InGameInfo Modで使えるTFC用のタグを確認した上でカスタマイズしてみたというMinecraft関係の記事。

スポンサーリンク
この記事は 458 くらいで読めます。

陶芸してますか?ミナヅキです。
今回はタイトルの通り、MinecraftのMODのカスタマイズをしてみたぞ、という記事です。

というのはですね、以前から使っていたMODなのですが、ふと「そういえばちゃんとカスタマイズしてみるかー」と思ったので少し調べてみたからです。

ミナヅキはMinecraftをかれこれ5年くらいやっていますが、最近はもっぱらTerraFirmaCraftというおっとりとしたModにハマっています。
その中で便利なInGameInfo Modという画面表示系のModを今日はカスタマイズしていきます。

TerraFirmaCraft + InGameInfo?

TerraFirmaCraftには日付や季節、バイオームごとの気温という要素が追加されます。
カレンダーはインベントリ画面にタブが追加されるので、そこで確認する事が出来ますが、いちいちインベントリを開くのも面倒です。

また農業で食料自給を行っていく上で気温が確認出来ると便利です。
F3を押してデバッグ表示を行うと気温の表示も出るのですが、その都度座標や降水確率などを目にするのも少しゲーム感を損なうので、常に画面上に気温が表示されていると便利だろうな、というところです。

こういった要求を叶えてくれるのがInGameInfoというModです。
TFCの要素にかぎらず、バニラのMinecraftでの各種要素を画面上に表示する事が出来るので、現在時刻や装備品の耐久値などの表示も出来るようになります。

Lunatrius' mods - Minecraft Mods - Mapping and Modding: Java Edition - Minecraft Forum - Minecraft Forum

Lunatrius’ mods – Minecraft Mods – Mapping and Modding – Minecraft Forum – Minecraft Forum

カスタマイズしてみよう。

TFCが導入出来ている人であればInGameInfo Modの導入も簡単だと思います。
故に今回は割愛させて頂きます。

目的のファイルはInGameInfo.xml

ではダウンロードしてきたInGameInfoXML~.jar(対応バージョンやModバージョンでファイル名が異なります)を7-Zipなどで中身を覗きます。

中身ですね。目的のファイルはassetsの中の

ingameinfoの中の

InGameInfo.xmlがカスタマイズするためのファイルになります。

編集しよう。

XMLファイルなので基本的にはHTMLのような構文だと思ってもよいでしょう。

ダウンロードしてきたままのファイルですと

ズラズラズラーっと思いつく限りの要素が並んでいます。
これ、このままゲームやるとさすがに邪魔だというか、使わない要素のほうが多いはずです。

あれこれカスタマイズするのに慣れている人であればこのファイルを見るだけで削っていったり出来るかとは思いますが、ゲーム中のコマンドラインから利用できるタグが確認出来ます。

利用出来るタグを確認する。

/キーで入力出来るコマンドライン入力ボックス(チャット欄)から

/igi taglist

と入力しましょう。
タグの確認が出来る画面が表示されます。

(左下のボックスで検索が出来ます。

これらを参考に一度テスト用の設定を組んでみました。

{tfcmonth}の4という値がいまいちパッとしませんが、大まかな要素は把握出来るはずです。
{day}はワールド生成からの総日数です。
{tfcday}は{tfcdate}の値から日付だけを抜き出した形になっていますが、どうやら{tfcdate}から月だけを抜き出す事は出来ないようです。
日付 和暦:月数,年数 というフォーマットをそのまま利用するしかないのが現状のようですね。

ミナヅキの場合。

最終的にはこういう形に落ち着きました。

左上に季節と現在気温、右上に日付と総日数、平均気温、中央下部に現在時刻という表示です。

中身はこういう感じになります。

XMLの中で2バイト文字を使う。

よく見ると気づくかとは思いますが 【】 など全角文字は2バイト文字といって、ファイルを保存する場合に文字コードに気をつけなければ表示されません。

InGameInfo.xmlの先頭の1行で encoding=”UTF-8″ と宣言されているので、保存するときにUTF-8を指定する必要があります。

ミナヅキはTeraPadというテキストエディタを使っているので

文字コードの選択肢の中にUTF-8Nがある場合にはNがつくほうにしましょう。
InGameInfo Modの場合、エンコードが一致していない場合やタグや構文に不備がある場合には画面への表示がされなくなります。

その場合には、タグのとじ忘れや保存する際の文字コードを再度確認してみる必要があります。

余談。

ミナヅキはTFCを1ヶ月30日の設定で遊んでいます。
デフォルトの設定ですと1ヶ月8日で、8日目を過ぎると日付変更の、翌月に変わるタイミングで月の残りの日数、おおよそ8日の3倍の24日分ほどの腐敗処理などが一括して行われるようですが、30日設定ですとそれが発生しません。

テキパキと生活出来る人であれば1ヶ月8日のデフォルト設定でリズムよく1年を過ごせるかもしれませんが、まったりと採取して~畑たがやして~羊の毛を刈って~崩落に飲まれて~みたいなゆっくりのんびりした生活をしたい人は1ヶ月の日数の設定を長めに調整してみるといいかもしれません。

しかしここで注意ですが、このTFCのカレンダーはワールド生成後からの総日数を1ヶ月あたりの日数で割った計算で季節の決定がされるので、家畜の生育状況やカレンダーの巻戻りが発生します。
今現在長く遊んだワールドで日数の調整をする場合にはバックアップを保存してから試すことをおすすめします。
(以前育てに育てた豚の大群がみんな子供に退行した事がありました…

自分好みの環境で便利にしよう。

ミナヅキの場合はカレンダーと気温の表示に留めていますが、 /igi taglistで確認出来るタグを見ていくと結構あれこれと表示できるようです。
現在バイオーム名やfps値、ワールドのファイルサイズなどもリアルタイムで表示出来るようです。

また文字色の変更などもタグを利用して出来るので見やすい画面を構成する事が出来ます。
InGameInfoはおそらく他の追加Modなどでも表示要素が増えると思いますので、TFCにかぎらず要素追加系Modを導入した際にはタグ一覧を確認してみると良いかもしれません。

それでは良いTFCライフを。

クッション…?