「 Android 」一覧

【OruxMaps講座】「過去の走行ログを読み出してみよう」編

OruxMaps講座その3です、ミナヅキです。 前回は「移動した経路の記録の方法」「移動時間と記録時間」「統計の表示方法」「記録したトラック表示のクリア」を解説しました。 今回は過去に記録したトラックを読み込み、そのトラックに継続して記録をするという操作をしてみましょう。 宿泊する場合など、宿泊地に到着して記録を停止、明朝の出発時に記録の再開をするような場合に必要な操作となります。

記事を読む

Android端末が好きすぎてiPhone SEに機種変したという話。

ダメガジェット愛好家、ミナヅキです。 以前PadFoneいいよなぁという話を記事にしました。 で、結局すぐに買ってます。 あ、Padfone mini発注しましたね。タブレットが限界なので。 — 水無月 蓬@おもちをおもちいたします (@maximowiczii) 2016年7月15日

記事を読む

私とAndroid – その3 『Xperia ray SO-03C』

シリーズ連載(?)私とAndroid 前回  ツイ廃御用達、QWERTYキーボード付きスマートフォンL-04Cの次なる機種を探していたミナヅキはSony Ericssonのとんでもない端末を手にすることとなる... と行こうかとおもったのですが、その前にdocomo with series版Xperia Rayがありました。 今思い起こすとこの端末はとても素晴らしい、XperiaがXperiaたる体験をさせてくれたものだなと思い起こす事ができます。

記事を読む

【OruxMaps講座】「走行ログを記録してみよう」編

OruxMaps講座その2です、ミナヅキです。 前回は「便利だけどUIがわかりづらくてとっつきづらい」というOruxMapsで、GPSセンサーを有効にして現在地を確認するところまで行いました。 今回はGPS座標を記録して、移動経路のログを録ってみましょう。

記事を読む

ネットブックはタブレットPCへ。

今夜もあなたとガジェッター、ミナヅキです。 さすがに意味がわかりませんね、はい。 最近こういう記事を見つけました。 言われてみればネットブック、見なくなりましたね。 まぁタブレットPCに吸収され発展したと素直にみるべきなのだとは思いますが、その間にあったことも少し思い出してみましょう。

記事を読む

コダック発のAndroidスマートフォン。

Androidコンデジ推進部、ミナヅキです。 まぁそんな事業部は非実在ですが、コンデジらしい雰囲気のAndroid端末はもっと増えてもいいと考えています。 なにせ最近のAndroid端末のトレンドはカメラ機能強化ですからね。 それ以外に伸びしろがないところまで来ているともいえるのかもしれませんが。 そんな中で今日ご紹介するのは久しぶりに気になる端末が出てきたなというものでして、撮影機材メーカー大手のコダックが発表したAndroid端末です。 専用ホルダーかっわいいじゃないですかこれ!

記事を読む

【OruxMaps講座】「導入~基本的な使い方」編

注記@2017/3/9 OruxMapsフリー版がストアから取り下げられ、有料版のみがストアからイントール出来る状態です。 無料版は公式サイトからの配布になります。 OruxMaps講座はじまります、ミナヅキです。 随分前にシリーズ化の予告をしていた割には忙しい事と資料作りに手が回らない事とのダブルパンチでなかなか記事に起こせずにいました。 ここ数日で「OruxMaps」での検索流入が見られたので需要が見込まれる記事なのかなと踏んで、今日スクリーンショットを作ってまいりました。 なにせGPSを使うアプリなので自宅で作業するのもちょっと気が引けますからねー…

記事を読む

スマホ屋さんのデジカメ。

ココイチがたまに唐突に食べたくなります、ミナヅキです。 以前「うどん屋のカレーうどんとカレー屋のカレーうどん、どう違うのか食べ比べてみよう」というお題でハシゴしたことがあったのですが、うどん屋さんのカレーうどんはうどんのつゆとカレールーを適度に混ぜたものに対して、カレー屋さんのカレーうどんはカレールーにうどんのつゆを少量、味や香りがつく程度に混ぜてあってあくまでもカレー屋さんのカレールーが主体なのだなという印象を受けました。 ただカレーの風味をがっつりと堪能したいというのであればカレー屋さんでカレーうどんを食べていたほうが満足感を得られるということは確かなようです。 さて、のっけから思いっきり脱線しましたが、今日のお題は「スマホ屋さんのデジカメ」です。デジカメ屋さんのスマホ…はまだ見たことはないですが。ソニー…?カメラ参入はここ数年だったような記憶が。 SONY α5000 パワーズームレンズキット(ホワイト/デ...

記事を読む

極小スマートフォンの趣味と限度。

あなたの隣のガジェッター、ミナヅキです。こんにちは。 先日、主に職場で使っていたASUS TF103cの調子が怪しくなってきたので、長年wifi運用しているhtc j butterflyの調子の悪さもあって、勢いでPadfone miniを購入しました。 ASUS TF103シリーズ タブレットPC white ( Android 4.4.2 / 10.1 inch / Intel Atom Z3745 / eMMC 16G / キーボードドック付属 ) TF103-WH16Dposted with カエレバ Asustek 2014-07-11 Amazonでチェック価格.comでチェック キーボードドック付きAndroidタブレット。便利。 ステーションとホットドッキングするときの設定に少し手間取りましたが思っていたよりは快適に使えています。なんだこれ面白い。 ASUSらしいといえばASUSらしい面白...

記事を読む

Android Oneという選択肢。

こんにちはあなたの隣のガジェッター、ミナヅキです。 Androidが国内で発売されたのが2009年、そこから順調にバージョンを重ねつつ国内でももはや数えきれないほどの端末が発売されました。ところが「ガラパゴスケータイ」と呼ばれる独自性を発展させた携帯電話端末が普及していた島国、日本。実はAndroid端末でも似たような道をたどりつつあります。 そこでこんなお話が飛び込んでまいりました。

記事を読む

私とAndroid – その2 『Optimus chat L-04C』

シリーズ連載(?)私とAndroid 前回 HT-03AでAndroidの楽しみ方を知った私はその後もHT-03Aを酷使しつづけましたが、やはり初期のAndroid端末、バッテリーの寿命はどんどんと短くなっていきます。 (あれでも1,340mAhあったそうです。相当消費効率悪かったという事ですね。) そこで機種変更をすることとなりました。

記事を読む

スマホの機種変更を考える。

基本的にはAndroid端末を使っているミナヅキです。こんばんば。 今日は違う記事にしようかと思っていたのですが、最近タッチスクリーンの調子が悪そうだったAndroidタブレット(ASUS Transformer Pad TF103c)が夕方ついにタッチ操作に反応を示さなくなったのでどうしようかと悩んだ挙句「よし記事としてまとめてみるか」という運びになったわけでございます。 はてさて、特殊な要件を提示するミナヅキ氏が満足出来そうな端末は存在するのか?

記事を読む

AndroidOSコンデジのススメ。

小動物がいると思わずおいかけがちなミナヅキです。 カバンの中にいつもコンデジを持ち歩いているので、何か面白いものが目についたら可能な限りコンデジで撮影してアップロードするようにしています。 最近のスマートフォンのカメラはすごく綺麗に撮影できますよね。私も普段使いにしてるhtc j butterfly(HTL21)のカメラは結構綺麗だなと感じています。フォーカスも速いしシャッターレスポンスもいいですし。 ではなぜコンデジを使うのか。そこのお話です。

記事を読む

BlackBerry大復活なるか?

ハードウェアキーボード付き端末大好きマン、ミナヅキです。 iOSではBluetoothキーボードのラインナップが豊富なので、今のところ本体に直接キーボードがついた実績はありませんが、Androidの多様性がなせるワザといいますか玉石混交と申しますかゲテモノ端末と言い表しますか、とにかく時々みょうちきりんな端末が密かに存在したりします。 で、そんな端末の多民族国家Androidとはまた別に、むかしむかしあるところにBlackさんとBerryさんがおったそうな。 すでに大半の方には忘れられているであろう古株ブランドのスマートフォン、密かに新製品だそうです。

記事を読む

私とAndroid – その1 『HT-03A』

どうも、デジタルガジェットとそれなりに付き合いが長いミナヅキです。 この記事を起こそうと思ったときに「私とスマートフォン」や「私とPDA」というくくりにしようかなとも一瞬思ったのですが、あまりにもマニアックすぎる上に長くなりそうだなと思ったので、とりあえずAndroidで止めておきました。 過渡期のAndroid端末はシンプルなiOS端末と違ってそれはもう『沼』と言っても差し支えないような状況でした。

記事を読む

RemixOSはAndroidの夢をみるか?

すみません、なんかありきたりな記事タイトル書きました、ミナヅキです。 普段はとてもニッチなASUSのトランスフォーマータブレットのAndroidOSモデルとWindowsRTモデルの二台体制で運用しています。ASUSの中の人ではないんですけどねー。 ソフトウェアキーボードがどれだけ優秀になってもやはりハードウェアキーボードの効率とストレスの少なさには敵いません。ツイッターが捗ります(そこか)

記事を読む