればトレッカー以外の360°カメラが貸し出されるはずです。

登山道や未舗装路など、ストリートビューカーで撮影出来なかったような場所に記録対象地域とした場合にこのトレッカーがやってくる可能性があります。

当然ミナヅキとしては店内を撮って周ろうなんて考えは微塵もなく、トレッカーを背負って撮影するならばこの辺かなという場所が数か所思い当たります。

青森県道179号泊陸奥横浜停車場線

自宅近所です。
近所といっても徒歩ならば相応に時間のかかる山道ではあるのですが、一応自動車での通り抜けが出来る場所です。
未舗装路区間が長いのでバイクで走り抜けるのが面白い場所なのですが。

ストリートビューカーでの映像はサミット、最高到達点の切り通しのところで途切れています。

そういえばこのルートを通ったときの記事もありますね。

ラーメンツーリング in 三沢市ビードルビーチ。
今日は天気が良かったのでラーツーに行ってきました、ミナヅキです。 前日のうちにカップヌードルとボトルウォーターを準備しておいたので後はざっくりと出掛けて、よさそうなところでお湯を沸かすだけです。

吹越烏帽子

あと近所の登山道を撮影してみたいところです。

ふもとから見るとこういう感じの山です。
むつ湾から吹く風が強いために山頂付近は森林限界を越えており、山頂付近は木がなくとても見晴らしが良い山としてファンが多い山です。
登山コースも整備されていますし、標高そのものが高くないので往復にさほど時間を要しません。

ちなみに山頂はIngressのポータルになっています…。
(3日で2回登ったりとかしてたな…w

尻屋崎

撮影日時が悪かったためか、ストリートビューカーでの撮影が行われなかったようです。
あんなにいい場所が記録されないのはもったいないので、ここは是非ミナヅキがトレッカーを背負ってでも撮影したい場所です。

青森県道284号薬研佐井線

通称あすなろラインという道路で未舗装路区間が長く、そのスジの愛好家の方々には有名な道路です。

ゴールデンウィーク後半くらいまでは冬季閉鎖をしている場所ですが、開通すると山菜採りや林業関係者などのトラックの往来が多く見られるようになります。

この「この先21km砂利道」の看板をみて、引き返そうとなるか面白そうとなるか、乗っている車種で大きくわかれそうですよね。
当然ミナヅキはこれを見て喜ぶ側の人間です。

しかしまぁ徒歩での所要時間を計測すると片道5時間です。
うーん、さすがにこれはキツイよなぁ…片道記録して帰りはぐるっとバスで帰ってくる、とか?

まぁ撮影機材背負ってバランスに問題が無ければバイクで行くのが一番簡単なんですよね、これ。
トレッカーのカメラタワーの部分、取り外し出来るのかな?


バイクで撮影出来るなら林道でも未舗装路でもどんとこいというところですが、コケたときに破損させるとヤバいですよね、コレ。
しかしそれでもオフロードバイクじゃなければ立ち入れないような箇所は結構多く、当然ストリートビューカーでの撮影がされていない場所として残っています。

Googleさん、今度はジムニーの屋根にカメラ機材取り付けて走ってみてはどうでしょうか。
(カメラの高さが変わるから出来ないのかな。

規約などなど。

撮影内容に応じて貸し出される機材が選定されるそうです。
対象の中に旅行者なども含まれている点に注目したいところ。

有名な施設などを重点的に撮影する、もしくは自転車道や公園などを網羅するという条件が定時されるようですね。
貸出のためのノルマ、といったところでしょうか。

こちらが申し込みフォームです。
画像を繋いだので長いですが、クリックで拡大します。

上から

・名前

・郵便番号
・住所

・メールアドレス

・電話番号

・応募者属性

・団体代表であるか

Google提供のプログラムに関わりがあるか

などの設問があります。

一番最後の設問の中に「ローカルガイド」の選択項目があります。
ストリートビューカメラの貸出は冒頭でも挙げたようにローカルガイドであれば優先的に行われるようなので、チェックを忘れないようにしたいところです。
あ、虚偽の申請はダメですよ…。多分メールアドレスからアカウント情報の精査は行うと思いますので。

続きまして次のページのフォームです。

・プロジェクトの主な内容

・規模件数

・貸出希望日

・撮影場所の屋内屋外

・撮影テーマやカテゴリー

・撮影場所の許可取得の可否

・プロジェクトの評価方法

・プロジェクトのマーケティング戦略

・撮影した画像のマーケティング利用等の有無

などなど。

あくまでも「興味があるので機材を貸してください~」ではいけないという事です。
きちんと撮影したデータをその後の有効な利用につなげるための将来性があるかどうか、有意義な計画であるかどうかを審査されるということですね。

もちろん、このブログでこういった記事を扱っているので、
・ローカルガイドとしてストリートビューカメラをレンタルしてみた
・どういった経緯や考えがそこにあるのか
・一連の流れを体験してみてどうだったか
をレンタルする時点からこのようにお伝え出来るという事は、後に続くレンタル希望者への道標として資する事が出来るのではないかと考えてみたりするわけです。

まだ借りるところから記事にしているサイトやブログ記事というものは、見掛けないので興味の広がりや周知がなされていない状態です。
レンタルへの敷居を下げる以前に希望者へ情報が行き渡っていないような印象のほうが強いわけです。

で、規約の確認をして、送信すると申込み出来ます。

とりあえず、最初の貸出日数は手元に届いてから45日らしいのですが、活動実績により日数の延長が言い渡される事もあるみたいです。

勢い余って申し込みしちゃいました。

申し込みフォームや設問内容を確認しながら記事を書いていたわけですが、それぞれに自分の提案や意見を書き入れて行ったらそのまま申し込みをしてしまいました。

撮影計画の中に冬季閉鎖道路も含まれているので貸出希望は6月以降を指定したわけですが、届く頃には忘れていそうな気がしないでもないような。

万が一トレッカーが届いても20数キロ背負って歩き回れるようにそれまで筋トレしておこうと思うところです。

→ 申請が通ってカメラが届いた。

ストリートビューのレンタルカメラが届いたので試し撮りをしてきたという記事。
こんにちは、すっかり小春日和ですね、ミナヅキです。 今日は前回お届けした「ストリートビューカメラのレンタル申し込みをしたんだけど」という記事の続きになります。 正直なところ、申込みが通るかどうかという確証がまったくなかったのですが、意外とあっさりと貸し出していただけたようなので、その期待に応えられるように撮影と記事書きを頑張りたいところです。(所信表明

『勢い余ってストリートビューカメラのレンタル申請をしてしまったというお話。』へのコメント

  1. 名前:taka2 投稿日:2017/04/04(火) 18:51:50 ID:75ee77b86 返信

    Gear360借りて800枚くらい写真アップしました。Googleアプリ連携でのタイムラプスの間隔8秒はちょっと長いけれど、単体で動画も取れるから結構遊べます。

  2. 名前:ミナヅキ ヨモギ 投稿日:2017/04/04(火) 19:01:57 ID:ee0c0d9c8 返信

    コメントありがとうございます。
    実のところ本日Googleから返事がありまして、無事審査を通ったとのことで貸出を受けることが出来るようです。

    これだけ大げさに記事にしておきながら「ダメでした~」という自体にならずにホッとしております(笑
    あ、機種はGear360とのことでした。
    トレッカーじゃなくて若干残念なところもありますがGear360ならバイクのヘルメットに固定して撮影出来るので林道や未舗装路の撮影に望めるなとも思っているところです。

  3. 名前:taka2 投稿日:2017/04/05(水) 07:08:35 ID:f84f608e9 返信

    Gear360、前後の繋ぎ目もかなり自然だし林道や未舗装路撮るのにいい感じだと思います。ただ私のところに来た貸出ヘルメットマウントは工事用ヘルメット等での歩行を想定しているようで、ちょっと座りが悪く、自前でマウント購入、Googleに改善提案しました。

    • 名前:ミナヅキ ヨモギ 投稿日:2017/04/05(水) 17:49:59 ID:cfba5962e 返信

      YouTubeで360°動画を検索するとGear360の動画がいくつかありますね。
      いや、正直新しい体験のように感じます。面白い動画が撮れるカメラですねこれ。
      手元に届いたらストリートビュー任務以外にも色々持ち出して撮ってみたいと思います。

  4. 名前:kumax aomori 投稿日:2017/07/12(水) 16:04:43 ID:7c5470518 返信

    ローカルガイド Level.8 の kumax aomori です。
    何となく流し読みしていたら地図に見慣れた地名が。
    おおお!数少ない高レベル青森県民ローカルガイド発見!w。

    • 名前:ミナヅキ ヨモギ 投稿日:2017/07/12(水) 17:55:43 ID:80983f56c 返信

      ( ゚д゚)ハッ! kumax aomoriさんだ!
      お名前、よくお見かけするので存じ上げておりました。

      私は下北半島の人間で、仕事の都合やバイクでうろうろして撮った画像なんかを登録してたらこういうレベルになってました(笑
      あと出来心でクチコミ書くようになったら意外とあれよあれよと件数が増えていって、現在にいたります。

      どっかですれ違ったりしてるんでしょうねぇ。
      不思議ですねぇ~。

  5. 名前:kumax aomori 投稿日:2017/07/12(水) 21:01:59 ID:3f3015f0d 返信

    こんばんは。津軽エリアをメインに徘徊しているkumax aomoriです。
    先程、ミナヅキさんの投稿履歴のマーカーを全部表示させたら、私とほぼ反対に成っていたので、「この人が居るなら東半分はオラが積極的に取りに行かなくても安心だなぁ」って思ったところです。

    実はRICOH THETA Sを購入しまして、ストリートビューに関して検索していたら見つけました。
    で、その地図の場所(尻屋とか)を撮ったのかな?と思って見ると、点が点々と付いているので、個人で撮影すると線ではなく点になるのかぁーって分かってスッキリしたところです。

    スマホは持っていないのですが、タブレット+ポケットWi-Fi+THETA Sをまだ試していません。
    一応はストリートビューの認定フォトグラファー(プロではない方w)にはなりました。
    RICOH THETA Sを三脚+延長ロッッドで繋いで5mくらいの高さから撮影している変なおじさんを見かけたら私ですw そのときはどうぞよろしくw

  6. 名前:kumax aomori 投稿日:2017/07/14(金) 16:13:16 ID:f3eb8ab8e 返信

     あらら・・・操作が手間なんですか。ちょっと躊躇してしまいますね。 GPS情報と連動して自動的に繋いでくれれば楽なんですが。 例えば全天球カメラにGPSが内蔵されていて、そのGPS情報をExifから点にして線で結ぶ・・・くらい自動化して欲しいところです。

     今まで撮影したのは、十二本ヤス/高山稲荷神社/関の甕杉/北金ヶ沢の大銀杏/千畳敷海岸(とその上の展望台)/焼肉ホルモンがっつ大野店/三内丸山遺跡は投稿済みです。野外は5mの高さから撮影したものが多いですから、ストリートビューを見ると、周りにあるものがミニチュアのように写ります。

     RICOH THETA Sでもこのくらいイケると分かって少し安心しました。 まだまだ安くはないですからね。普通に中堅機のカメラ(Canon PowerShot SX170ISクラス)が余裕で買えちゃいますし。失敗だったら泣いちゃいますね。

     5mの高さからの撮影は、ちょっと周りのギャラリーが多いと「何やってんだろ?この人?」みたいに見られます(千畳敷を参照)ので、撮影から撤収までを簡略化するために、RICOH THETAを連結する長物(物干し竿改造?)や非整地でも自立可能なスタンド(ミニ三脚+自作延長ロッド)などを何とか工夫するつもりです。
     ストリートビューやインドアビューは早い者勝ちですし、人によって撮り方も違いますから、他の人が撮らないようなアングルを狙いたいものです。特に自然の風景で、青森県津軽地方に限っては独壇場を狙います。(笑)

    >リンク
    読みました。
     バッテリー持続時間は3時間ですか。RICOH THETA Sは外部電源(USB)を接続したまま起動できますので、その心配はありません。市販のバッテリーパック104000mAhなどもありますし、複数持っていればかなりの秘境でも対応できそうです。ただ、電波が届かないので、後でつなげる作業が大変そうですけど。アップロードなどもね。
     時間の関係上、ルートに沿った撮影ではなく、ポイントごとの撮影に専念することとなります。より多くの景色をアップして、青森の魅力を世界に発信したいです。

     では、ごきげんよう。