11月ですね。

スポンサーリンク
https://pbs.twimg.com/media/DNOVuB1VoAILGWy.jpg
この記事は 657 くらいで読めます。

早くも冬眠モードに移行しつつあるミナヅキです。
いかがお過ごしでしょうか。

夏場から仕事のほうが忙し目でサイトの更新のほうに影響が出ていますが今回は近況報告なんぞをしてみようと思います。

まぁゲームやってるんですけどね…

10月を振り返る。

先月は意外とあちこち行ったり来たりと思ったよりもアクティブな一ヶ月だったように感じます。
あと秋キャンプしながらやたら火遊びしていましたが。

キャンプをしてみて。

クルマで行って火遊びをしてサンマを焼いて…と小規模ながらもキャンピングそのものを楽しむキャンプを数度繰り返してみたわけですが、これで少し頭の中が整理出来たようにも感じます。

というのは、やっぱりツーリングキャンプとオートキャンプは別なものだし、こういったキャンプはこういったキャンプで楽しむ機会を設定する事が出来るのでツーリングキャンプではツーリングに専念して野営場ではシンプルに過ごすという事も楽しめるだろうなと思いました。

どうしてもバイクにこだわってあれもこれもと欲張るとおそらく中途半端になるだろうなと考えてみたりするわけです。
オートキャンプとツーリングキャンプを明確に意識的に区別する事で、持ち出す道具もしっかり使い分け出来るでしょうし。
ツーリングキャンプはコンビニ利用で夕食を済ませてビビィテントでいいなと整理が出来たといいますか。
火遊びはオートキャンプでウッドストーブを持っていく、と。

というのはツーリングマップル東北版調査ライダーとして当サイトでも時々名前を挙げている賀曽利隆氏が夏から日本一周ツーリングをしているわけですが、そこでのパッキングや携行品のシンプル具合にとても感心させられてしまったという部分もあります。

Vストローム250のキャリアに取り付けられたドライバッグの中は軽量テントとツーリングクッカー、画面に写ってないですけれどもテントの中にシュラフとかあると思いますが、これだけなんですよね。

若い頃から世界中をバイクで行ったり来たり、ラリーに参加してみたりとしている氏の経験や体験に基づく選別によるシンプルな携行品、すごく洗練されているなとすら感じるわけです。
基本的にコンビニのお弁当食べているようですし、氏のスタイルではキャンプよりは旅館やホテル利用のほうが多いようですが、一泊二泊程度ならこの装備で十分なんですよね。

来シーズンのツーリングキャンプではグッと装備を減らして行ってみたいと思わされたツイートでした。

ちなみにミナヅキが御崎野営場にいたのが9月の10→11で賀曽利氏が御崎のからくわ荘に宿泊していったのが9月の11→12なのでめっちゃ入れ違いだった感じですよね。
一日ずれてたら賀曽利さんと遭遇してたかもしれない。不思議。

うーん、11月中にもう一回キャンプ行ってこれるかな?(笑

DDR再熱。

同居人が最近beatmaniaIIDXをやるようになったので付き合って音ゲーをやっていたのですが
「DDRちょっとやってみたい」
とか言い出したので付き合ってたらミナヅキのほうがDDRに入れ込むという事態になってました。

昔のように緑の11とか13を踏み切るという体力はまったく無くなってしまったわけですが、黄色や赤の5や7を楽しみながら踏むのが楽しいなと感じる今日このごろ。
せっかくなのでフルコンボ狙いで踏んでたりします。

音ゲーと疎遠になって随分経ちますが、やっぱり楽しいですよね。
体力が続く限りでは自分の中ではDDRがやってて一番楽しいと思います。

で、この曲に一聴き惚れしました。

これの黄色譜面が、曲のビルドアップと譜面のビルドアップが気持ちよく一致していて、気づくとめっちゃ跳ねさせられてしまいます。
こんな気持ちいい良曲良譜面って久しぶりにみたような、気が。

あと俺のLook To The Skyを返せ

で、ちょっと頑張ってみようということでDDR用にお高い目のシューズを調達してきたりとかしてました、ついの先日ですが。


7年前の動画とか存在しますねそういえば…。

今は削除されてしまったLook To The Sky (True Color Mix)です。
足さばきに余裕が感じられる…。

そういえば先日踏んでて思ったのですが、DDRの最近のバージョンって判定甘くなったんですかね。
判定を意識して踏むと気持ちよく光るんですけれども、これDDR Xシリーズの頃に判定かわってことごとくスコア低下してしんどかった頃に比べるとすごく好きな判定なんですが…。

一番頑張ってた時期がExtremeの30fpsの画面だったのでその後の滑らかになった画面で判定が全然合わせられなくてガックリした記憶が強かったんですよね。
あ、そうそう、これまた版権の都合で難しいとは思いますがSo Deep復活しませんかね。しませんね。えぇ。はい。

7days to dieはじめました。

今まで引きこもりシーズンにやってたゲームと言えばマインクラフトだったのですが、そこから数歩踏み込んで7days to die(7dtd)を遊び始めました。

ゲーム内7日ごとにゾンビが大挙して押し寄せてくるシステムがあり、戦闘は避けられないゲームデザインになっております。
その7日目に間に合うように廃墟街を探索したり、動物を狩ったりトレーダーのところまで行って買い物したり、自宅設備を増強したりと最初のうちは忙しいなと感じておりました。
しかしふと設定で1日を標準60分から120分に伸ばしてみたところ割とゆったりと生活する事ができるようになりました。
「1日が48時間くらいあったらなぁ」というボヤキのようなものを実現出来てしまうわけですね。ゲーム内での話ですが。

最初のうちはダイヤウルフに追い回されて簡単に死んでたりしましたが、最近では手持ちの火器も充実してきて生存継続時間が自己記録更新中という感じです。

拠点も木製の小屋だったところにコンクリートの支柱を設置し、小屋の上に高床式拠点を整備、今ではソーラー発電で夜間照明をやりくり出来るようになりました。

ただ、生存時間が長くなると襲撃にやってくるゾンビの強さの計算に影響があって、群れの規模が大きくなってきたりと、今まで強固に感じていた防護壁に穴を開けられるようになったりと一筋縄ではいかないようになっていてなかなか歯ごたえがあるように感じられます。

そういえば調子に乗って小屋の周りに壁と障害を設置していったら要塞化してしまって、毎朝の見回りの時間が伸びる伸びる…。

人一人で管理できるリソースって現実においてもゲームに置いても限られるので、拠点の要塞化、拡張拡幅は管理コストを考えると一概に良いとは言えないようですねぇ。

建坪そのものは小さくまとめて高床式で空中に畑を作るような感じにして、それを支える支柱を強固にしていく方向がいいのかな。
攻略スレなんかでは地面に穴を掘って地下要塞にしてしまえば簡単だという意見で一致しているようですが、「簡単」なやり方に進むにはまだ早いかなと思い気が進みませんね、今のところ。

マインクラフトはバニラ環境を基準にして考えると、端的に言ってしまえば敷地内に松明をたてて湧き潰しをしてしまえば基本的に敵性mobの襲来に怯える必要はないので、ある程度ゲームが進むとヌルゲーになりがちです。
(まぁそのためにMODがたくさんあるっていうのもマインクラフトの強みではあるのですが

対してこの7dtdは拠点を作ったからと言って安心して過ごせない感じが良いですね。
夜なんか特に不必要に出歩くもんじゃないとわかってからは家の中で翌日使う資材の準備や武器道具の修繕なんかをしたりと、日中と夜間でちゃんと生活リズムが発生したりと、それなりにサバイバルゲームのような感じで面白いです。

現行のα16では匂いのシステムが停まっているようですが、はてさて、肉を焼いていたりとかすると夜は大変な事になるのかなぁ。

そんなわけで今年の冬、バイクのオフシーズンはこのゲームで乗り切ろうと思います。
というか先月末くらいから休みになるたびに1日中パソコンの前に座ってこのゲームで使い切っているような状態になってきていますが、マイクラのときもそうだったんですよね。

探索系の箱庭ゲーム、とても楽しいです。

11月の予定。

特になにも考えていません。
ブログのネタとかになりそうな事もあんまり考えてないのではてさて。