TFC(TerraFirmaCraft)でDynamicLightsを使うための設定をするよ!というMinecraft関連の記事。

スポンサーリンク
dynamiclights on tfc
この記事は 754 くらいで読めます。

唐突にゲームの話をします、ミナヅキです。
私、もう数年来Minecraftをやっておりまして、最近は少し控えてたのですがまた少しずつ遊んでおります。

そんな中、最近特にお気に入りなのがTerraFirmaCraftというModなのですが、このModが入っているとDynamicLightsというModが有効に機能しません。
今回はそれを使えるようにしてみたぞ、というお話。

今回はちょっとマニアックな話なので、

  1. ある程度Minecraftをやっている
  2. Modの導入経験がある人

を対象とした、ざっくりとした書き方をします。

対応バージョン関連

Minecraft 1.7.10
LiteLoader 1.7.10用
Forge 10.13.4.1558
TerraFirmaCraft 0.79.28.908
Dynamic Lights 1.3.9 (Minecraft1.7.10用)

要するに、最新版のTFCが動いている環境でほかのMODが動いている場合において、です。

デバッグ表示。
デバッグ表示。

デバッグ表示。

必要が無ければLiteLoaderとかは入っていなくても大丈夫なはずです。

MODは読み込まれていますか?

一覧で見えてます。
一覧で見えてます。

一覧で見えてます。

ちゃんともろもろのModLoaderの導入に成功していて、Dynamic Lightsが読み込まれていればMod一覧に表示されます。
しかしながら、TFCの場合、たいまつやカボチャランタンなどがバニラのものと置き換わっているので、Dynamic Lightsのコンフィグに書き足してあげる必要があります。
これが行われていないとDynamic Lightsの導入が成功していても、対象となるアイテムが光源として機能しません。

アイテムIDの調べ方

厳密に言えばMinecraftのアイテムはとあるバージョンからID番号の管理じゃなくて、完全にアイテムに割り振られた内部名での管理になっているので「IDの調べ方」というのは語弊が無くもないですが。

こちらを使わせてもらっております。

IDChecker
IDChecker
IDを確認するためのMODです。
BlockIDとItemID、ついでにBiomeIDも確認できます。EntityIDにも対応しました
MODSフォルダーに入れるだけで動作します
Minecraft起動後、.minecraftフォルダの中にIDCheckerというフォルダが生成され、その中にテキストデータが入ってます。
Configフォルダの中にConfigが生成されます。

トピック – [~1.10]Noto’s MOD 駅舎Mod#5更新 • Minecraft非公式日本ユーザーフォーラム

このIDチェッカーで生成されたテキストファイルを開くとアイテムやブロックなどの内部名がわかります。

ファイルが出力されるディレクトリ/フォルダはIDChecherですね。
うちの環境だとRAMドライブの下になるので
R:.minecraft\versions\1.7.10-LiteLoader1.7.10-1.7.10-Forge10.13.4.1558-1.7.10\IDChecker
とかいう初心者を混乱させるようなパスになってますが。

この中のList.txtを開くと内部名一覧が参照できます。

で、実際のIDは?

たいまつはTorchなのでそれで検索すると

50,minecraft:torch
がみつかりますが、これがMinecraftのもともとのたいまつです。

さらに検索すると、目的の
478,terrafirmacraft:Torch
がみつかります。

ちなみにTFCではたいまつが時間経過や降雨などで消える仕様ですので
479,terrafirmacraft:TorchOff
というアイテムも存在してIDが割り振られていますね。

91,minecraft:lit_pumpkin
485,terrafirmacraft:LitPumpkin
これがそれぞれのカボチャランタンですね。

TFCのオイルランプがこっち。
497,terrafirmacraft:OilLamp

コンフィグファイルに書き足そう。

光らせたいアイテムの内部名がわかったら、それらをDynamicLightsのコンフィグファイルに書き足していきます。
大体の場合は手に持ったときドロップしたときだと思いますのでそこだけを記述します。

自分がプレイしているMinecraftのバージョンに対応したフォルダのコンフィグをいじってくださいね。
DynamicLightsそのものの導入に成功していればコンフィグファイルを収めたフォルダの中にDynamicLights関連のcfgファイルがすでに生成されているはずです。

私の環境だとこういうパス
R:.minecraft\versions\1.7.10-LiteLoader1.7.10-1.7.10-Forge10.13.4.1558-1.7.10\config

201608190717
201608190717

こういう一群ですね。
中身はただのテキストファイルですのでノートパッドなりで開けます。
うちはTeraPadというテキストエディタに関連付けてあるのでそのアイコンになっています。

で、手に持ったときに光らせたいという場合はこのなかの「DynamicLights_thePlayer.cfg」の中に書き足します。

もうこれは書き足してあるのですが、3行目から始まる

general { # Item IDs that shine light while held. Armor Items also work when worn. 
[ONLY ON YOURSELF]
S:LightItems=torch,glowstone=12,glowstone_dust=10,lit_pumpkin,lava_bucket,redstone_torch=10,
redstone=10,golden_helmet=14,golden_horse_armor=15,easycoloredlights:easycoloredlightsCLStone=-1,
terrafirmacraft:Torch,terrafirmacraft:LitPumpkin,terrafirmacraft:OilLamp

でTFCたいまつ、TFCカボチャランタン、TFCオイルランプを追加してあります。
これは導入しているModなんかでプレイヤーの環境で変わってくるはずなのでまるっとコピー&ペーストすると環境が崩れるかもしれません。
必要な部分だけ書き足してくださいね。
(横着すんなお( ^ω^)おっ

同様に、ドロップアイテムの光源化は「DynamicLights_dropItems.cfg」に書き加えます。
書き加えるものは一緒なので明示しません(笑
上が理解できていればこっちもできます。
つまづくようであればちょっと勉強不足ですね~といった感じでしょう。

成功してますか?

こちらが実際のスクリーンショットですね。

7月13日の19時32分、日没後の暗い雑木林の中です。
気温は26度とあってじめっとしてそうですが、こういう場所を明かり無しで歩いていると突如地面の崩落個所や渓谷に落下してしまったりします。怖い。

そんなときに手に持って使える明かりがあると、心強いですね。

た~い~ま~つ~(てってれー
っていうか普通たいまつって火がついてるんだから光ってて当然だろう!と思わなくもないのですがそこはマイクラ物理。

しかしどうですか、この違い。
影MODを入れてあると余計に暗いゲームになりますが、これで夜間の移動がぐっと効率的になります。
まぁTFCだと敵MOBが体力ありすぎたりするので夜はおとなしく壷や炭を作っておとなしく過ごしていたほうが良かったりもしますが…
どうしても遠征が多いゲームになるので夜間の落下事故のリスクをグッと減らしたり、足元の鉱石片の拾い集めなんかの効率もよくなります。

やっぱり火の発見は文明ですね。

これで今日から明るい我が家。

余談。

Minecraftは気づいたらYoutubeあたりなんかでも実況動画が増えたりと人気ゲームになり、スマホのアプリストアなんかでクローンやコピーが出回っていますが、やはりしっかり遊ぶならデスクトップ版だなぁと思います。っていうかMOD。

TFCを入れる前はやはりBCを中心とした工業化MODで複雑配管しまくりで工場萌えーとかやっていましたが、TFCを試してみたらその石器具合にうまくハマってしまったようで、日々パン粉を挽き、水を加えてこねて生地作りをし、のみで削ったかまどで焼いて食べるという生活が楽しい感じです。
多少の不便こそがゲーム性を成立させるので、オリジナルのMinecraftが持っている要素をさらにめんどくさくしたという部分がコアプレイヤー向けなゲーム性になっているのだろうなというところです。

あとTFCはBGMが総入れ替えになるんですが、それがまたケルティックというか、自然と調和して農耕牧畜でくらしてますよーという感じでいいんですよね。
釣った魚を塩漬けにして海沿いに掘った風通しの良い洞窟で干したりとか、食料保存にいそしんだり、ちゃんと生活していくゲーム性がお気に入りです。

で、今回のこの記事、TFCでDynamicLightsを使いたいと思ったのだけれども検索してもなかなか出てこないので、自分で記事にしちゃったんですよね。
海外のフォーラムでも同様の質問が飛び交ってはいるのですが、やはり日本語での解説が無いってのはもったいないので作ってみました。
実際にコンフィグのいじり方わかってればそんな難しい事じゃないんですけどもねぇ…

TerraFirmaCraftについて

Minecraftのルールをより現実に沿った形に大規模改編する。
人類が辿ってきた史実を元に石器、青銅器、鉄器の段階を経たサバイバルの再現を試みている。
改変が非常に多岐に及ぶためバニラのルールは殆ど通用しない。
いわゆる難易度増大系のModに分類されるが、知識やテクニックがバニラ以上に活かせる
独特のシステムに魅入られる人も多くコアなファンが多い。

最近こういうマイクラプログラミング本多いですよね。