【OruxMaps講座】「過去の走行ログを読み出してみよう」編

スポンサーリンク
この記事は 338 くらいで読めます。

OruxMaps講座その3です、ミナヅキです。

前回は「移動した経路の記録の方法」「移動時間と記録時間」「統計の表示方法」「記録したトラック表示のクリア」を解説しました。

【OruxMaps講座】「走行ログを記録してみよう」編
OruxMaps講座その2です、ミナヅキです。 前回は「便利だけどUIがわかりづらくてとっつきづらい」というOruxMapsで、GPSセンサーを有効にして現在地を確認するところまで行いました。 今回はGPS座標を記録して、移動経路のログを録ってみましょう。

今回は過去に記録したトラックを読み込み、そのトラックに継続して記録をするという操作をしてみましょう。
宿泊する場合など、宿泊地に到着して記録を停止、明朝の出発時に記録の再開をするような場合に必要な操作となります。

過去に記録したトラックの読み出し。

過去ログの読み出しは画面上部のアイコンが並んでいるメニューバーの道路のアイコンをタップ、その中のメニューにある「Manage tracks/toutes」からになります。

特に変更をしていなければ、保存されたトラックはそれぞれ記録開始年月日時間でのトラック名で管理されます。
今回は道の駅のだに行ってきたときのログを読み出してみましょう。

目的のトラックを選択肢、ポップアップするメニューから「Load as a Route on the map」を選択しましょう。

読み込みが完了すると下のようなダイアログがポップアップしますので、過去のトラックを閲覧するだけであれば
【ナビゲーション・オプション】→『ナビゲーションはありません。』
【オプションの記録】→『無』
でよいです。

過去のトラックがルートとして読み込まれると青い太めのラインで表示されます。

拡大してみるとわかりますが、進行方向が読み取れるようになっています。

このように過去のデータ、走行ログが読み出せると「あのときに通った道は?」という確認や「あの分岐で向こうに行っていたらどこにつながっていたかな?」という事を確認する場合にとても便利です。

記録を再開する。

さて、すでに記録されたルート/トラックに続けて記録したい場合の操作です。
見ての通りですが、上から5項目目に「Continue recording the Track」という項目があります。
「トラックの記録の継続」ですね。

これで、記録済みのトラックに対してのレコーディングの再開が出来ます。

想定される使い方としては、記事の導入部分でも触れたように、休憩や停止状態が長くなる場合に一時的に記録を停止する場合など、同じ記録データ内で記録の停止や再開をする場合になります。

データの管理と運用。

データの管理方法や運用方法など、様々な考え方があってそれぞれにメリットとデメリットがあるはずですので、多少使い慣れたあたりで考えてみるといいかもしれません。

例えば、今回の「読み出したデータに対して継続的に記録を行う」という方法は同じログファイルの中に追記していく形になります。
この方法であれば1ファイル=1イベント(もしくは1ツーリング)という単位での扱いになります。

日帰りツーリングなどであればこれでも困ることはないかも知れませんが、数日がかりの宿泊ツーリングなどであれば1ファイル=1日という区切りでの運用もいいかもしれません。

また記録の断片化に対して管理が億劫でなければ日帰りツーリングの場合でも往路=1ファイル復路=1ファイルという記録方法でもいいかもしれません。
この場合ですと大まかな考え方にしてみれば半日=1ファイルという単位になる印象でしょうか。

またちょっと変わった運用方法を考えてみると1県=1ファイルなんていうのも面白いかもしれません。
ファイル名を2017-05-05 キャンプツーリング-往路-青森 として保存しておくと後日ログを見返す必要が出た時に探しやすいかもしれません。
ただしファイル数が多くなるのと、毎回県境付近で記録の停止と新規記録開始という手間などが発生するはずなので、実用的ではないかもしれませんが…

ちなみにGoogle Mapの位置情報は1日単位での管理になっていますよね。

岩手県北道の駅めぐりツーリング。
紅葉の時期ですね!ミナヅキです。 前回は岩手沿岸ツーリングに行ってきたので、今回10月18日は岩手県の北側の道の駅をぐるっと回ってきました。 晴天に恵まれて気持ち良い一日となりました。 食事にありつけなかったことを除いては...(笑

ちなみにこれ、OruxMapsでGPSログを保存しながら走行しているとGoogle側にも位置情報が保存されるのでGoogleMapのタイムラインをみると平日と比較してくっきりはっきりとしたデータとして残ります。

平日は非常にざっくりとした記録しか残らないんですけどねぇ…。

ミナヅキのOruxMapsは1ツーリング=1ファイルです、今のところ。泊りがけでツーリングに出向いたことがないですからね。


というように、一度記録を停止したログファイルに追記することも出来る、というお話ですた。

次回はいよいよOruxMapsの特徴になっている、オフラインマップの扱い方に入りますよ~!

【OruxMaps講座】「オフラインマップを作ってみよう」編
OruxMaps講座その4です、ミナヅキです。 前回は「記録したトラックログの読み出し」「取扱方法」を解説しました。 今回はいよいよOruxMapsの目玉機能であるオフラインマップの解説を行っていきます。

先日腕時計売り場で気になったんですよねコレ…。オフラインマップ使えるそうです。